HOME 国内

2023.11.04

15年北京世界選手権リレー代表の谷口耕太郎が現役引退 アキレス腱断裂が響く ユニバ金などリレーで存在感
15年北京世界選手権リレー代表の谷口耕太郎が現役引退 アキレス腱断裂が響く ユニバ金などリレーで存在感

15年北京世界選手権4×100mR(左から谷口、長田、藤光、大瀨戸)

男子短距離の谷口耕太郎(凸版印刷)が現役を引退したことを自身のSNSで表明した。

谷口は1994年生まれ。11月3日で29歳になった。中2で野球から陸上に転向。中3時には全中200mで8位、ジュニア五輪6位と全国クラスで活躍した。神奈川・弥栄高3年時の新潟インターハイでは、同学年の大瀨戸一馬(小倉東高)、橋元晃志(川薩清修館高)、1学年下の桐生祥秀(洛南高)らとしのぎを削り、200mで21秒10の自己ベストを出して3位に入った。

2013年、中大に進学してすぐに関東インカレ4×100mリレーで優勝に貢献。個人はもちろん、リレーで大きな存在感を放っていく。7月に200mで当時U20日本歴代7位タイの20秒63をマーク。翌年には20秒45(当時・学生歴代10位)の好記録を叩き出す。日本インカレ4×100mリレーで初の全国タイトルを手にした。

3年時には世界リレー4×100mリレーで日本代表入り。大瀨戸、桐生、藤光謙司とバトンをつないで3位。北京世界選手権の出場権獲得に貢献いた。日本は世界大会において2008年北京五輪以来の表彰台だった。6月のアジア選手権では200mで代表入りして4位。7月のユニバーシアード4×100mリレーではアンカーを務め、大瀨戸、長田拓也、諏方達郎、谷口のオーダーで12年ぶりの金メダルを獲得した。

北京世界選手権でもリレー代表入りしている。同年の日本陸連アスレティックス・アワードでは優秀選手賞を受賞した。4年時は日本選手権200mで7位。4×100mリレーでは日本インカレを3度走り一度も負けないなど、『リレーの中大』の中心としてチームを牽引した。

17年に凸版印刷に入社。アジア選手権2大会連続代表入りして6位。2020年9月の練習中に左アキレス腱を断裂し、懸命にリハビリに励んで21年にレースに復帰したが本来の走りを取り戻すことはできなかった。今年5月の東日本実業団対抗100mが現役ラストランとなった。

自身のSNSで「勝てない人生」と題して思いを吐露。本人が「中学2年から陸上競技を始めて世界大会にも出場してきた。でも、一度も1位を取ったことがない」と綴ったように個人のタイトルとは不思議と縁がなかったが、それでもリレーでは絶大な信頼を得る走りは出色だった。復帰までの過程での葛藤を明かしつつ、「勝つことよりも、その道に挑戦し続けることの方が重要」だと思ったという。現在は社業に専念しており、誕生日だった11月3日に引退を表明した。

谷口は「勝てなかったが、良い陸上人生だった。支えてくださったすべての方への感謝と、競技を離れてもがきながらも頑張ってこられた経験を胸に、今日からまた頑張っていこうと思う」と感謝の言葉を綴っている。自己ベストは100m10秒37、200m20秒45。

100mの高校記録が18年ぶりに塗り替えられるなど、個性豊かなスプリンターがそろった1994年度生まれにあって、谷口もまた確かな存在感を放った忘れがたきスプリンターだった。

男子短距離の谷口耕太郎(凸版印刷)が現役を引退したことを自身のSNSで表明した。 谷口は1994年生まれ。11月3日で29歳になった。中2で野球から陸上に転向。中3時には全中200mで8位、ジュニア五輪6位と全国クラスで活躍した。神奈川・弥栄高3年時の新潟インターハイでは、同学年の大瀨戸一馬(小倉東高)、橋元晃志(川薩清修館高)、1学年下の桐生祥秀(洛南高)らとしのぎを削り、200mで21秒10の自己ベストを出して3位に入った。 2013年、中大に進学してすぐに関東インカレ4×100mリレーで優勝に貢献。個人はもちろん、リレーで大きな存在感を放っていく。7月に200mで当時U20日本歴代7位タイの20秒63をマーク。翌年には20秒45(当時・学生歴代10位)の好記録を叩き出す。日本インカレ4×100mリレーで初の全国タイトルを手にした。 3年時には世界リレー4×100mリレーで日本代表入り。大瀨戸、桐生、藤光謙司とバトンをつないで3位。北京世界選手権の出場権獲得に貢献いた。日本は世界大会において2008年北京五輪以来の表彰台だった。6月のアジア選手権では200mで代表入りして4位。7月のユニバーシアード4×100mリレーではアンカーを務め、大瀨戸、長田拓也、諏方達郎、谷口のオーダーで12年ぶりの金メダルを獲得した。 北京世界選手権でもリレー代表入りしている。同年の日本陸連アスレティックス・アワードでは優秀選手賞を受賞した。4年時は日本選手権200mで7位。4×100mリレーでは日本インカレを3度走り一度も負けないなど、『リレーの中大』の中心としてチームを牽引した。 17年に凸版印刷に入社。アジア選手権2大会連続代表入りして6位。2020年9月の練習中に左アキレス腱を断裂し、懸命にリハビリに励んで21年にレースに復帰したが本来の走りを取り戻すことはできなかった。今年5月の東日本実業団対抗100mが現役ラストランとなった。 自身のSNSで「勝てない人生」と題して思いを吐露。本人が「中学2年から陸上競技を始めて世界大会にも出場してきた。でも、一度も1位を取ったことがない」と綴ったように個人のタイトルとは不思議と縁がなかったが、それでもリレーでは絶大な信頼を得る走りは出色だった。復帰までの過程での葛藤を明かしつつ、「勝つことよりも、その道に挑戦し続けることの方が重要」だと思ったという。現在は社業に専念しており、誕生日だった11月3日に引退を表明した。 谷口は「勝てなかったが、良い陸上人生だった。支えてくださったすべての方への感謝と、競技を離れてもがきながらも頑張ってこられた経験を胸に、今日からまた頑張っていこうと思う」と感謝の言葉を綴っている。自己ベストは100m10秒37、200m20秒45。 100mの高校記録が18年ぶりに塗り替えられるなど、個性豊かなスプリンターがそろった1994年度生まれにあって、谷口もまた確かな存在感を放った忘れがたきスプリンターだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top