月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【日本ICサイドストーリー】兒玉芽生と齋藤愛美が描く女子短距離の未来図


インカレで短距離三冠を獲得した兒玉
 9月11日から13日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた日本インカレ、女子短距離は福岡大の兒玉芽生が席巻した。その兒玉がライバルと認めるのが齋藤愛美(大阪成蹊大)。中学時代からともに全国を舞台に戦い、高め合ってきた2人は、それぞれどんなふうに歩み、互いにどう思っているのだろうか。

違う成長曲線を辿った2人が思い描く未来図

 日本インカレ女子200m決勝。兒玉芽生(福岡大)が23秒68(-0.8)の自己新、圧巻の走りでスプリント3冠を達成すると、齋藤愛美(大阪成蹊大)と抱擁を交わした。

「前半、愛美がバンって出たのでヤバい! と思いました」(兒玉)。前日、100mで5位に敗れていた齋藤が23秒98で2位に入ったのは意地だった。

 2人は同学年で、これまでまったく違う曲線を描いて成長してきた。

「芽生は雲の上の人だった」(齋藤)

 兒玉は全国小学生陸上100mで、小5、6年と日本一。同世代からすれば、ずっと名前を知っている存在だった。中1でもジュニア五輪で優勝し、同い年には無敵。だが、中2のジュニア五輪で「初めて負けて、少し目が覚めました」。そこから1年、全中での優勝を目指したが、200m5位。宮田乙葉(現・甲南大)や吉野史織(現・大阪成蹊大)らがリードするようになっていた。

 その200mで8位に入っていたのが齋藤だった。

 高校に進学すると、齋藤が一気に飛躍を遂げる。1年目で24秒1台をマークすると世界ユース選手権に出場。

「正直、誰それ? と。調べると200m8位で、あの子か! ってなりました。どんな練習をしたらそんなタイムを出せるんだろうと思いました」(兒玉)

 齋藤は翌年、200mでU20日本記録を更新し、ナショナルチームにも名を連ねた。地元岡山インターハイでは、100m、200m、4×100mリレーの3冠。一気に世代を牽引する存在へと成長を遂げた。その大会に、兒玉の名前はなかった。

「ケガをして棄権しました。会場には行っていて、棄権届を出すのが嫌で泣いていました。私はもう日本一にはなれないんだろうなって」(兒玉)

 だが翌年、兒玉は鮮やかに日本一に返り咲く。インターハイ100m優勝。一方で、齋藤は春からのケガやプレッシャーに苦しみ、200m8位、100mは準決勝で敗退した。

 大学1、2年は2人にとっては鍛錬の時間。だが、その間、2人は決してあきらめることはなかった。おもしろいことに、どちらも同じような思いを胸に秘めていたという。

「高校2年目の活躍を見て勝てないと思ったのですが、3年目で苦しんでいるのを見て、愛美も同じ人間だったんだなって。愛美がいたから、ここまでがんばれました」

 そう兒玉は言う。

「小学生時代からずっと強かった芽生が、高校ではケガなどもあって。芽生のような選手でも苦しい時期があるんだなって。私も『芽生は人間なんだな』って。存在がめちゃくちゃ刺激になっています」

 齋藤はそうやって自分を奮い立たせた。


200m後、互いに健闘を称え合った兒玉と齋藤
 大学3年目。ようやく2人の調子の波長が合い始めている。まるで、止まりかけている女子短距離の針を突き動かすかのように。

 兒玉は100mで日本歴代3位の11秒35へと自己ベストを更新し、日本選手権2冠を狙う。齋藤も今季は100m11秒58、200mでも高校時代のベスト23秒45を狙える状態まで復調してきた。

「同期の川田(朱夏)や塩見(綾乃)の800mライバル対決ばかり取り上げられますけど、私たちもライバル。女子短距離を変えていきたい」

 齋藤はインカレの200mを終え、ようやく「自信を持ってスタートラインに立てました」と明るい表情を取り戻した。

「私、愛美、そして山田美来(日体大)たちで女子短距離を変えていきたい。絶対に世界に行ってみせますよ」

 そういえば、2人とも「目立つのが嫌い」だったはずが、それ以上に過去の自分を常に超えたい、女子短距離の歴史を塗り替えたい、その思いのほうがいつの間にか大きくなっているようだ。男子にできて、女子にできないことはない。かつて、先人たちがそうだったように、ライバルたちと切磋琢磨しながら、女子短距離の歴史を大きく変えるつもりでいる。

     兒玉芽生 齋藤愛美
100mPB  11秒35  11秒57
200mPB  23秒68  23秒45

文/向永拓史



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com