HOME お役立ち情報、スキル
【パパママ応援団】山本幸延さん、明香さん「汁物に野菜をたくさん入れるようにしています」
【パパママ応援団】山本幸延さん、明香さん「汁物に野菜をたくさん入れるようにしています」

「子供のがんばりを応援したい!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

広告の下にコンテンツが続きます

第16回目は、両親ともに長距離経験者という山本幸延さん、明香さんと娘の千祥さんにご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第16回 山本幸延さん、明香さん/千祥さん(中2)「汁物に野菜をたくさん入れるようにしています」

家族メモ
両親ともに長距離出身で、父の幸延さんは自衛隊体育学校所属時にニューイヤー駅伝の出走経験を持つ。娘の千祥さんは過去に水泳、野球にも打ち込むなど豊富なスポーツ歴を誇る。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

チーム内外にたくさん友達ができたことと、身体が丈夫になったことです。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

広告の下にコンテンツが続きます

練習がある日は帰宅する時間が遅くなるので、汁物に野菜をたくさん入れるようにして、疲れていても食べやすいように工夫しています。勝負メシは特にないのですが、大会1週間前から大好きなアイスは自主的に我慢して体調を整えているようです。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩み

シューズの種類がたくさんあること。練習用、大会用(種目別)、それぞれデザインや機能性重視で豊富にありますが、我が家の場合、私(母)は陸上指導者、主人は今でも競技を続けているので、玄関がシューズだらけです。
陸上シューズは見た目が綺麗でも、機能が劣化したと感じたら買い換えたくなるもの。そのため古い物を処分できず(高額なので)、どんどんシューズが増えていきます。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

雑誌、動画を見ることもありますが、クラブの先輩方にたくさんお手本となる選手がいるので、普段の練習でたくさん吸収しています。

Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか

今のところできていると思います。ありがたいことに、チームメイトに勉強でのライバルがいるので、切磋琢磨しています。親が勉強のことを言うより、意識する相手がいるというのはとてもありがたいことです。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか?

陸上主体にはなると思いますが、強豪校という選択よりは、自分のやりたい種目、仲間、競技を楽しめる雰囲気などから選択したいといつも家族で話しています。

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?

我が家は夫婦ともに陸上競技の長距離経験者で、娘は四種競技をやっています。私達が経験したことのない種目に取り組んでいるので、技術についてアドバイスできることはありません。ですが、ついつい他の選手と比較したり、「もっとこうやったほうが……」と口出ししてしまいます。アドバイスにはなっていないので、良くないといつも思ってるのですが……。アドバイスを送るより、「今日はどうだった?」などと調子や練習の感想を聞くように心掛けています。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします!

陸上競技はたくさん種目があります。娘は中学1年生の時に11種目にトライしました。勝ち負けや記録だけではなく、挑戦したい気持ちを応援してあげてください。

山本千祥さん(First Step/中2)

種目&自己記録
四種競技 2011点

広告の下にコンテンツが続きます

Q.陸上を始めたきっかけ
両親が陸上競技経験者だったことと、陸上選手の走りをテレビで見てかっこいいと思ったからです。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
友達がたくさんできたことと、学校の体育行事で活躍できたこと。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
七種競技のナフィサトゥ・ティアム選手(ベルギー)にあこがれています。

Q.今後の目標
四種競技で熊本県記録を更新することと、来年の全中に出場することです。

広告の下にコンテンツが続きます

以前は野球にも取り組んでいた千祥さん

※情報は2023年12月22日時点

「子供のがんばりを応援したい!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第16回目は、両親ともに長距離経験者という山本幸延さん、明香さんと娘の千祥さんにご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第16回 山本幸延さん、明香さん/千祥さん(中2)「汁物に野菜をたくさん入れるようにしています」

家族メモ 両親ともに長距離出身で、父の幸延さんは自衛隊体育学校所属時にニューイヤー駅伝の出走経験を持つ。娘の千祥さんは過去に水泳、野球にも打ち込むなど豊富なスポーツ歴を誇る。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと チーム内外にたくさん友達ができたことと、身体が丈夫になったことです。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 練習がある日は帰宅する時間が遅くなるので、汁物に野菜をたくさん入れるようにして、疲れていても食べやすいように工夫しています。勝負メシは特にないのですが、大会1週間前から大好きなアイスは自主的に我慢して体調を整えているようです。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩み シューズの種類がたくさんあること。練習用、大会用(種目別)、それぞれデザインや機能性重視で豊富にありますが、我が家の場合、私(母)は陸上指導者、主人は今でも競技を続けているので、玄関がシューズだらけです。 陸上シューズは見た目が綺麗でも、機能が劣化したと感じたら買い換えたくなるもの。そのため古い物を処分できず(高額なので)、どんどんシューズが増えていきます。 Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 雑誌、動画を見ることもありますが、クラブの先輩方にたくさんお手本となる選手がいるので、普段の練習でたくさん吸収しています。 Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか 今のところできていると思います。ありがたいことに、チームメイトに勉強でのライバルがいるので、切磋琢磨しています。親が勉強のことを言うより、意識する相手がいるというのはとてもありがたいことです。 Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか? 陸上主体にはなると思いますが、強豪校という選択よりは、自分のやりたい種目、仲間、競技を楽しめる雰囲気などから選択したいといつも家族で話しています。 Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか? 我が家は夫婦ともに陸上競技の長距離経験者で、娘は四種競技をやっています。私達が経験したことのない種目に取り組んでいるので、技術についてアドバイスできることはありません。ですが、ついつい他の選手と比較したり、「もっとこうやったほうが……」と口出ししてしまいます。アドバイスにはなっていないので、良くないといつも思ってるのですが……。アドバイスを送るより、「今日はどうだった?」などと調子や練習の感想を聞くように心掛けています。 Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします! 陸上競技はたくさん種目があります。娘は中学1年生の時に11種目にトライしました。勝ち負けや記録だけではなく、挑戦したい気持ちを応援してあげてください。

山本千祥さん(First Step/中2)

種目&自己記録 四種競技 2011点 Q.陸上を始めたきっかけ 両親が陸上競技経験者だったことと、陸上選手の走りをテレビで見てかっこいいと思ったからです。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと 友達がたくさんできたことと、学校の体育行事で活躍できたこと。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? 七種競技のナフィサトゥ・ティアム選手(ベルギー)にあこがれています。 Q.今後の目標 四種競技で熊本県記録を更新することと、来年の全中に出場することです。 [caption id="attachment_124133" align="alignnone" width="1024"] 以前は野球にも取り組んでいた千祥さん[/caption] ※情報は2023年12月22日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top