HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.12.15

箱根駅伝に向け駒大・主将の鈴木芽吹「4年間で一番」佐藤圭汰は「1区区間新を狙いたい」篠原、花尾らも意気込み語る
箱根駅伝に向け駒大・主将の鈴木芽吹「4年間で一番」佐藤圭汰は「1区区間新を狙いたい」篠原、花尾らも意気込み語る

箱根駅伝に向けてオンライン記者会見を開いた駒大。鈴木、篠原、佐藤、山川

第100回箱根駅伝に出場する駒大が12月15日、合同取材がオンラインで行われ、藤田敦史監督、大八木弘明総監督、エントリー選手が登壇した。

前年度学生駅伝3冠を達成した駒大。今年も出雲駅伝、全日本大学駅伝を制して史上初となる2年連続3冠に王手をかけている。

「2区か4区」を志望していると明かすのが主将を務める鈴木芽吹(4年)。過去3年間は度々ケガに苦しんできたが、「スピード、スタミナにかかわらず、質と量を継続できた。4年間で一番良い練習ができています」と胸を張る。

個性派集団のチームにあって、「引っ張るのは簡単ではなかったですが、苦しい感覚よりも楽しさ、やりがいを感じていました。きつかったという感覚はまったくありません」と話す。

「全員で目標に向かうチームにしたかった。体調不良、ケガ人なく、最高の状態で当日を迎えたい。それができれば優勝できると思います」と力強く語る。

ケガから復帰を果たした花尾恭輔(4年)は「元気になった姿をみていただきたい。悔しさを晴らしたいです」と最後の箱根へ意気込む。

10000mで27分28秒28秒50というu20日本記録を打ち立てた佐藤圭汰(2年)。「少し疲労はあった」ともいうが、12月上旬の合宿では「距離走も余裕を持って走れました」とスタミナ面でも自信を深めている。前回は直前の体調不良で走れず。今回は「1区を走りたい。区間新記録を出したいです」と、圧倒的スピードで独走態勢を築くつもりだ。

篠原倖太朗(3年)は「どこでも任された区間で役割を全うして3冠に近づきたい」と話す。持ち味について聞かれ「その時々に応じたクレバーな走り」と堂々。ライバルには「自分に勝ちたい」と語った。

前回5区を駆け上がった山川拓馬(2年)は「今年はBチームからAチームになって、スタミナもスピードもつきました」と成長を実感。「山の神候補がいてメンツがそろっているので、最低でも70分切りを目標に、区間新記録となる68分、69分も目安にしてます」と力強い。

「最高の走りをして、最高の結果を出して終わりたい」と鈴木。圧倒的な選手層で、100回目の箱根駅伝で歴史を作りにいく。

第100回箱根駅伝に出場する駒大が12月15日、合同取材がオンラインで行われ、藤田敦史監督、大八木弘明総監督、エントリー選手が登壇した。 前年度学生駅伝3冠を達成した駒大。今年も出雲駅伝、全日本大学駅伝を制して史上初となる2年連続3冠に王手をかけている。 「2区か4区」を志望していると明かすのが主将を務める鈴木芽吹(4年)。過去3年間は度々ケガに苦しんできたが、「スピード、スタミナにかかわらず、質と量を継続できた。4年間で一番良い練習ができています」と胸を張る。 個性派集団のチームにあって、「引っ張るのは簡単ではなかったですが、苦しい感覚よりも楽しさ、やりがいを感じていました。きつかったという感覚はまったくありません」と話す。 「全員で目標に向かうチームにしたかった。体調不良、ケガ人なく、最高の状態で当日を迎えたい。それができれば優勝できると思います」と力強く語る。 ケガから復帰を果たした花尾恭輔(4年)は「元気になった姿をみていただきたい。悔しさを晴らしたいです」と最後の箱根へ意気込む。 10000mで27分28秒28秒50というu20日本記録を打ち立てた佐藤圭汰(2年)。「少し疲労はあった」ともいうが、12月上旬の合宿では「距離走も余裕を持って走れました」とスタミナ面でも自信を深めている。前回は直前の体調不良で走れず。今回は「1区を走りたい。区間新記録を出したいです」と、圧倒的スピードで独走態勢を築くつもりだ。 篠原倖太朗(3年)は「どこでも任された区間で役割を全うして3冠に近づきたい」と話す。持ち味について聞かれ「その時々に応じたクレバーな走り」と堂々。ライバルには「自分に勝ちたい」と語った。 前回5区を駆け上がった山川拓馬(2年)は「今年はBチームからAチームになって、スタミナもスピードもつきました」と成長を実感。「山の神候補がいてメンツがそろっているので、最低でも70分切りを目標に、区間新記録となる68分、69分も目安にしてます」と力強い。 「最高の走りをして、最高の結果を出して終わりたい」と鈴木。圧倒的な選手層で、100回目の箱根駅伝で歴史を作りにいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top