HOME 駅伝

2023.12.02

鹿屋体大が25年ぶり九州王者に!! 6区・小手川聖修の区間賞で逆転 来年の出雲駅伝出場権も獲得/島原学生駅伝
鹿屋体大が25年ぶり九州王者に!! 6区・小手川聖修の区間賞で逆転 来年の出雲駅伝出場権も獲得/島原学生駅伝

23年全日本大学駅伝6区に出場した鹿屋体大の大園倫太郎

12月2日、第41回九州学生駅伝が長崎県島原市の市営競技場を出発して、島原文化会館にフィニッシュする7区間57.75kmのコースで行われ、鹿屋体大が3時間4分56秒で25年ぶり8回目の優勝を果たした。

前回大会2位の鹿屋体大は1区(7.74km)で大島大青(4年)が5km過ぎに仕掛けて2区にトップ中継。2区で3位に順位を落としたものの、3区(8.27km)では中原敬輝(4年)が25分02秒の区間賞で、鹿児島大、長崎国際大をかわしてトップに浮上する。

広告の下にコンテンツが続きます

4区(9.38km)の大園倫太郎(3年)も首位をキープ。アップダウンのきつい5区(9.08km)では栗原直也(4年)が留学生のチェボティビン・サイラス・キプラガト(1年)を起用した第一工科大に抜かれ2位となったが、後半に粘りを見せその差を11秒に止めて6区へつなぐ。

すると、前回6区(7.19km)で区間記録を樹立している小手川聖修(4年)が1km過ぎに第一工科大に追いつき、一気に逆転。下り基調のコースを19分57秒の区間賞で駆け11秒のリードを奪った。7区の内田大樹(3年)は2位に浮上した鹿児島大の追撃を振り切り、歓喜の優勝テープを切った。

鹿屋体大が優勝するのは大会会場が熊本県阿蘇市から島原に移った1998年以来。この時は現在監督を務める松村勲氏や世界選手権にも出場した永田宏一郎氏がメンバーとして名を連ねていた。また、今大会の優勝により24年10月に行われる出雲駅伝の出場権も手にした。

6月の全日本大学駅伝選考会で優勝し、11月の全日本大学駅伝では21位に入った鹿児島大が3時間5分39秒で2位。20年の中止を挟み4連覇中だった第一工科大は3時間6分00秒で3位に止まった。5区と7区で区間賞の日本文理大が4位となり、5位長崎国際大、6位九州大と続いた。また、最長の4区(9.38km)では佐賀大の河野大毅(4年)が35分15秒で区間賞を獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます
12月2日、第41回九州学生駅伝が長崎県島原市の市営競技場を出発して、島原文化会館にフィニッシュする7区間57.75kmのコースで行われ、鹿屋体大が3時間4分56秒で25年ぶり8回目の優勝を果たした。 前回大会2位の鹿屋体大は1区(7.74km)で大島大青(4年)が5km過ぎに仕掛けて2区にトップ中継。2区で3位に順位を落としたものの、3区(8.27km)では中原敬輝(4年)が25分02秒の区間賞で、鹿児島大、長崎国際大をかわしてトップに浮上する。 4区(9.38km)の大園倫太郎(3年)も首位をキープ。アップダウンのきつい5区(9.08km)では栗原直也(4年)が留学生のチェボティビン・サイラス・キプラガト(1年)を起用した第一工科大に抜かれ2位となったが、後半に粘りを見せその差を11秒に止めて6区へつなぐ。 すると、前回6区(7.19km)で区間記録を樹立している小手川聖修(4年)が1km過ぎに第一工科大に追いつき、一気に逆転。下り基調のコースを19分57秒の区間賞で駆け11秒のリードを奪った。7区の内田大樹(3年)は2位に浮上した鹿児島大の追撃を振り切り、歓喜の優勝テープを切った。 鹿屋体大が優勝するのは大会会場が熊本県阿蘇市から島原に移った1998年以来。この時は現在監督を務める松村勲氏や世界選手権にも出場した永田宏一郎氏がメンバーとして名を連ねていた。また、今大会の優勝により24年10月に行われる出雲駅伝の出場権も手にした。 6月の全日本大学駅伝選考会で優勝し、11月の全日本大学駅伝では21位に入った鹿児島大が3時間5分39秒で2位。20年の中止を挟み4連覇中だった第一工科大は3時間6分00秒で3位に止まった。5区と7区で区間賞の日本文理大が4位となり、5位長崎国際大、6位九州大と続いた。また、最長の4区(9.38km)では佐賀大の河野大毅(4年)が35分15秒で区間賞を獲得した。

第41回九州学生駅伝成績

1位 鹿屋体大  3時間04分56秒 2位 鹿児島大  3時間05分39秒 3位 第一工科大 3時間06分00秒 4位 日本文理大 3時間06分22秒 5位 長崎国際大 3時間07分14秒 6位 九州大   3時間09分57秒 7位 福岡大   3時間10分15秒 8位 熊本大   3時間12分27秒 9位 長崎大   3時間13分54秒 10位 佐賀大   3時間17分15秒 11位 久留米大  3時間19分55秒 12位 北九州市立大3時間20分55秒 13位 宮崎大   3時間21分14秒 14位 産業医科大 3時間25分58秒 15位 鹿児島国際大3時間26分25秒 16位 沖縄国際大 3時間28分51秒 17位 九産大   3時間36分42秒 オープン 第一工科大B  3時間13分00秒 日本文理大B  3時間11分20秒 九州大B    3時間20分13秒 第一工科大C  3時間17分16秒 長崎連合    3時間28分10秒 熊本連合    3時間29分26秒 福岡連合    3時間35分34秒 ■区間賞 1区(7.74km) 大島大青(鹿屋体大4) 24分38秒 2区(8.39km) 鶴田寛武(鹿児島大3) 24分53秒 3区(8.27km) 中原敬輝(鹿屋体大4) 25分02秒 4区(9.38km) 河野大毅(佐賀大4)  35分15秒 5区(9.08km) 渕上裕太(日本文理大3)29分49秒 6区(7.19km) 小手川聖修(鹿屋体大4)19分57秒 7区(7.71km) 田中秀紀(日本文理大1)23分11秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top