HOME 駅伝

2020.09.22

【駅伝】広島経大が2年ぶり、皇學館大が4年連続で伊勢路への出場権獲得
【駅伝】広島経大が2年ぶり、皇學館大が4年連続で伊勢路への出場権獲得

全日本大学駅伝の中国四国地区選考会は22日、広島県庄原市の道後山高原クロカンパークで行われ、広島経大が2大会ぶり23回目の本戦出場を決めた。

出場枠「1」をめぐり、1周2.5kmのコースを4周して各校上位8人の合計タイムで競った同選考会。広島経大が4時間02分01秒で1位となり、昨年の代表校である2位の環太平洋大に3分以上の大差をつけた。3位は広島大、4位は松山大だった。

総合成績(上位3チーム)
広島経済大学 4時間02分01秒
環太平洋大学 4時間05分15秒
広島大学   4時間09分09秒

また、同日は東海地区の選考会も愛知県刈谷市のウェーブスタジアム刈谷で開催。10000mのレースを4組に分け、その合計タイムで争った結果、皇學館大が4大会連続4回目の伊勢路行きを決めた。東海地区は前回大会の成績により出場枠が1つ減って1枠となったため、2位の愛知工大が4年ぶりに本戦出場を逃すかたちとなった。

総合成績(上位3チーム)
皇學館大学  4時間05分29秒90
愛知工業大学 4時間07分32秒13
岐阜協立大学 4時間09分40秒69

なお、本大会は11月1日(日)に開催予定。北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州の各地区代表25校が駅伝日本一を懸けて激しいバトルを繰り広げる。

■シード校(前回上位8校)
東海大学     7大会連続33回目
青山学院大学   8大会連続10回目
駒澤大学    25大会連続27回目
東京国際大学   2大会連続 2回目
東洋大学    13大会連続28回目
早稲田大学   14大会連続26回目
國學院大學    6大会連続 8回目
帝京大学     6大会連続13回目

■各地区代表校(22日時点判明分)
<北海道>
札幌学院大学   3大会連続27回目
<東北>
9月28日(月)に選考会実施
<関東>
日本大学     2大会ぶり41回目
中央学院大学   8大会連続14回目
明治大学    13大会連続14回目
順天堂大学    4大会連続25回目
山梨学院大学   3大会ぶり31回目
日本体育大学   3大会連続42回目
城西大学     4大会連続9回目
<北信越>
信州大学    5大会ぶり14回目
<東海>
皇學館大学   4大会連続4回目
<関西>
立命館大学   20大会連続32回目
関西学院大学   2大会連続10回目
京都産業大学   8大会連続48回目
びわこ学院大学   初出場
<中国四国>
広島経済大学  2大会ぶり23回目
<九州>
日本文理大学  4大会ぶり10回目

■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会
11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km
大会HP

全日本大学駅伝の中国四国地区選考会は22日、広島県庄原市の道後山高原クロカンパークで行われ、広島経大が2大会ぶり23回目の本戦出場を決めた。 出場枠「1」をめぐり、1周2.5kmのコースを4周して各校上位8人の合計タイムで競った同選考会。広島経大が4時間02分01秒で1位となり、昨年の代表校である2位の環太平洋大に3分以上の大差をつけた。3位は広島大、4位は松山大だった。 総合成績(上位3チーム) 広島経済大学 4時間02分01秒 環太平洋大学 4時間05分15秒 広島大学   4時間09分09秒 また、同日は東海地区の選考会も愛知県刈谷市のウェーブスタジアム刈谷で開催。10000mのレースを4組に分け、その合計タイムで争った結果、皇學館大が4大会連続4回目の伊勢路行きを決めた。東海地区は前回大会の成績により出場枠が1つ減って1枠となったため、2位の愛知工大が4年ぶりに本戦出場を逃すかたちとなった。 総合成績(上位3チーム) 皇學館大学  4時間05分29秒90 愛知工業大学 4時間07分32秒13 岐阜協立大学 4時間09分40秒69 なお、本大会は11月1日(日)に開催予定。北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州の各地区代表25校が駅伝日本一を懸けて激しいバトルを繰り広げる。 ■シード校(前回上位8校) 東海大学     7大会連続33回目 青山学院大学   8大会連続10回目 駒澤大学    25大会連続27回目 東京国際大学   2大会連続 2回目 東洋大学    13大会連続28回目 早稲田大学   14大会連続26回目 國學院大學    6大会連続 8回目 帝京大学     6大会連続13回目 ■各地区代表校(22日時点判明分) <北海道> 札幌学院大学   3大会連続27回目 <東北> 9月28日(月)に選考会実施 <関東> 日本大学     2大会ぶり41回目 中央学院大学   8大会連続14回目 明治大学    13大会連続14回目 順天堂大学    4大会連続25回目 山梨学院大学   3大会ぶり31回目 日本体育大学   3大会連続42回目 城西大学     4大会連続9回目 <北信越> 信州大学    5大会ぶり14回目 <東海> 皇學館大学   4大会連続4回目 <関西> 立命館大学   20大会連続32回目 関西学院大学   2大会連続10回目 京都産業大学   8大会連続48回目 びわこ学院大学   初出場 <中国四国> 広島経済大学  2大会ぶり23回目 <九州> 日本文理大学  4大会ぶり10回目 ■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km 大会HP

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top