月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】DL全日程終了 チェプテゲイ世界新、デュプランティス、ワルホルムが無敗


9月25日のドーハ大会で2020年のダイヤモンドリーグの全日程が終了した。6月11日のオスロ大会(インポッシブル・ゲームとして開催)を皮切りに、全8回の大会が行われた。例年は全14戦が実施され、上位ポイント獲得者が決勝戦への出場権を得るが、今年は感染症拡大の影響を受け、トレーニングや移動機会の公平性を考慮し、ポイント制は実施せず、決勝戦は行わないこととなっている。

今年のリーグでは1種目で世界記録が樹立され、非五輪種目では3つの世界最高記録が出された。また、非五輪種目を含む4つの種目でダイヤモンドリーグ記録が誕生した。

8月に開催されたモナコ大会の男子5000mでJ.チェプテゲイ(ウガンダ)が12分35秒36で16年ぶりの世界新。2004年にエチオピアのK.ベケレが出したかつての世界記録を2秒01上回り、陸上シーズンの本格的な再開を最高の記録で飾った。

K.ワルホルム(ノルウェー)は男子400mハードルが実施されたモナコ大会、ストックホルム大会、ローマ大会のすべてで優勝。ストックホルム大会では46秒87と世界記録にあと0.09秒にせまる記録でダイヤモンドリーグ記録を塗り替えた。同日の大会では400mにも出場し45秒05で優勝している。また、オスロ大会の300mハードルでは33秒78の世界最高記録をマークした。

男子棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)はローザンヌ大会を6m07で制してダイヤモンドリーグ記録を更新した2週間後、ローマ大会で6m15を跳びさらに記録を塗り替えた。デュプランティスは2月に室内ですでに6m18を跳んで世界記録保持者となっていたが、この日屋外世界記録にも到達した。オスロ大会、モナコ大会、ローザンヌ大会、ブリュッセル大会、ドーハ大会に優勝しており(チューリッヒ大会には出場していない)、今季は他の追随を許さない活躍を見せている。

非五輪種目ではブリュッセル大会で実施された1時間走で男女ともに世界最高記録が誕生。男子でM.ファラー(英国)が21300m、S.ハッサン(オランダ)が18930mと男女の世界選手権覇者がこの種目の最高記録をマークした。男子3000mではローマ大会でJ.キプリモ(ウガンダ)が7分26秒64、女子1000mはモナコ大会でF.キプイエゴンが2分29秒15でそれぞれ優勝しダイヤモンドリーグ記録を更新。キピエゴンはローマ大会の女子1000m、ドーハ大会の800mでも優勝している。

開催日、実施種目は以下の通り。
オスロ(6月11日) (インポッシブル・ゲーム/エキシビションイベント)
男子100m、1000m、2000m、25000m、300mH、棒高跳、砲丸投、円盤投、団体2000m、団体円盤投
女子3000m、10000m、600m、200mH、300mH

チューリッヒ(7月9日) (インスピレーション・ゲーム/エキシビションイベント)
男子100ヤード、200m(米国、オランダで同時開催)、棒高跳、三段跳
女子150m(米国で同時開催)、300mH(米国、オランダで同時開催)、3×100mR(米国、オランダで同時開催)、棒高跳

モナコ(8月14日)
男子200m、800m、1500m、5000m、3000mSC、110mH、400mH、棒高跳
女子100m、400m、1000m、5000m、走高跳、三段跳

ストックホルム(8月23日)
男子200m、400m、800m、1500m、400mH、棒高跳、走幅跳、円盤投
女子100m、400m、800m、1500m、100mH、400mH、走高跳、棒高跳、走幅跳

ローザンヌ(9月2日) (エキシビションイベント、街路で実施)
男女棒高跳

ブリュッセル(9月4日)(エキシビションイベント)
男子200m、1500m、1時間走、棒高跳、車椅子100m
女子100m、400m、1000m、100mH、1時間走、走高跳

ローマ(9月17日)
男子100m、400m、3000m、110mH、400mH、走高跳、棒高跳、砲丸投
女子100m、400m、800m、100mH、400mH、走高跳

ドーハ(9月25日)
男子200m、400m、800m、1500m、110mH、棒高跳、ユース200m、ユース400m、ユース800m、ユース1500m
女子100m、800m、3000m、100mH、走幅跳

予定されていた以下の大会は中止となった。
ユージーン
ロンドン
パリ
ラバト
ゲーツヘッド
上海
中国(開催地未定)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com