HOME 編集部コラム

2023.12.22

編集部コラム「2023年の個人的MVPは?」
編集部コラム「2023年の個人的MVPは?」

23年ブダペスト世界陸上男子110mHで決勝の舞台に立った泉谷駿介(住友電工)

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★
攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

広告の下にコンテンツが続きます

第227回「2023年の個人的MVPは?(小川雅生)

今年も1年、大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

そんな挨拶をかわすことが増えてきて、年末になったんだと、やっと気がつきました。

今年は特にそんな感じで、気がつけば年末になっていた、というぐらいにこの数ヵ月が過ぎていました。

広告の下にコンテンツが続きます

振り返ると、国際大会目白押しの中で、日本勢も大活躍。北口榛花選手の偉業の数々はここで挙げるまでもないでしょう。WBCをはじめさまざまな競技で世界にJAPANの力を示してきた2023年、日本陸上界もブダペスト世界陸上、アジア大会、アジア選手権、ワールドユニバーシティゲームズ、そしてダイヤモンドリーグなどなど、どこにも負けない結果を残したのではないでしょうか。

記録の面でも、五輪種目だけでも日本新記録が13種目で誕生しました。中学、高校、大学でも、いくつもの大記録が生まれています。特にスプリントハードルの躍進は、男女ともに目覚ましかったですね。9秒台が出たところの男子スプリントのように、頂点のシニアから、目指す場所の水準が大きく引き上がることで全体のレベルが上がる、好循環が生まれる流れの代表例だと感じます。

そういった意味で、私の個人的な2023年のMVPを挙げるとするなら、泉谷駿介選手(住友電工)です。ブダペスト世界陸上のファイナルの舞台に立った姿には本当にしびれまし、スプリントハードルを世界に通じる種目というマインドに変えた功績を非常に大きいと思います。

選手のみなさんの活躍、大会ごとの盛り上がりもそうでしたが、観客や歓声もコロナ禍前の姿に戻ったことで、その場の興奮、高揚感がより一層感じられました。それが、この1年をあっという間と感じさせてくれた理由の一つ。もちろん、大盛況の日本陸上界を追いかけ、仕事に追われたというのももちろんありますが……(これはうれしい悲鳴です!)。

広告の下にコンテンツが続きます

来年は、ニューイヤー駅伝、さらには第100回箱根駅伝でスタート。その後はパリ五輪のマラソン代表選考会のMGCファイナルチャレンジが続き、トラックシーズンが始まると一気に“パリイヤー”モードに入っていくでしょう。再来年には東京世界陸上が控えていますし、ますます「あっという間」に駆け抜ける1年になりそう。いえ、むしろ東京世界陸上に向けて勢いづく1年になってくれることを願っています。

1991年のように、国立競技場が満員になる光景を、日本陸上界全体で作っていければいいですね。そのために、微力ながら月陸、月陸Onlineともども来年も走り続けます!

私のコラムも、今年はこれがラストです。

今年も1年、大変お世話になりました。

広告の下にコンテンツが続きます

来年もどうぞよろしくお願いします。

小川雅生(おがわ・まさお)
月刊陸上競技編集部 部長
1977年7月12日生まれ、46歳。173cm、67kg、AB型。大阪府東大阪市で出生、兵庫県尼崎市育ち。塚口中→尼崎北高→甲南大。3つ年上の兄の影響で中学から陸上部に入り、大学まで取り組む(専門種目はハードル)。塚口中3年の時、OBで1992年バルセロナ五輪男子走幅跳代表の森長正樹さんの壮行会で生徒会長として花束を渡したが、当時の新聞には私の隣にいた書記のコメントが載っていたという実績を持つ。今季の健康診断では現状をキープ。自己新を目指して新たな取り組みをスタートさせた。
毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第227回「2023年の個人的MVPは?(小川雅生)

今年も1年、大変お世話になりました。 来年もどうぞよろしくお願いします。 そんな挨拶をかわすことが増えてきて、年末になったんだと、やっと気がつきました。 今年は特にそんな感じで、気がつけば年末になっていた、というぐらいにこの数ヵ月が過ぎていました。 振り返ると、国際大会目白押しの中で、日本勢も大活躍。北口榛花選手の偉業の数々はここで挙げるまでもないでしょう。WBCをはじめさまざまな競技で世界にJAPANの力を示してきた2023年、日本陸上界もブダペスト世界陸上、アジア大会、アジア選手権、ワールドユニバーシティゲームズ、そしてダイヤモンドリーグなどなど、どこにも負けない結果を残したのではないでしょうか。 記録の面でも、五輪種目だけでも日本新記録が13種目で誕生しました。中学、高校、大学でも、いくつもの大記録が生まれています。特にスプリントハードルの躍進は、男女ともに目覚ましかったですね。9秒台が出たところの男子スプリントのように、頂点のシニアから、目指す場所の水準が大きく引き上がることで全体のレベルが上がる、好循環が生まれる流れの代表例だと感じます。 そういった意味で、私の個人的な2023年のMVPを挙げるとするなら、泉谷駿介選手(住友電工)です。ブダペスト世界陸上のファイナルの舞台に立った姿には本当にしびれまし、スプリントハードルを世界に通じる種目というマインドに変えた功績を非常に大きいと思います。 選手のみなさんの活躍、大会ごとの盛り上がりもそうでしたが、観客や歓声もコロナ禍前の姿に戻ったことで、その場の興奮、高揚感がより一層感じられました。それが、この1年をあっという間と感じさせてくれた理由の一つ。もちろん、大盛況の日本陸上界を追いかけ、仕事に追われたというのももちろんありますが……(これはうれしい悲鳴です!)。 来年は、ニューイヤー駅伝、さらには第100回箱根駅伝でスタート。その後はパリ五輪のマラソン代表選考会のMGCファイナルチャレンジが続き、トラックシーズンが始まると一気に“パリイヤー”モードに入っていくでしょう。再来年には東京世界陸上が控えていますし、ますます「あっという間」に駆け抜ける1年になりそう。いえ、むしろ東京世界陸上に向けて勢いづく1年になってくれることを願っています。 1991年のように、国立競技場が満員になる光景を、日本陸上界全体で作っていければいいですね。そのために、微力ながら月陸、月陸Onlineともども来年も走り続けます! 私のコラムも、今年はこれがラストです。 今年も1年、大変お世話になりました。 来年もどうぞよろしくお願いします。
小川雅生(おがわ・まさお) 月刊陸上競技編集部 部長 1977年7月12日生まれ、46歳。173cm、67kg、AB型。大阪府東大阪市で出生、兵庫県尼崎市育ち。塚口中→尼崎北高→甲南大。3つ年上の兄の影響で中学から陸上部に入り、大学まで取り組む(専門種目はハードル)。塚口中3年の時、OBで1992年バルセロナ五輪男子走幅跳代表の森長正樹さんの壮行会で生徒会長として花束を渡したが、当時の新聞には私の隣にいた書記のコメントが載っていたという実績を持つ。今季の健康診断では現状をキープ。自己新を目指して新たな取り組みをスタートさせた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top