HOME 駅伝

2023.11.04

出雲駅伝準Vの創価大・榎木監督「チャンスがあれば優勝を」目標は3位以上/全日本大学駅伝
出雲駅伝準Vの創価大・榎木監督「チャンスがあれば優勝を」目標は3位以上/全日本大学駅伝

2023年全日本大学駅伝の前日会見に臨む創価大の榎木和貴監督

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。

前回大会は初出場ながら5位と健闘した創価大。榎木和貴監督は「3位以上」を目標に掲げた。

10月9日の出雲駅伝では過去最高の2位と健闘。「昨年この大会でシード権を獲得し、選考会が免除となったことで、上半期はスピード強化に充てることができました。5000m13分台を14名がクリアし、その上で夏にスタミナの土台を作ることができました」と、前回の成績が今季の成長につながたことを強調した。

前半重視、後半重視と各校で戦略が分かれるなか、榎木監督は「ウチは絶対的なエースがいないため、バランス型のオーダーにしています。前半は先頭が見える位置につけ、後半に向けて順位を上げていきたい」と狙いを口にした。

前回大会ではエースの葛西潤(現・旭化成)を2区に配置し、初出場ながらトップ中継を達成。「欲を言えば、今回もまた先頭に立つ場面があれば」と本音を吐露した。

2021年の箱根駅伝で総合2位となり、一気に強豪校へと突き進んだ創価大。「あの準優勝は狙っていたわけではなく、たまたま取れた順位。チャンスがあれば優勝を狙い、勝ち切るチームにしたい。箱根へのステップとして、明日の全日本に挑んでいきたい」と力強く語った。

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。 前回大会は初出場ながら5位と健闘した創価大。榎木和貴監督は「3位以上」を目標に掲げた。 10月9日の出雲駅伝では過去最高の2位と健闘。「昨年この大会でシード権を獲得し、選考会が免除となったことで、上半期はスピード強化に充てることができました。5000m13分台を14名がクリアし、その上で夏にスタミナの土台を作ることができました」と、前回の成績が今季の成長につながたことを強調した。 前半重視、後半重視と各校で戦略が分かれるなか、榎木監督は「ウチは絶対的なエースがいないため、バランス型のオーダーにしています。前半は先頭が見える位置につけ、後半に向けて順位を上げていきたい」と狙いを口にした。 前回大会ではエースの葛西潤(現・旭化成)を2区に配置し、初出場ながらトップ中継を達成。「欲を言えば、今回もまた先頭に立つ場面があれば」と本音を吐露した。 2021年の箱根駅伝で総合2位となり、一気に強豪校へと突き進んだ創価大。「あの準優勝は狙っていたわけではなく、たまたま取れた順位。チャンスがあれば優勝を狙い、勝ち切るチームにしたい。箱根へのステップとして、明日の全日本に挑んでいきたい」と力強く語った。

第55回全日本大学駅伝 出場校一覧をチェック!

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学   28大会連続30回目 青山学院大学 11大会連続13回目 順天堂大学  7大会連続28回目 國學院大學  9大会連続11回目 創価大学   2大会連続2回目 早稲田大学  17大会連続29回目 東洋大学   16大会連続31回目 中央大学   3大会連続30回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学  6大会連続30回目 <東北> 東北学院大学  13大会ぶり17回目 <関東> 城西大学    3大会ぶり10回目 大東文化大学  2大会連続44回目 東海大学    10大会連続36回目 東京国際大学  5大会連続5回目 東京農業大学  14大会ぶり20回目 帝京大学    2大会ぶり15回目 国士舘大学   7大会ぶり12回目 <北信越> 新潟大学    2年連続14回目 <東海> 名古屋大学   11年ぶり16回目 <関西> 大阪経済大学 3大会連続25回目 関西学院大学 5大会連続13回目 立命館大学  23大会連続35回目 関西大学   7大会ぶり13回目 <中国四国> 環太平洋大学 3大会連続4回目 <九州> 鹿児島大学 39大会ぶり9回目 <オープン> 日本学連選抜チーム 東海学連選抜チーム ■秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月5日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

5000m廣中璃梨佳が出場取り止め 青木益未、佐藤圭汰らも欠場へ 日本選手権正式エントリー発表

日本陸連は6月21日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)の正式エントリー選手を発表した。 日本選手権は6月7日まで参加申し込みが行われ、14日に […]

NEWS 七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top