HOME 駅伝

2024.01.14

宮城が大逆転で29年ぶり栄冠!年末の都大路の雪辱期した仙台育英高勢とOGら「全員の力」結集/都道府県女子駅伝
宮城が大逆転で29年ぶり栄冠!年末の都大路の雪辱期した仙台育英高勢とOGら「全員の力」結集/都道府県女子駅伝

24年都道府県女子駅伝で優勝した宮城。右がアンカーの小海遥(第一生命グループ)、左が佐藤広樹監督

◇皇后盃第42回全国都道府県対抗女子駅伝(1月14日/京都・西京極陸上競技場発着9区間:42.195km)

第42回都道府県対抗女子駅伝が行われ、宮城が2時間16分30秒で1995年以来29年ぶり2度目の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

1区19位から、粘り強くつなぎきった。7区を終えてトップの兵庫と47秒差の3位。そして、佐藤広樹監督が「自信を持っていた」という8区、9区で一気に勝負を懸ける。

まずは、中学生区間の8区で男乕結衣(五城中)が快走を見せた。千葉を抜き去ると、トップ・兵庫の背中にグングンと迫る。区間記録の9分30秒には届かず「区間新を出せなかったのは残念」と振り返るものの、歴代2位タイの9分41秒で駆け抜けて堂々の区間賞。3000mで今季中学ランキング2位(日本人トップ)の9分30秒20のスピードを発揮し、兵庫に9秒差まで詰め寄った。

仕上げはアンカーの小海遥(第一生命グループ)。男乕の走りに「力のある選手と聞いていたので、上げてくるなとは思ったけど、こんなに詰めてくれるなんて」と驚き、勇気をもらった。

昨年7月のアジア選手権10000m金メダル、12月の日本選手権10000mで日本歴代7位の30分57秒67をマークして3位を占めた20歳は、兵庫の太田琴菜(日本郵政グループ)との差をじわりじわりと詰めて並びかける。そこからすぐに抜け出すことはせず、「絶対に優勝できるところで行こう」と自分の身体との対話に集中した。

広告の下にコンテンツが続きます

そいて、5.3km付近で前に出る。途中、地元・京都の川村楓(岩谷産業)に6秒差まで迫られたが、終盤は徐々にリードを広げていった。

右手を掲げてフィニッシュテープを切った小海は、「このチームで走らせていただけて、本当にうれしい」と笑顔で振り返ると同時に、「優勝はみんなの力です」と語った。

佐藤監督が「今年は各世代で力のある選手が集まってくれた」と振り返るほど、戦力充実で臨んだ宮城。だが、「優勝を目標にやってきた」としつつ、仙台育英高出身で学生女子駅伝6年連続2冠を誇る名城大の主軸・米澤奈々香がメンバー外になるなど、「2日前にオーダーを少し変えないといけなかった」と不安も抱えていたという。

その中で、「序盤をしのいで、中盤から徐々に追い上げていく」(佐藤監督)流れを想定。その狙いを実現させたのが、同じ都大路を舞台に行われた年末の全国高校駅伝で2位となった仙台育英高の選手たちだ。

広告の下にコンテンツが続きます

全国高校駅伝と同じ1区を走った細川あおい(2年)が9位と好走し、2年時のインターハイで800m優勝を果たした壁谷衿奈(3年)が5位に浮上。3区で2つ順位を下げたが、4区ではOGの佐々木梨七(積水化学)が再び5位に押し戻す。

5区の長岡みさき(2年)が4位に上げ、6区では橘山莉乃(3年)が中継所手前で3位に押し上げる。全国高校駅伝のアンカーでフィニッシュ直前に神村学園高(鹿児島)のカリバ・カロライン(3年)に逆転を許したが、その悔しさをぶつける力走は、間違いなく逆転劇の布石となった。

小海も仙台育英高出身。先輩や後輩たちの奮闘に「優勝」への思いをさらに強くし、8人の汗と想いが染み込んだタスキを、真っ先にフィニッシュへと届けてみせた。

「全員が役割を果たし、走ってくれた選手たちが全力を尽くしてくれました」。佐藤監督はそう話し、改めて選手たちの奮闘を称えた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇皇后盃第42回全国都道府県対抗女子駅伝(1月14日/京都・西京極陸上競技場発着9区間:42.195km) 第42回都道府県対抗女子駅伝が行われ、宮城が2時間16分30秒で1995年以来29年ぶり2度目の優勝を飾った。 1区19位から、粘り強くつなぎきった。7区を終えてトップの兵庫と47秒差の3位。そして、佐藤広樹監督が「自信を持っていた」という8区、9区で一気に勝負を懸ける。 まずは、中学生区間の8区で男乕結衣(五城中)が快走を見せた。千葉を抜き去ると、トップ・兵庫の背中にグングンと迫る。区間記録の9分30秒には届かず「区間新を出せなかったのは残念」と振り返るものの、歴代2位タイの9分41秒で駆け抜けて堂々の区間賞。3000mで今季中学ランキング2位(日本人トップ)の9分30秒20のスピードを発揮し、兵庫に9秒差まで詰め寄った。 仕上げはアンカーの小海遥(第一生命グループ)。男乕の走りに「力のある選手と聞いていたので、上げてくるなとは思ったけど、こんなに詰めてくれるなんて」と驚き、勇気をもらった。 昨年7月のアジア選手権10000m金メダル、12月の日本選手権10000mで日本歴代7位の30分57秒67をマークして3位を占めた20歳は、兵庫の太田琴菜(日本郵政グループ)との差をじわりじわりと詰めて並びかける。そこからすぐに抜け出すことはせず、「絶対に優勝できるところで行こう」と自分の身体との対話に集中した。 そいて、5.3km付近で前に出る。途中、地元・京都の川村楓(岩谷産業)に6秒差まで迫られたが、終盤は徐々にリードを広げていった。 右手を掲げてフィニッシュテープを切った小海は、「このチームで走らせていただけて、本当にうれしい」と笑顔で振り返ると同時に、「優勝はみんなの力です」と語った。 佐藤監督が「今年は各世代で力のある選手が集まってくれた」と振り返るほど、戦力充実で臨んだ宮城。だが、「優勝を目標にやってきた」としつつ、仙台育英高出身で学生女子駅伝6年連続2冠を誇る名城大の主軸・米澤奈々香がメンバー外になるなど、「2日前にオーダーを少し変えないといけなかった」と不安も抱えていたという。 その中で、「序盤をしのいで、中盤から徐々に追い上げていく」(佐藤監督)流れを想定。その狙いを実現させたのが、同じ都大路を舞台に行われた年末の全国高校駅伝で2位となった仙台育英高の選手たちだ。 全国高校駅伝と同じ1区を走った細川あおい(2年)が9位と好走し、2年時のインターハイで800m優勝を果たした壁谷衿奈(3年)が5位に浮上。3区で2つ順位を下げたが、4区ではOGの佐々木梨七(積水化学)が再び5位に押し戻す。 5区の長岡みさき(2年)が4位に上げ、6区では橘山莉乃(3年)が中継所手前で3位に押し上げる。全国高校駅伝のアンカーでフィニッシュ直前に神村学園高(鹿児島)のカリバ・カロライン(3年)に逆転を許したが、その悔しさをぶつける力走は、間違いなく逆転劇の布石となった。 小海も仙台育英高出身。先輩や後輩たちの奮闘に「優勝」への思いをさらに強くし、8人の汗と想いが染み込んだタスキを、真っ先にフィニッシュへと届けてみせた。 「全員が役割を果たし、走ってくれた選手たちが全力を尽くしてくれました」。佐藤監督はそう話し、改めて選手たちの奮闘を称えた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top