HOME お役立ち情報、スキル
【パパママ応援団】池田愛さん「クラブや子供にいろいろ教えてもらっています」
【パパママ応援団】池田愛さん「クラブや子供にいろいろ教えてもらっています」

「子供のがんばりを応援したい!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

第17回目は、陸上未経験ながら勉強&サポートを惜しまない池田愛さんと息子の悠斗君にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第17回 池田愛さん/悠斗君(中3)「クラブや子供にいろいろ教えてもらっています」

家族メモ
悠斗君は幼稚園の年中から小学5年までサッカーに取り組み、4年生からクラブチームで陸上を始める。母の愛さんは陸上未経験ながら、子供と一緒に学んでサポートに努めている。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

陸上はリレーのようなチームで行動することもありますが「個」で行動する事が多い競技だと思います。クラブチームの活動によって、日頃から自分が今何をすべきか、場面によって考えられる力がついたように感じています。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

大会の日は集合時間が早いので、朝食の時間も早くなりますが、パン食にした時にとても食の進みが遅かったので、我が家では大会の日の朝はご飯食にすることにしています。また、果物は必ずつけるようにしています。

試合当日はご飯食にして果物をつけています

Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること

汗を吸い込んだウェアは、必ず予洗いしてから洗濯機で洗うようにしています。雨の日に走幅跳があった日には、まず砂や泥を全部払ってから予洗いするので、連日大会となると洗濯が大変です。子供が気に入っているウェアなどは、なるべく傷まないようにネットに入れて洗っています。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩み

スパイクの爪先にすぐ穴が空いたり、サイドが擦り切れたりします。子供が自分で思いついてテーピングテープを貼って使っているのを見た時はびっくりしましたが、それでも当たり前のように履き続けてくれていることに親としてはありがたいですし、子供なりに大切にしてくれているんだなぁ、と思いました。

テーピングが施されたシューズ

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

今はSNSで検索すれば、いろいろな情報があふれていますが、クラブチームの先生やコーチの方々が丁寧に練習内容を振り返ってくださったり、どんな意味があってやっているかなどのポイントを説明してくださったりするメルマガは、親の私も勉強になります。
あとは、子供が動画を見るなどして詳しいので、いろいろ教えてもらっています。

Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか

正直できていないと思っています。どうしても陸上のほうに重きを置いているようです。親としては、勉強も毎日コツコツやってほしいのですが、当たり前のようにあるテレビやスマートフォンはかなり〝強敵〟……。あの手この手を考えていますが、なかなか難しいところです。

Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか?

子供がやりたいと思う方向に進んでいってほしいので、日頃からコミュニケーションは欠かさないようにはしていました。
子供は陸上が大好きなので、自分でもクラブチームでお世話になった先輩方にいろいろと話を聞いているようです。そのお陰でイメージを膨らませることができて、進みたいと思える道を見つけられたのは良かったです。

Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか?

以前、時間がなくてスパイクをネットショップで購入した時に、幅が足に合わなくて慌てたことがありました。それからは必ず陸上専門の店舗でしっかり試し履きをしてから購入するようにしています。

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?

気持ちの面でのアドバイスしますが、競技面でのアドバイスはクラブチームの先生やコーチの方々がしてくださるので、私からは特にしていません。練習後や大会後の家に帰るまでの間に、「今日は自分ではどうだったの?」と子供の考えていることや思いを聞いて、次の時の気持ちのアドバイスにつながればいいなと考えています。

池田悠斗君(KMC陸上クラブ/中3)

種目&自己記録
110mH 14秒97

Q.陸上を始めたきっかけ
走るのが好きだったからです。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
周りを見て自分から行動することができるようになりました。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
泉谷駿介選手(住友電工)

Q.今後の目標
関東新人に出場すること。

※情報は2023年12月22日時点

「子供のがんばりを応援したい!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第17回目は、陸上未経験ながら勉強&サポートを惜しまない池田愛さんと息子の悠斗君にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第17回 池田愛さん/悠斗君(中3)「クラブや子供にいろいろ教えてもらっています」

家族メモ 悠斗君は幼稚園の年中から小学5年までサッカーに取り組み、4年生からクラブチームで陸上を始める。母の愛さんは陸上未経験ながら、子供と一緒に学んでサポートに努めている。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 陸上はリレーのようなチームで行動することもありますが「個」で行動する事が多い競技だと思います。クラブチームの活動によって、日頃から自分が今何をすべきか、場面によって考えられる力がついたように感じています。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 大会の日は集合時間が早いので、朝食の時間も早くなりますが、パン食にした時にとても食の進みが遅かったので、我が家では大会の日の朝はご飯食にすることにしています。また、果物は必ずつけるようにしています。 [caption id="attachment_124140" align="alignnone" width="768"] 試合当日はご飯食にして果物をつけています[/caption] Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること 汗を吸い込んだウェアは、必ず予洗いしてから洗濯機で洗うようにしています。雨の日に走幅跳があった日には、まず砂や泥を全部払ってから予洗いするので、連日大会となると洗濯が大変です。子供が気に入っているウェアなどは、なるべく傷まないようにネットに入れて洗っています。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩み スパイクの爪先にすぐ穴が空いたり、サイドが擦り切れたりします。子供が自分で思いついてテーピングテープを貼って使っているのを見た時はびっくりしましたが、それでも当たり前のように履き続けてくれていることに親としてはありがたいですし、子供なりに大切にしてくれているんだなぁ、と思いました。 [caption id="attachment_124141" align="alignnone" width="768"] テーピングが施されたシューズ[/caption] Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 今はSNSで検索すれば、いろいろな情報があふれていますが、クラブチームの先生やコーチの方々が丁寧に練習内容を振り返ってくださったり、どんな意味があってやっているかなどのポイントを説明してくださったりするメルマガは、親の私も勉強になります。 あとは、子供が動画を見るなどして詳しいので、いろいろ教えてもらっています。 Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか 正直できていないと思っています。どうしても陸上のほうに重きを置いているようです。親としては、勉強も毎日コツコツやってほしいのですが、当たり前のようにあるテレビやスマートフォンはかなり〝強敵〟……。あの手この手を考えていますが、なかなか難しいところです。 Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか? 子供がやりたいと思う方向に進んでいってほしいので、日頃からコミュニケーションは欠かさないようにはしていました。 子供は陸上が大好きなので、自分でもクラブチームでお世話になった先輩方にいろいろと話を聞いているようです。そのお陰でイメージを膨らませることができて、進みたいと思える道を見つけられたのは良かったです。 Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか? 以前、時間がなくてスパイクをネットショップで購入した時に、幅が足に合わなくて慌てたことがありました。それからは必ず陸上専門の店舗でしっかり試し履きをしてから購入するようにしています。 Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか? 気持ちの面でのアドバイスしますが、競技面でのアドバイスはクラブチームの先生やコーチの方々がしてくださるので、私からは特にしていません。練習後や大会後の家に帰るまでの間に、「今日は自分ではどうだったの?」と子供の考えていることや思いを聞いて、次の時の気持ちのアドバイスにつながればいいなと考えています。

池田悠斗君(KMC陸上クラブ/中3)

種目&自己記録 110mH 14秒97 Q.陸上を始めたきっかけ 走るのが好きだったからです。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと 周りを見て自分から行動することができるようになりました。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? 泉谷駿介選手(住友電工) Q.今後の目標 関東新人に出場すること。 ※情報は2023年12月22日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top