HOME 高校

2023.10.29

薫英女学院が1時間9分35秒で18年連続優勝! 男子は関大北陽がエース・七枝直の力走で4年ぶり8回目のV/大阪府高校駅伝
薫英女学院が1時間9分35秒で18年連続優勝! 男子は関大北陽がエース・七枝直の力走で4年ぶり8回目のV/大阪府高校駅伝

23年大阪府高校駅伝で優勝した女子の薫英女学院(小田美月)と男子の関大北陽(大濵優輝)

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた大阪府高校駅伝が10月28日、ヤンマースタジアム長居を発着点とする長居公園周回コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は薫英女学院が1区から1度も先頭を許らず1時間9分35秒で18連覇を達成。男子(7区間42.195km)は3連覇を狙った清風を5区で逆転した関大北陽が2時間9分33秒で4年ぶり8度目の頂点に立った。

31校が出場した女子は、1区(6km)の終盤で薫英女学院の2年生エース・塚本夕藍が抜け出し流れをつかむと、4区まで連続区間賞と危なげない走りで後続との差を広げ快勝。「1、2年中心の若いチームだけあり、不安もありましたが現時点でのベストオーダーで臨むことができました。1区で主導権を握れたことが大きかったですね」と安田功監督もホッと胸をなで下ろす。

これまで大阪府内では圧倒的な強さを誇っていたが、インターハイ路線を軸にトラックでは前回2位の東大阪大敬愛が力を付けてきており、今回は接戦も予想されたなかでのレース。それでも、「敬愛が強いのはわかっていましたが、私たちも秋以降、チーム状態も上がり勢いがあったので自信を持って臨むことができた」と3年生としてただ一人メンバー入りし、4区(3km)で区間賞(9分45秒)を獲得した向井友希は話す。

その言葉通り、序盤でリードを広げ全国切符を手にした。ただ、1区の塚本は「1時間8分台を狙っていたので満足のいく結果ではありません。私も水本先輩(佳菜/現・エディオン)のタイム(19分17秒)より30秒遅かったです」と悔しさを口にし、「ここからチーム全体でもう一段階底上げして、都大路では優勝争いができるように仕上げていきたいです」と気を引き締める。「何が起こるか分からないのが駅伝。昨年は力が入り過ぎ故障者を出してしまった。今年は駅伝に向けじっくりチームを作ってきた。府大会でしっかり勝ち切れたのは良かった」と安田監督は話す。昨年の都大路1区で区間賞を獲得した水本のような絶対的エースは不在なものの、伝統の総合力は健在。若い力で都大路でも旋風を巻き起こすつもりだ。

一方、薫英女学院に挑んだ東大阪大敬愛は1区で想定以上に遅れ、1分11秒差の2位。「2区の北村(凛・2年)が直前で故障し、ギリギリ間に合ったという状況で本来のオーダーを組むことができなかった」と野口雅嗣監督。5区(5区)でインターハイ800m優勝の久保凛(1年)が区間賞(16分23秒)を獲得して一矢報いたものの、薫英女学院の壁は高かった。北村の故障はあったが、チーム状態は上昇してきていると言い、「近畿大会でしっかり切符をつかみたい」と巻き返しを誓った。

40校が参加した男子は、関大北陽が1区(10km)で先頭から53秒差の6位と出遅れたものの、4区(8.0875Km)で5000m13分52秒18のベストを持つ七枝直(3年)が区間賞(24分41秒)の力走。トップまで8秒差と詰め寄ると5区(3km)の田畑里空(1年)が先頭の清風を逆転。七枝は「自分のところで流れを変えるつもりで走りました」とエースの使命を果たす走りで流れを引き寄せ、4年ぶりの栄冠をつかんだ。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

文/花木 雫

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた大阪府高校駅伝が10月28日、ヤンマースタジアム長居を発着点とする長居公園周回コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は薫英女学院が1区から1度も先頭を許らず1時間9分35秒で18連覇を達成。男子(7区間42.195km)は3連覇を狙った清風を5区で逆転した関大北陽が2時間9分33秒で4年ぶり8度目の頂点に立った。 31校が出場した女子は、1区(6km)の終盤で薫英女学院の2年生エース・塚本夕藍が抜け出し流れをつかむと、4区まで連続区間賞と危なげない走りで後続との差を広げ快勝。「1、2年中心の若いチームだけあり、不安もありましたが現時点でのベストオーダーで臨むことができました。1区で主導権を握れたことが大きかったですね」と安田功監督もホッと胸をなで下ろす。 これまで大阪府内では圧倒的な強さを誇っていたが、インターハイ路線を軸にトラックでは前回2位の東大阪大敬愛が力を付けてきており、今回は接戦も予想されたなかでのレース。それでも、「敬愛が強いのはわかっていましたが、私たちも秋以降、チーム状態も上がり勢いがあったので自信を持って臨むことができた」と3年生としてただ一人メンバー入りし、4区(3km)で区間賞(9分45秒)を獲得した向井友希は話す。 その言葉通り、序盤でリードを広げ全国切符を手にした。ただ、1区の塚本は「1時間8分台を狙っていたので満足のいく結果ではありません。私も水本先輩(佳菜/現・エディオン)のタイム(19分17秒)より30秒遅かったです」と悔しさを口にし、「ここからチーム全体でもう一段階底上げして、都大路では優勝争いができるように仕上げていきたいです」と気を引き締める。「何が起こるか分からないのが駅伝。昨年は力が入り過ぎ故障者を出してしまった。今年は駅伝に向けじっくりチームを作ってきた。府大会でしっかり勝ち切れたのは良かった」と安田監督は話す。昨年の都大路1区で区間賞を獲得した水本のような絶対的エースは不在なものの、伝統の総合力は健在。若い力で都大路でも旋風を巻き起こすつもりだ。 一方、薫英女学院に挑んだ東大阪大敬愛は1区で想定以上に遅れ、1分11秒差の2位。「2区の北村(凛・2年)が直前で故障し、ギリギリ間に合ったという状況で本来のオーダーを組むことができなかった」と野口雅嗣監督。5区(5区)でインターハイ800m優勝の久保凛(1年)が区間賞(16分23秒)を獲得して一矢報いたものの、薫英女学院の壁は高かった。北村の故障はあったが、チーム状態は上昇してきていると言い、「近畿大会でしっかり切符をつかみたい」と巻き返しを誓った。 40校が参加した男子は、関大北陽が1区(10km)で先頭から53秒差の6位と出遅れたものの、4区(8.0875Km)で5000m13分52秒18のベストを持つ七枝直(3年)が区間賞(24分41秒)の力走。トップまで8秒差と詰め寄ると5区(3km)の田畑里空(1年)が先頭の清風を逆転。七枝は「自分のところで流れを変えるつもりで走りました」とエースの使命を果たす走りで流れを引き寄せ、4年ぶりの栄冠をつかんだ。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top