HOME 駅伝

2023.10.30

苦難、重圧乗り越えつかんだ7連覇!女王・名城大「この優勝がまた強くしてくれる」/全日本大学女子駅伝
苦難、重圧乗り越えつかんだ7連覇!女王・名城大「この優勝がまた強くしてくれる」/全日本大学女子駅伝

23年全日本大学女子駅伝で7連覇を達成した名城大

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・6区間38.0km)

第41回全日本大学女子駅伝が行われ、フィニッシュは前回までとは違う弘進ゴムアスリートパークに変更されたが、最も速くゴールテープを切ったのは、今年もエンジのユニフォームだった。3区で首位に立った女王・名城大が2時間4分29秒で7連覇。通算8回目の優勝を飾った。

1区の米澤奈々香(2年)が、区間賞で全日本デビューを果たした前回同様、スターターを務めた。今季は故障が相次ぎ、6月以来となる実戦レースに、「夏に練習を積めなかったので、不安や焦りがあった」と明かす。だが、終始、集団の前方でレースを進め、最後まで立命大・村松灯(3年)と区間賞争いをする粘りを見せた。

2位でタスキを受けた力丸楓(1年)は、地元の仙台一高出身。高校3年生だった1年前は、沿道で名城大の強さを目の当たりにし、「こんなに強いチームで自分は来年からやっていけるんだろうか」と感じていたという。それでも、3km過ぎに首位を奪った後、「ラスト1kmぐらいから進まなかった」と立命大に再逆転を許したが、「高校の後輩や支えてくださった方の声援を力に変えて、持てる力を出し切れた」と2位をキープする。

前回2区で区間賞を獲得した3区の石松愛朱加(2年)は、シーズンを通して故障者が多かったチームの中で、離脱することなくチームを引っ張ってきた数少ない選手の1人。チームメイトに伝えていたのは、「どの順位で来ても、私が何とかするから大丈夫」という力強い言葉。それを表現するかのように、6秒前に走り始めた立命大を1km過ぎに捕らえると、3.2kmで一気に引き離し、逆に31秒のリードを奪った。

名城大の米田勝朗監督が描いたプランが、「3区の石松のところで先頭に立ってほしい」。この日、20歳の誕生日を迎えた石松が区間賞の快走でそれに応え、チームを勢いづけた。

「名城大にすごくあこがれがあった」と今春入学した薮谷奈瑠(1年)は、「そのぶん、今までにないぐらい緊張してしまった」と、立命大に13秒差に追い上げられた。
「5区には強い選手が集まってくる。もし自分が抜かれて7連覇を途絶えさせてしまったらどうしようと不安だった」と話す原田紗希(2年)も、2位に浮上していた大東大のサラ・ワンジル(1年)に少しずつ差を詰められていた。

薮谷と原田はいずれも区間4位。米田監督は5区終了時点で追いかける展開も想定していたが、全日本初出場の2人が首位を明け渡すことはなかった。そのあたりにも女王のプライド、名城大の強さが垣間見える。

2年連続4区区間賞の谷本七星(3年)が今回は最終区を任されたのは、アンカー勝負を見据えてのことだった。それだけ米田監督やチームメイトから絶対的な信頼を寄せられていた。

原田からトップでタスキを受けた時は、2位・大東大とは15秒の貯金しかなかったが、谷本は「気持ち良くスタートできた」と言う。走りながら頭に浮かんでいたのは、「今まで一緒にがんばってきたメンバーの顔」だった。「早くみんなが待つゴールへ」という思いが、激しい2位争いを繰り広げる立命大と大東大を大きく引き離す原動力になったのかもしれない。

故障や不調、連覇を続けてきたゆえの重圧もあっただろう。苦しんで苦しんで、ようやくつかんだ栄冠だった。レース後の米澤の言葉が印象的だ。

「去年以上に厳しい状況だったからこそ、チームとして優勝できたのは本当にうれしくて、終わった後は安堵の涙が出ました」

米田監督は「選手たちが想定以上にがんばってくれました。みんなの気持ちが一つになって、この結果を残すことができました」と奮闘した選手を称えた。そして、「この優勝が来年度以降、彼女たちをまたさらに強くしてくれる」とも語る。

その言葉には、これでもなお、「ここが終着点ではない」という決意のような思いが感じられた。

文/小野哲史

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・6区間38.0km) 第41回全日本大学女子駅伝が行われ、フィニッシュは前回までとは違う弘進ゴムアスリートパークに変更されたが、最も速くゴールテープを切ったのは、今年もエンジのユニフォームだった。3区で首位に立った女王・名城大が2時間4分29秒で7連覇。通算8回目の優勝を飾った。 1区の米澤奈々香(2年)が、区間賞で全日本デビューを果たした前回同様、スターターを務めた。今季は故障が相次ぎ、6月以来となる実戦レースに、「夏に練習を積めなかったので、不安や焦りがあった」と明かす。だが、終始、集団の前方でレースを進め、最後まで立命大・村松灯(3年)と区間賞争いをする粘りを見せた。 2位でタスキを受けた力丸楓(1年)は、地元の仙台一高出身。高校3年生だった1年前は、沿道で名城大の強さを目の当たりにし、「こんなに強いチームで自分は来年からやっていけるんだろうか」と感じていたという。それでも、3km過ぎに首位を奪った後、「ラスト1kmぐらいから進まなかった」と立命大に再逆転を許したが、「高校の後輩や支えてくださった方の声援を力に変えて、持てる力を出し切れた」と2位をキープする。 前回2区で区間賞を獲得した3区の石松愛朱加(2年)は、シーズンを通して故障者が多かったチームの中で、離脱することなくチームを引っ張ってきた数少ない選手の1人。チームメイトに伝えていたのは、「どの順位で来ても、私が何とかするから大丈夫」という力強い言葉。それを表現するかのように、6秒前に走り始めた立命大を1km過ぎに捕らえると、3.2kmで一気に引き離し、逆に31秒のリードを奪った。 名城大の米田勝朗監督が描いたプランが、「3区の石松のところで先頭に立ってほしい」。この日、20歳の誕生日を迎えた石松が区間賞の快走でそれに応え、チームを勢いづけた。 「名城大にすごくあこがれがあった」と今春入学した薮谷奈瑠(1年)は、「そのぶん、今までにないぐらい緊張してしまった」と、立命大に13秒差に追い上げられた。 「5区には強い選手が集まってくる。もし自分が抜かれて7連覇を途絶えさせてしまったらどうしようと不安だった」と話す原田紗希(2年)も、2位に浮上していた大東大のサラ・ワンジル(1年)に少しずつ差を詰められていた。 薮谷と原田はいずれも区間4位。米田監督は5区終了時点で追いかける展開も想定していたが、全日本初出場の2人が首位を明け渡すことはなかった。そのあたりにも女王のプライド、名城大の強さが垣間見える。 2年連続4区区間賞の谷本七星(3年)が今回は最終区を任されたのは、アンカー勝負を見据えてのことだった。それだけ米田監督やチームメイトから絶対的な信頼を寄せられていた。 原田からトップでタスキを受けた時は、2位・大東大とは15秒の貯金しかなかったが、谷本は「気持ち良くスタートできた」と言う。走りながら頭に浮かんでいたのは、「今まで一緒にがんばってきたメンバーの顔」だった。「早くみんなが待つゴールへ」という思いが、激しい2位争いを繰り広げる立命大と大東大を大きく引き離す原動力になったのかもしれない。 故障や不調、連覇を続けてきたゆえの重圧もあっただろう。苦しんで苦しんで、ようやくつかんだ栄冠だった。レース後の米澤の言葉が印象的だ。 「去年以上に厳しい状況だったからこそ、チームとして優勝できたのは本当にうれしくて、終わった後は安堵の涙が出ました」 米田監督は「選手たちが想定以上にがんばってくれました。みんなの気持ちが一つになって、この結果を残すことができました」と奮闘した選手を称えた。そして、「この優勝が来年度以降、彼女たちをまたさらに強くしてくれる」とも語る。 その言葉には、これでもなお、「ここが終着点ではない」という決意のような思いが感じられた。 文/小野哲史

女王・名城大 7連覇メンバーの成績をチェック

1区(6.6km) 米澤奈々香(2年) 21.24(区間2位) 2区(4.0km) 力丸 楓(1年) 12.58(区間2位) 3区(5.8km) 石松愛朱加(2年) 18.52(区間1位) 4区(4.8km) 薮谷奈瑠(1年) 16.11(区間4位) 5区(9.2km) 原田紗希(2年) 30.18(区間4位) 6区(7.6km) 谷本七星(3年) 24.46(区間1位)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top