HOME 駅伝

2023.11.25

クイーンズ駅伝前日会見 資生堂の一山麻緒が意気込み「雰囲気はすごく良い。連覇を達成できるように」積水化学の新谷仁美「力を出し切りたい」とV奪還誓う
クイーンズ駅伝前日会見 資生堂の一山麻緒が意気込み「雰囲気はすごく良い。連覇を達成できるように」積水化学の新谷仁美「力を出し切りたい」とV奪還誓う

一山麻緒(ワコール)

第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城/11月26日)前日の11月25日、宮城県仙台市内で記者会見が行われ、5選手が意気込みを語った。

2連覇を狙う資生堂の一山麻緒は、1ヵ月前にパリ五輪マラソン代表選考レース。マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場。「11月からチームの合流してこの大会に向けて練習してきました。状態は上がっているので、2連覇達成できるようにがんばりたい」と力を込めた。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の優勝メンバーから一部選手の引退や移籍があった。「メンバーは変わったが雰囲気はすごく良いです。一人ひとりがしっかり走ることが大事」と話していた。

前々回の優勝チームで前回は2位の積水化学からは、新谷仁美が出席。「今は普通の状態。明日にならないとわからないが、力を出し切って優勝を目指したい」と意気込んだ。明日は5区を担当。「個人の目標は区間賞。日頃から支えてくださる方々のためにもがんばりたい」と語った。

MGCを優勝し、一山とともにパリ五輪に内定した第一生命グループ・鈴木優花は「昨年はクイーンズ・エイト(8位)だったが、それを超えるタイム、良い順位でフィニッシュしたいです」。明日は3区を務めることになる。「スピードはまだないほうだと思っているが、マラソンで培ったものを粘り強さを出して走りたい」と抱負を口にした。

前回4位のエディオンからは、MGC3位の細田あいが会見に臨み、「MGC後に足に痛みが出て、チーム合流が遅れたが、できることはやってきました。自分の力を出し切ることに集中したいです。順位が決まるアンカーなので、しっかり追いたいし、追いつかれても抜かれないように走りたい」と話した。

広告の下にコンテンツが続きます

前回5位のダイハツは、マラソンで8月のブダペスト世界選手権、10月にはMGCに出場した加世田梨花が3区を担当。「世界の舞台は刺激になったが、悔しい思いが一番大きく、それが成長につながった。明日は積極的かつスタミナを生かして、後半の選手のためにもと貯金を作りたい」と、ベストを尽くす走りを誓った。

レースは宮城県松島町文化観光交流館前をスタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)をフィニッシュとする6区間42.195kmで行われる。

各区間の距離は1区7.0km、2区4.2km、3区10.6km、4区3.6km、5区10.0km、6区6.795km。

スタートは12時15分。TBS系列で11時50分から生中継される。

広告の下にコンテンツが続きます
第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城/11月26日)前日の11月25日、宮城県仙台市内で記者会見が行われ、5選手が意気込みを語った。 2連覇を狙う資生堂の一山麻緒は、1ヵ月前にパリ五輪マラソン代表選考レース。マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場。「11月からチームの合流してこの大会に向けて練習してきました。状態は上がっているので、2連覇達成できるようにがんばりたい」と力を込めた。 昨年の優勝メンバーから一部選手の引退や移籍があった。「メンバーは変わったが雰囲気はすごく良いです。一人ひとりがしっかり走ることが大事」と話していた。 前々回の優勝チームで前回は2位の積水化学からは、新谷仁美が出席。「今は普通の状態。明日にならないとわからないが、力を出し切って優勝を目指したい」と意気込んだ。明日は5区を担当。「個人の目標は区間賞。日頃から支えてくださる方々のためにもがんばりたい」と語った。 MGCを優勝し、一山とともにパリ五輪に内定した第一生命グループ・鈴木優花は「昨年はクイーンズ・エイト(8位)だったが、それを超えるタイム、良い順位でフィニッシュしたいです」。明日は3区を務めることになる。「スピードはまだないほうだと思っているが、マラソンで培ったものを粘り強さを出して走りたい」と抱負を口にした。 前回4位のエディオンからは、MGC3位の細田あいが会見に臨み、「MGC後に足に痛みが出て、チーム合流が遅れたが、できることはやってきました。自分の力を出し切ることに集中したいです。順位が決まるアンカーなので、しっかり追いたいし、追いつかれても抜かれないように走りたい」と話した。 前回5位のダイハツは、マラソンで8月のブダペスト世界選手権、10月にはMGCに出場した加世田梨花が3区を担当。「世界の舞台は刺激になったが、悔しい思いが一番大きく、それが成長につながった。明日は積極的かつスタミナを生かして、後半の選手のためにもと貯金を作りたい」と、ベストを尽くす走りを誓った。 レースは宮城県松島町文化観光交流館前をスタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)をフィニッシュとする6区間42.195kmで行われる。 各区間の距離は1区7.0km、2区4.2km、3区10.6km、4区3.6km、5区10.0km、6区6.795km。 スタートは12時15分。TBS系列で11時50分から生中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top