HOME 国内

2023.10.29

ヘンプヒル恵 22年日本選手権以来の七種競技5356点で来季に弾み
ヘンプヒル恵 22年日本選手権以来の七種競技5356点で来季に弾み

ヘンプヒル恵と水谷佳歩

10月28、29日に中京大土曜競技会が行われ、女子七種競技にヘンプヒル恵(アトレ)が出場し、今季日本リスト6位となる5356点をマークした。

昨年の日本選手権で5年ぶり(4度目)に女王の座に返り咲いたヘンプヒル。今季シーズンイン直前で膝の違和感があり、シーズン前半は試合に出場せず。日本選手権も見送った。

10月にようやく実戦復帰し、記録会に出場してはいたものの、これが1年4ヵ月ぶりの七種競技。1種目めの100mハードルを13秒75(+1.9)でスタートすると、砲丸投ではセカンドベストとなる12m15をプット。収穫と課題を得る大会となった。

2017年、2020年と膝の大ケガを負いながら這い上がってきた不屈の女王が、来季に向けて大きな弾みとなる一歩を踏み出した。

2位に入った水谷佳歩(中京大院)も5241点と2年ぶりに自己記録を更新して初の5200点超え。また、男子十種競技では、山下朋紀(長谷工グループ)が7154点でトップ、棒高跳で5m70の記録を持つ石川拓磨(東京海上日動CS)が初十種ながら7142点と驚異的な能力を発揮して2位だった。リオ五輪代表の中村明彦(スズキ)は母校で最後の十種競技に出場。6965点の4位だった。

10月28、29日に中京大土曜競技会が行われ、女子七種競技にヘンプヒル恵(アトレ)が出場し、今季日本リスト6位となる5356点をマークした。 昨年の日本選手権で5年ぶり(4度目)に女王の座に返り咲いたヘンプヒル。今季シーズンイン直前で膝の違和感があり、シーズン前半は試合に出場せず。日本選手権も見送った。 10月にようやく実戦復帰し、記録会に出場してはいたものの、これが1年4ヵ月ぶりの七種競技。1種目めの100mハードルを13秒75(+1.9)でスタートすると、砲丸投ではセカンドベストとなる12m15をプット。収穫と課題を得る大会となった。 2017年、2020年と膝の大ケガを負いながら這い上がってきた不屈の女王が、来季に向けて大きな弾みとなる一歩を踏み出した。 2位に入った水谷佳歩(中京大院)も5241点と2年ぶりに自己記録を更新して初の5200点超え。また、男子十種競技では、山下朋紀(長谷工グループ)が7154点でトップ、棒高跳で5m70の記録を持つ石川拓磨(東京海上日動CS)が初十種ながら7142点と驚異的な能力を発揮して2位だった。リオ五輪代表の中村明彦(スズキ)は母校で最後の十種競技に出場。6965点の4位だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top