HOME 国内

2023.10.29

中村明彦 母校・中京大で最後の十種競技「ありがとうございましたでは足りない」
中村明彦 母校・中京大で最後の十種競技「ありがとうございましたでは足りない」

中村明彦の引退試合。多くの関係者に見送られた

今季限りで現役を引退する男子十種競技でリオ五輪代表の中村明彦(スズキ)が、10月28、29日に母校で行われた中京大土曜競技会に出場。最後の十種競技は6965点の4位だった。

愛知・岡崎城西高では八種競技でインターハイに優勝。中京大時代に400mハードルでロンドン五輪(12年)に出場した後、改めて十種競技に本格挑戦し、14年には日本人2人目の8000点超え。同年、右代啓祐とともにアジア大会に出場して銀メダルを獲得。2016年の日本選手権では8180点の自己ベストを叩き出して参加標準記録を突破して初優勝し、リオ五輪代表を勝ち取った。

広告の下にコンテンツが続きます

近年はケガなどに苦しみ、今年の日本選手権を前に現役引退を表明。今年の日本選手権では脚を痛めながら最後まで戦い抜き、「最後は母校で十種競技をしたい」とリハビリの後にトレーニングしてこの日を迎えた。

後輩や中京大で同期だった盟友・二枚田一平も2年ぶりに十種競技に参戦。2日目の棒高跳の4m50は3回目にクリアするなど、これまで見せてきた勝負強さを発揮して、大きな拍手が沸き起こった。

家族、仲間、チームスタッフ、学生たちなど種目を問わず応援に駆けつけ、得意としてきた最後の1500mは大歓声の中でフィニッシュ。抱えきれないほどの花束やプレゼントを手に涙を浮かべる。

中村は「ずっと支えていただき、ともに汗を流してくださってありがとうございました。一番近くで支えてくれた家族、スズキ、中京大だったり、本当にたくさんの方のサポートでここまでやってこられました。後半はつらい競技人生だったと思いますが、こんなに集まってくださと思っていなくて幸せだったのに自分でつらくしていたのかな。ありがとうございましたという言葉では足りないですが、それ以上の言葉が見つからない。ありがとうございました」と締めくくった。

広告の下にコンテンツが続きます

日本選手権で16、17、20、21年と4度の優勝。日本十種競技の偉大なキングは、その人柄を象徴するようにたくさんの笑顔に囲まれて戦場を後にした。

今季限りで現役を引退する男子十種競技でリオ五輪代表の中村明彦(スズキ)が、10月28、29日に母校で行われた中京大土曜競技会に出場。最後の十種競技は6965点の4位だった。 愛知・岡崎城西高では八種競技でインターハイに優勝。中京大時代に400mハードルでロンドン五輪(12年)に出場した後、改めて十種競技に本格挑戦し、14年には日本人2人目の8000点超え。同年、右代啓祐とともにアジア大会に出場して銀メダルを獲得。2016年の日本選手権では8180点の自己ベストを叩き出して参加標準記録を突破して初優勝し、リオ五輪代表を勝ち取った。 近年はケガなどに苦しみ、今年の日本選手権を前に現役引退を表明。今年の日本選手権では脚を痛めながら最後まで戦い抜き、「最後は母校で十種競技をしたい」とリハビリの後にトレーニングしてこの日を迎えた。 後輩や中京大で同期だった盟友・二枚田一平も2年ぶりに十種競技に参戦。2日目の棒高跳の4m50は3回目にクリアするなど、これまで見せてきた勝負強さを発揮して、大きな拍手が沸き起こった。 家族、仲間、チームスタッフ、学生たちなど種目を問わず応援に駆けつけ、得意としてきた最後の1500mは大歓声の中でフィニッシュ。抱えきれないほどの花束やプレゼントを手に涙を浮かべる。 中村は「ずっと支えていただき、ともに汗を流してくださってありがとうございました。一番近くで支えてくれた家族、スズキ、中京大だったり、本当にたくさんの方のサポートでここまでやってこられました。後半はつらい競技人生だったと思いますが、こんなに集まってくださと思っていなくて幸せだったのに自分でつらくしていたのかな。ありがとうございましたという言葉では足りないですが、それ以上の言葉が見つからない。ありがとうございました」と締めくくった。 日本選手権で16、17、20、21年と4度の優勝。日本十種競技の偉大なキングは、その人柄を象徴するようにたくさんの笑顔に囲まれて戦場を後にした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top