HOME 駅伝

2023.11.04

中大・藤原監督「初優勝にチャレンジしたい」3区吉居大和は「状態良い」/全日本大学駅伝
中大・藤原監督「初優勝にチャレンジしたい」3区吉居大和は「状態良い」/全日本大学駅伝

2023年全日本大学駅伝の前日会見に臨む中大の藤原正和監督

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。

今年の箱根駅伝で2位に入り、今季トラックでも大いに存在感を発揮した中大。藤原正和駅伝監督は「初優勝にチャレンジしたい」と高らかに宣言した。

出雲駅伝はエースの吉居大和(4年)を外して7位。10月は全体的に良い練習ができたようで、「吉居大和は良い状態で3区に置いている。7区のキャプテン・湯浅仁(4年)にも自信を持っています」とチーム状況について語った。

昨年度から学生駅伝では駒大が連勝を継続しており、「駒澤さんの山は高い」としながらも、「前半にスピードのある主力を固めているので、自分たちの駅伝にこだわっていきたい」とした。

1区から3区には、いずれも5000m13分30秒切りの吉居駿恭(2年)、中野翔太(4年)、吉居大を配置。これを受け、各校前半に主力を投入してくることが予想され、藤原監督は「1区、2区は大きな差はないと思うので、10秒から20秒くらいに数校がなだれ込む展開になるのでは」と予想。その上で「3区、4区でアドバンテージを得たい。自分たちの駅伝をどれだけやれるかが大事」とした。

中盤区間で補欠登録の溜池一太(2年)を投入する考えであることも明かす。中盤で先頭に立ち、自信を持つ7区で勝負を決めるつもりだ。

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。 今年の箱根駅伝で2位に入り、今季トラックでも大いに存在感を発揮した中大。藤原正和駅伝監督は「初優勝にチャレンジしたい」と高らかに宣言した。 出雲駅伝はエースの吉居大和(4年)を外して7位。10月は全体的に良い練習ができたようで、「吉居大和は良い状態で3区に置いている。7区のキャプテン・湯浅仁(4年)にも自信を持っています」とチーム状況について語った。 昨年度から学生駅伝では駒大が連勝を継続しており、「駒澤さんの山は高い」としながらも、「前半にスピードのある主力を固めているので、自分たちの駅伝にこだわっていきたい」とした。 1区から3区には、いずれも5000m13分30秒切りの吉居駿恭(2年)、中野翔太(4年)、吉居大を配置。これを受け、各校前半に主力を投入してくることが予想され、藤原監督は「1区、2区は大きな差はないと思うので、10秒から20秒くらいに数校がなだれ込む展開になるのでは」と予想。その上で「3区、4区でアドバンテージを得たい。自分たちの駅伝をどれだけやれるかが大事」とした。 中盤区間で補欠登録の溜池一太(2年)を投入する考えであることも明かす。中盤で先頭に立ち、自信を持つ7区で勝負を決めるつもりだ。

第55回全日本大学駅伝 出場校一覧をチェック!

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学   28大会連続30回目 青山学院大学 11大会連続13回目 順天堂大学  7大会連続28回目 國學院大學  9大会連続11回目 創価大学   2大会連続2回目 早稲田大学  17大会連続29回目 東洋大学   16大会連続31回目 中央大学   3大会連続30回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学  6大会連続30回目 <東北> 東北学院大学  13大会ぶり17回目 <関東> 城西大学    3大会ぶり10回目 大東文化大学  2大会連続44回目 東海大学    10大会連続36回目 東京国際大学  5大会連続5回目 東京農業大学  14大会ぶり20回目 帝京大学    2大会ぶり15回目 国士舘大学   7大会ぶり12回目 <北信越> 新潟大学    2年連続14回目 <東海> 名古屋大学   11年ぶり16回目 <関西> 大阪経済大学 3大会連続25回目 関西学院大学 5大会連続13回目 立命館大学  23大会連続35回目 関西大学   7大会ぶり13回目 <中国四国> 環太平洋大学 3大会連続4回目 <九州> 鹿児島大学 39大会ぶり9回目 <オープン> 日本学連選抜チーム 東海学連選抜チーム ■秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月5日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top