HOME 学生長距離

2023.12.07

【Playback箱根駅伝】第14回/早大 史上初の完封優勝 東洋大、拓大が初参戦
【Playback箱根駅伝】第14回/早大 史上初の完封優勝 東洋大、拓大が初参戦

第14回箱根駅伝・六郷橋を快走する早大1区の朝倉充

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第14回(1933年/昭和8年)
スタート直後で早大・朝倉がトップに 優勝記録は12時間台へ

東洋大と拓大が初めて参加し、出場校は史上最多の11チームで行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

早大が1区から10区まで首位を堅持する史上初めての完封優勝で2年ぶり6度目の栄冠を手にした。優勝タイムも前年に慶大がマークした大会記録を一気に29分56秒も短縮する12時間47分53秒で、史上初めて13時間を切った。

1区の朝倉充が区間新記録で滑り出すと、2区の中井賢二も区間新記録を樹立。3区の小野利保も区間賞で、2位の慶大に6分47秒差をつけた。

しかし、4区の中田正男が区間7位とブレーキ。小田原市街に入ったところで失速して、フラフラになるアクシデントに見舞われる。かろうじてトップを守ったが、平塚で6分47秒もあった貯金は中継所でわずか1分16秒となり、慶大に300m差に追いつめられた。

このピンチを救ったのが5区の中島幸基だった。第10回大会から5回目の出場で、前回ここで区間3位の好走を見せている中島は期待通りの力走で2位日大との差を3分18秒差に広げる。1時間39分26秒の区間新記録をマークして、4年ぶりに往路を制した。

広告の下にコンテンツが続きます

早大は復路でも盤石な継走を展開。6区の小原孝一が区間賞の好スタートを切ると、9区の鈴木政数は区間記録を更新した。10区の川田徹も区間2位と堅実に走って優勝。6区間で区間賞を獲得し、2位の明大に13分23秒差をつける完勝だった。

初出場の東洋大は10位、拓大は11位とそれぞれ下位に沈み、早大とは2時間以上の差をつけられた。

早大の独走が目立つ中で激走を見せたのが法大から日本歯科医専に移った難波博夫。4区で1時間9分39秒の快記録をマークした。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

広告の下にコンテンツが続きます
2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第14回(1933年/昭和8年) スタート直後で早大・朝倉がトップに 優勝記録は12時間台へ

東洋大と拓大が初めて参加し、出場校は史上最多の11チームで行われた。 早大が1区から10区まで首位を堅持する史上初めての完封優勝で2年ぶり6度目の栄冠を手にした。優勝タイムも前年に慶大がマークした大会記録を一気に29分56秒も短縮する12時間47分53秒で、史上初めて13時間を切った。 1区の朝倉充が区間新記録で滑り出すと、2区の中井賢二も区間新記録を樹立。3区の小野利保も区間賞で、2位の慶大に6分47秒差をつけた。 しかし、4区の中田正男が区間7位とブレーキ。小田原市街に入ったところで失速して、フラフラになるアクシデントに見舞われる。かろうじてトップを守ったが、平塚で6分47秒もあった貯金は中継所でわずか1分16秒となり、慶大に300m差に追いつめられた。 このピンチを救ったのが5区の中島幸基だった。第10回大会から5回目の出場で、前回ここで区間3位の好走を見せている中島は期待通りの力走で2位日大との差を3分18秒差に広げる。1時間39分26秒の区間新記録をマークして、4年ぶりに往路を制した。 早大は復路でも盤石な継走を展開。6区の小原孝一が区間賞の好スタートを切ると、9区の鈴木政数は区間記録を更新した。10区の川田徹も区間2位と堅実に走って優勝。6区間で区間賞を獲得し、2位の明大に13分23秒差をつける完勝だった。 初出場の東洋大は10位、拓大は11位とそれぞれ下位に沈み、早大とは2時間以上の差をつけられた。 早大の独走が目立つ中で激走を見せたのが法大から日本歯科医専に移った難波博夫。4区で1時間9分39秒の快記録をマークした。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第14回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 早大  12時間47分53秒 2位 慶大  13時間01分16秒 3位 日大  13時間16分29秒 4位 明大  13時間19分48秒 5位 中大  13時間23分03秒 6位 東京文理科大 13時間51分19秒 7位 法大  13時間53分50秒 8位 日本歯科医専 14時間20分30秒 9位 東農大 14時間38分31秒 10位 東洋大 15時間03分48秒 11位 拓大  15時間33分30秒 ●区間賞 1区 朝倉充(早大)  1時間13分22秒 2区 中井賢二(早大) 1時間09分15秒 3区 小野利保(早大) 1時間16分24秒 4区 難波博夫(日本歯科医専) 1時間09分39秒 5区 中島幸基(早大) 1時間39分26秒 6区 小原孝一(早大) 1時間20分12秒 7区 岩崎源五平(明大)1時間12分19秒 8区 竹中正一郎(慶大)1時間12分39秒 9区 鈴木政数(早大) 1時間06分45秒 10区 北本正路(慶大) 1時間13分09秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.24

国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

第20回国公立27大学対校駅伝は2月24日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園で行われ、国公立大がタスキを男子対校(6区間38.54km)は信州大が1時間55分45秒で、女子対校(4区間16.24km)は群馬大が59分2 […]

NEWS ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

2024.02.24

ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

ユニクロは2月24日、SNSを更新し、女子中距離の康本花梨が退部、退職したと発表した。 兵庫県出身の康本は実業団5年目。高校時代(兵庫・須磨学園高)は2年時の2013年全国高校駅伝で3区を務め、チームは3位に入った。15 […]

NEWS 髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日 […]

NEWS 折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 U20男子8kmに出場する折田壮太(須磨学園高3兵庫)は「 […]

NEWS 田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 今大会は世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top