HOME 国内、高校

2023.11.10

澤田結弥が来年ルイジアナ州立大進学!U20世界選手権1500m入賞のダイヤモンドアスリート
澤田結弥が来年ルイジアナ州立大進学!U20世界選手権1500m入賞のダイヤモンドアスリート

澤田結弥

昨年のU20世界選手権女子1500mで6位に入賞した澤田結弥(浜松市立高・静岡)が、来年からルイジアナ州立大へ進学することがわかった。同大学陸上部のSNSで発表され、関係者への取材で明らかとなった。

澤田は当時バスケットボール部だった細江中3年時に全国中学生大会1500mで5位入賞。高校から本格的に陸上を始めると、1年時から3000mでインターハイに出場。昨年は日本選手権で1500m決勝進出(10位)を果たすと、U20世界選手権(コロンビア・カリ)1500mで高校歴代2位の4分12秒87をマークして6位入賞した。今年は世界クロカン代表に選ばれU20・6kmにも出場している。

その後、将来の国際的人材育成として期待できる選手として日本陸連のダイヤモンドアスリートに認定。リーダーシッププログラムや英会話など継続的にサポートを受けている。

今季は体調面でコンディションが整わずインターハイ欠場。秋に復帰して鹿児島特別国体にも出場し、県高校駅伝でも5区区間賞で優勝に貢献した。

昨年のU20世界選手権の活躍が目にとまり、いくつかの海外の大学からオファー。国内外を含めて見学に訪れて決めたという。

ルイジアナ州立大は米国ルイジアナ州バトンルージュにあり、1860年に創立された名門大学。大学のクラブは「ファイティング・タイガース」の愛称で親しまれ、陸上も全米トップクラスの成績を誇り、NCAAのディヴィジョン1(1部)。卒業生には棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)ら、在学中にも走高跳・走幅跳で活躍するジュボーン・ハリソン(米国)らがいる。

アメリカンフットボールでは4度全米チャンピオンに輝いているほか、野球やバスケットボールも強豪で知られ、NBAのシャキール・オニールの母校でもある。競泳、体操なども盛んだ。

昨年のダイヤモンドアスリート認定式の際に、修了生でもある女子やり投の北口榛花(JAL)からもらった「SNSなどで選手や指導者が解説などを公開していて、海外に行かなくても日本で見られると思う人もいるかもしれませんが、実際には言葉だけでは全部は理解できない。本物を見るために海外に出てほしい」という『金言』にも背中を押されたそうだ。

幼い頃から英会話に通い、ダイヤモンドアスリートのプログラムでも英語を積極的に取り組んできたため、語学面でもクリアしている。入学は来夏になる見込みだ。

無限の可能性を秘めたダイヤモンドの原石が海の向こうで自らを磨いていく。

昨年のU20世界選手権女子1500mで6位に入賞した澤田結弥(浜松市立高・静岡)が、来年からルイジアナ州立大へ進学することがわかった。同大学陸上部のSNSで発表され、関係者への取材で明らかとなった。 澤田は当時バスケットボール部だった細江中3年時に全国中学生大会1500mで5位入賞。高校から本格的に陸上を始めると、1年時から3000mでインターハイに出場。昨年は日本選手権で1500m決勝進出(10位)を果たすと、U20世界選手権(コロンビア・カリ)1500mで高校歴代2位の4分12秒87をマークして6位入賞した。今年は世界クロカン代表に選ばれU20・6kmにも出場している。 その後、将来の国際的人材育成として期待できる選手として日本陸連のダイヤモンドアスリートに認定。リーダーシッププログラムや英会話など継続的にサポートを受けている。 今季は体調面でコンディションが整わずインターハイ欠場。秋に復帰して鹿児島特別国体にも出場し、県高校駅伝でも5区区間賞で優勝に貢献した。 昨年のU20世界選手権の活躍が目にとまり、いくつかの海外の大学からオファー。国内外を含めて見学に訪れて決めたという。 ルイジアナ州立大は米国ルイジアナ州バトンルージュにあり、1860年に創立された名門大学。大学のクラブは「ファイティング・タイガース」の愛称で親しまれ、陸上も全米トップクラスの成績を誇り、NCAAのディヴィジョン1(1部)。卒業生には棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)ら、在学中にも走高跳・走幅跳で活躍するジュボーン・ハリソン(米国)らがいる。 アメリカンフットボールでは4度全米チャンピオンに輝いているほか、野球やバスケットボールも強豪で知られ、NBAのシャキール・オニールの母校でもある。競泳、体操なども盛んだ。 昨年のダイヤモンドアスリート認定式の際に、修了生でもある女子やり投の北口榛花(JAL)からもらった「SNSなどで選手や指導者が解説などを公開していて、海外に行かなくても日本で見られると思う人もいるかもしれませんが、実際には言葉だけでは全部は理解できない。本物を見るために海外に出てほしい」という『金言』にも背中を押されたそうだ。 幼い頃から英会話に通い、ダイヤモンドアスリートのプログラムでも英語を積極的に取り組んできたため、語学面でもクリアしている。入学は来夏になる見込みだ。 無限の可能性を秘めたダイヤモンドの原石が海の向こうで自らを磨いていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top