HOME 駅伝

2023.10.24

7連覇狙う名城大は増渕祐香、谷本七星ら充実の布陣 初V期待の大東大は1年生6人エントリー 拓大・不破聖衣来はメンバー外れる/全日本大学女子駅伝エントリー
7連覇狙う名城大は増渕祐香、谷本七星ら充実の布陣 初V期待の大東大は1年生6人エントリー 拓大・不破聖衣来はメンバー外れる/全日本大学女子駅伝エントリー

全日本大学女子駅伝にエントリーした大東大・野田真理耶、名城大・谷本七星・日体大山﨑りさ

10月29日に開催される第41回全日本大学女子駅伝の実行委員会が大会のエントリー選手を発表した。

前回大会で史上初の6連覇を達成した名城大は、昨年まで主軸を担った小林成美(現・三井住友海上)、山本有真(現・積水化学)が卒業したものの、2年連続で区間記録を樹立した谷本七星(3年)と増渕祐香(4年)がチームを牽引。前回1区、2区で区間賞を獲得している米澤奈々香(2年)、石松愛朱加(2年)も順当に登録されている。

9月の関東大学女子駅伝を制して、初優勝に向けての機運が高まっている大東大は10人中6人が1年生、2年生、3年生がそれぞれ2人ずつという若い布陣となった。U20日本選手権5000m優勝の野田真理耶(1年)や留学生のサラ・ワンジル(1年)を軸に、主将・四元桃奈(3年)らがエントリーした。

日体大はワールドユニバーシティゲームズ5000m銅メダルの山﨑りさ(3年)、実績豊富な保坂晴子(4年)、嶋田桃子(3年)など力のある上級生が揃う。前回準優勝の立命大は村松灯(3年)、日本インカレ10000m4位の福永楓花(3年)が名を連ねる。

このほか、大阪学大は永長里緒(3年)を中心に上位進出を目指し、大阪芸大はユニバのハーフマラソンで金メダルに輝いた北川星瑠(4年)がチームを引っ張る。

一方、前回5位の拓大は故障の影響で不破聖衣来(3年)がメンバー入りできず。五十嵐利治監督は「練習はできているが、無理はさせない」と話しており、「不破に頼らないでシード権を取ろう」と総合力で全日本に挑む。

第41回全日本大学女子駅伝は10月29日に宮城県仙台市で実施。前回からコース(6区間38.0km)の一部が変更となり、スタート、フィニッシュはともに弘進ゴムアスリートパーク仙台となり、オープン参加の東北学連選抜チームを含む26チームが参加して行われる。

10月29日に開催される第41回全日本大学女子駅伝の実行委員会が大会のエントリー選手を発表した。 前回大会で史上初の6連覇を達成した名城大は、昨年まで主軸を担った小林成美(現・三井住友海上)、山本有真(現・積水化学)が卒業したものの、2年連続で区間記録を樹立した谷本七星(3年)と増渕祐香(4年)がチームを牽引。前回1区、2区で区間賞を獲得している米澤奈々香(2年)、石松愛朱加(2年)も順当に登録されている。 9月の関東大学女子駅伝を制して、初優勝に向けての機運が高まっている大東大は10人中6人が1年生、2年生、3年生がそれぞれ2人ずつという若い布陣となった。U20日本選手権5000m優勝の野田真理耶(1年)や留学生のサラ・ワンジル(1年)を軸に、主将・四元桃奈(3年)らがエントリーした。 日体大はワールドユニバーシティゲームズ5000m銅メダルの山﨑りさ(3年)、実績豊富な保坂晴子(4年)、嶋田桃子(3年)など力のある上級生が揃う。前回準優勝の立命大は村松灯(3年)、日本インカレ10000m4位の福永楓花(3年)が名を連ねる。 このほか、大阪学大は永長里緒(3年)を中心に上位進出を目指し、大阪芸大はユニバのハーフマラソンで金メダルに輝いた北川星瑠(4年)がチームを引っ張る。 一方、前回5位の拓大は故障の影響で不破聖衣来(3年)がメンバー入りできず。五十嵐利治監督は「練習はできているが、無理はさせない」と話しており、「不破に頼らないでシード権を取ろう」と総合力で全日本に挑む。 第41回全日本大学女子駅伝は10月29日に宮城県仙台市で実施。前回からコース(6区間38.0km)の一部が変更となり、スタート、フィニッシュはともに弘進ゴムアスリートパーク仙台となり、オープン参加の東北学連選抜チームを含む26チームが参加して行われる。

第41回全日本大学女子駅伝の主なチームのエントリー選手

■名城大 増渕祐香(4年) 谷本七星(3年) 石松愛朱加(2年) 柳樂あずみ(2年) 原田紗希(2年) 米澤奈々香(2年) 瀬木彩花(1年) 薮谷奈瑠(1年) 山田未唯(1年) 力丸楓(1年) ■立命大 小林朝(4年) 中地こころ(3年) 福永楓花(3年) 村松灯(3年) 村松結(2年) 荒田悠良(1年) 太田咲雪(1年) 瀨川藍(1年) 西本穂乃香(1年) ■大阪学大 佐藤千紘(4年) 山中ほの香(4年) 永長里緒(4年) 小林舞妃留(3年) 依田来巳(3年) 鎌田幸来(2年) 山下彩菜(2年) 北野寧々(1年) 千葉妃華(1年) 依田采巳(1年) ■大東大 四元桃奈(3年) 藤原唯奈(3年) 川瀬真由(2年) 川辺千聖(2年) サラワンジル(1年) 蔦野萌々香(1年) 野田真理耶(1年) 平尾暁絵(1年) 森彩純(1年) 吉井優唯(1年) ■拓大 土井菜摘(4年) 門脇奈穂(3年) 片桐紫音(3年) 新井沙希(2年) 古澤日菜向(2年) 山田愛(2年) 池主茉弥(2年) 岩崎麻知子(1年) 小野真緒(1年) 赤羽真衣佳(1年) ■日体大 保坂晴子(4年) 尾方唯莉(3年) 齋藤みう(3年) 嶋田桃子(3年) 山﨑りさ(3年) 小島彩乃(2年) 柳井桜子(2年) 佐藤悠花(1年) 田中希実(1年) 渡邉珠有(1年) ■城西大 金子陽向(2年) 木村桜華(3年) 村上礼乃(4年) 田代なのは(3年) 兼子心晴(2年) 髙橋葵(2年) 石川苺(1年) 澤井風月(1年) 白木ひなの(1年) 鈴木優菜(1年) ■関大 飯島果琳(4年) 磯野美空(4年) 近藤来那(4年) 石松空(3年) 伐栗夢七(3年) 有田茉合香(2年) 池﨑萌絵(2年) 岩本風音(2年) 武田真音(1年) 前田彩花(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top