HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.01.12

箱根駅伝を沸かせた4年生の進路は!?駒大・鈴木芽吹、中大・吉居大和がトヨタ自動車!三浦龍司と山本唯翔はSUBARUへ
箱根駅伝を沸かせた4年生の進路は!?駒大・鈴木芽吹、中大・吉居大和がトヨタ自動車!三浦龍司と山本唯翔はSUBARUへ

大学4年生たちの進路は…?

第100回箱根駅伝をもって2023年度の学生駅伝シーズンが幕を閉じた。これまで学生長距離界を盛り上げてきた4年生は卒業し、それぞれ新しい環境に進む。

箱根駅伝を大会新で制した青学大は、主将の志貴勇斗はヤクルトへ。4区区間賞の佐藤一世はSGホールディングス、小原響はGMOインターネットグループに進む。

出雲・全日本王者の駒大で主将を務めた鈴木芽吹、中大のエース・吉居大和と湯浅仁はいずれも全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)優勝のトヨタ自動車で競技を続ける。

駒大は強力4年生がそろっていたが、花尾恭輔がトヨタ自動車九州、青柿響が富士通、安原太陽がKaoへ。10000m27分台を持つ唐澤拓海は未定としている。

3000m障害で日本記録を持ち、五輪・世界選手権で活躍してきた三浦龍司(順大)はSUBARUへ。同社には箱根駅伝5区区間賞で金栗杯受賞の城西大・山本唯翔も加入する。

ニューイヤー駅伝2位のHondaには中大の中野翔太、大東大の久保田徹らが加入する。その他では、東海大の石原翔太郎はSGホールディングス、明大の児玉真輝はGMOインターネットグループ、法大の松永伶はJR東日本、早大の菖蒲敦司はKao、國學院大の伊地知賢造はヤクルト、東洋大の九嶋恵舜は安川電機に進む予定だ。

世界や実業団駅伝を目指して走り続ける選手、そして、競技を引退する選手さまざまだが、4年間を糧に新たな舞台でさらに輝く選手たちを応援したい。

第100回箱根駅伝をもって2023年度の学生駅伝シーズンが幕を閉じた。これまで学生長距離界を盛り上げてきた4年生は卒業し、それぞれ新しい環境に進む。 箱根駅伝を大会新で制した青学大は、主将の志貴勇斗はヤクルトへ。4区区間賞の佐藤一世はSGホールディングス、小原響はGMOインターネットグループに進む。 出雲・全日本王者の駒大で主将を務めた鈴木芽吹、中大のエース・吉居大和と湯浅仁はいずれも全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)優勝のトヨタ自動車で競技を続ける。 駒大は強力4年生がそろっていたが、花尾恭輔がトヨタ自動車九州、青柿響が富士通、安原太陽がKaoへ。10000m27分台を持つ唐澤拓海は未定としている。 3000m障害で日本記録を持ち、五輪・世界選手権で活躍してきた三浦龍司(順大)はSUBARUへ。同社には箱根駅伝5区区間賞で金栗杯受賞の城西大・山本唯翔も加入する。 ニューイヤー駅伝2位のHondaには中大の中野翔太、大東大の久保田徹らが加入する。その他では、東海大の石原翔太郎はSGホールディングス、明大の児玉真輝はGMOインターネットグループ、法大の松永伶はJR東日本、早大の菖蒲敦司はKao、國學院大の伊地知賢造はヤクルト、東洋大の九嶋恵舜は安川電機に進む予定だ。 世界や実業団駅伝を目指して走り続ける選手、そして、競技を引退する選手さまざまだが、4年間を糧に新たな舞台でさらに輝く選手たちを応援したい。

箱根駅伝2024主な出場校の4年生進路をチェック!

●青学大 小原響 GMOインターネットグループ 倉本玄太 中電工 佐藤一世 SGホールディングス 志貴勇斗 ヤクルト 山内健登 九電工 松並昂勢 黒崎播磨 ●駒大 青柿響 富士通 赤津勇進 小森コーポレーション 赤星雄斗 大塚製薬 金子伊吹 JR東日本 白鳥哲汰 トヨタ紡織 鈴木芽吹 トヨタ自動車 花尾恭輔 トヨタ自動車九州 安原太陽 Kao [adinserter block=”4”] ●城西大 野村颯斗 中国電力 山中秀真 トーエネック 山本唯翔 SUBARU ●東洋大 九嶋恵舜 安川電機 熊﨑貴哉 大塚製薬 佐藤真優 コニカミノルタ 村上太一 マツダ 奥山輝 セキノ興産 ●國學院大 伊地知賢造 ヤクルト ●法大 松永伶 JR東日本 [adinserter block=”4”] ●早大 北村光 ロジスティード 佐藤航希 旭化成 菖蒲敦司 Kao 辻文哉 安川電機 ●創価大 桑田大輔 中国電力 ●帝京大 西脇翔太 JR東日本 末次海斗 戸上電機製作所 ●大東大 久保田徹 Honda 菊地駿介 NTN 佐竹勇樹 トーエネック ●東海大 石原翔太郎(SGホールディングス) ●中大 吉居大和 トヨタ自動車 中野翔太 Honda 湯浅仁 トヨタ自動車 ●立教大 関口絢太 SGホールディングス [adinserter block=”4”] ●日体大 漆畑徳輝 トーエネック ●順大 三浦龍司 SUBARU 石井一希 ヤクルト ●明大 児玉真輝 GMOインターネットグループ 杉彩文海 三菱重工 ●神奈川大 巻田理空 Kao ●東農大 高槻芳照 富士通 並木寧音 SUBARU ●山梨学大 北村惇生 中電工 ※編集部調べ、1月12日時点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top