HOME 国内

2023.10.23

東京五輪リレー代表の齋藤愛美が現役引退「幸せな競技人生でした」200mでU20日本記録樹立、地元インターハイ3冠の偉業
東京五輪リレー代表の齋藤愛美が現役引退「幸せな競技人生でした」200mでU20日本記録樹立、地元インターハイ3冠の偉業

現役引退を発表した齋藤愛美(中央)。倉敷中央の先輩・三宅真理奈と兒玉芽生とスリーショット

女子4×100mリレー代表で、200mU20日本記録保持者の齋藤愛美(大阪成蹊AC)が今季限りでの引退を決めた。

齋藤は岡山県出身の24歳。小2から陸上クラブに通いながら、サッカーやバレーボールも経験した。高梁中時代に200mで全中8位と頭角を現わす。名門・倉敷中央高に進学すると、森定照広先生のもとで大きく成長。1年時には岡山県大会で24秒17(当時・高1歴代6位)をマークして世界ユース選手権に出場し、準決勝に進出した。

広告の下にコンテンツが続きます

インターハイに出場すると、200mであこがれの先輩・三宅真里奈とともに決勝に進み、ケガを抱えながら8位入賞を果たし、4×100mリレーでも3位入賞した。秋には国体、日本ユースと100mで2冠を獲得している。

圧巻だったのが高2シーズン。織田記念、静岡国際でシニア交じって結果を残すと、リオ五輪を目指すリレーメンバーで代表入り。セイコーゴールデングランプリで1走を務めた。日本選手権の200mでは23秒46をマーク。当時“不滅”と言われていた中村宝子(浜松西高)のU20日本記録(23秒48)を10年ぶりに更新した。100m、200mともに福島千里に次ぐ2位と躍進。一躍ブレークを果たす。

そうして迎えたのが地元・岡山インターハイ。向かい風に記録は阻まれたが、インターハイ史上5人目となる女子100m、200m、4×100mリレーとの3冠を達成し、大会最優秀選手にも選ばれた。秋には国体100mを11秒57(当時・高2歴代2位)で制すと、日本ユース選手権では100m・200m・4×100mリレーで優勝。日本ユース200mでは自身のU20日本記録を0.01秒塗り替える23秒45を叩き出した。この記録は今もU20・U18・高校記録として残る。

高3時はプレッシャーやケガに泣いたがU20日本選手権100mのタイトルをゲット。卒業前ラストレースだった日本室内60mでは土井杏南(埼玉栄高、現・JAL)が持っていたU20日本室内記録を0.01秒塗り替える7秒39で優勝するなど、同学年の兒玉芽生(大分雄城台高、現・ミズノ)とともに世代を牽引した。

広告の下にコンテンツが続きます

大阪成蹊大に進学し、瀧谷賢司監督の指導を受けると、高校時代の実績からくる重圧に悩まされながらも2年時に日本選手権200m3位、日本インカレ100m3位・200m優勝と復活を遂げる。4年時には世界リレーで3走を務めて4位となり東京五輪の出場権獲得に貢献すると、日本選手権で100m4位・200m3位となり、東京五輪代表に選出。夢だったオリンピックの舞台に立ち、盟友・兒玉とバトンをつないで43秒44をマークした。秋には日本インカレ200mを2年ぶりに制している。

大阪成蹊大の職員として競技を続けてきたが、試合になるとなかなか本来の走りができず腰の痛みもあって苦しい日々を過ごした。今年の日本選手権は100m、200mともに決勝に進めず。10月21、22日に地元で開かれた岡山カーニバルをラストレースと決め、100m5位、200m2位だった。

齋藤は「たくさん考えて現役引退を決めました。やりきりました。短いですが、幸せな競技人生でした。感謝の気持ちを走りで伝えられたらと思っていたので、地元をラストレースに選んで良かったです」とコメントを寄せた。

「目立つのが苦手」が口癖だった少女は、日の丸を背負って地元五輪に出場し、過去の自分に何度跳ね返されても立ち向かい走り続けてきた。100m、200mともに高2の偉大な記録はついに破ることはできなかったが、その記録以上に、あきらめずに走り続けた姿は女子スプリンターたちに決して小さくない影響を与えてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

倉敷中央高のスローガンの通り、『夢 叶う』を体現した齋藤愛美。何度も駆け抜け、インターハイでその名を刻んだ岡山県総合グラウンド(シティライトスタジアム)で、大好きな仲間や先生たち、家族に見守られながらスパイクを脱いだ。

文/向永拓史

女子4×100mリレー代表で、200mU20日本記録保持者の齋藤愛美(大阪成蹊AC)が今季限りでの引退を決めた。 齋藤は岡山県出身の24歳。小2から陸上クラブに通いながら、サッカーやバレーボールも経験した。高梁中時代に200mで全中8位と頭角を現わす。名門・倉敷中央高に進学すると、森定照広先生のもとで大きく成長。1年時には岡山県大会で24秒17(当時・高1歴代6位)をマークして世界ユース選手権に出場し、準決勝に進出した。 インターハイに出場すると、200mであこがれの先輩・三宅真里奈とともに決勝に進み、ケガを抱えながら8位入賞を果たし、4×100mリレーでも3位入賞した。秋には国体、日本ユースと100mで2冠を獲得している。 圧巻だったのが高2シーズン。織田記念、静岡国際でシニア交じって結果を残すと、リオ五輪を目指すリレーメンバーで代表入り。セイコーゴールデングランプリで1走を務めた。日本選手権の200mでは23秒46をマーク。当時“不滅”と言われていた中村宝子(浜松西高)のU20日本記録(23秒48)を10年ぶりに更新した。100m、200mともに福島千里に次ぐ2位と躍進。一躍ブレークを果たす。 そうして迎えたのが地元・岡山インターハイ。向かい風に記録は阻まれたが、インターハイ史上5人目となる女子100m、200m、4×100mリレーとの3冠を達成し、大会最優秀選手にも選ばれた。秋には国体100mを11秒57(当時・高2歴代2位)で制すと、日本ユース選手権では100m・200m・4×100mリレーで優勝。日本ユース200mでは自身のU20日本記録を0.01秒塗り替える23秒45を叩き出した。この記録は今もU20・U18・高校記録として残る。 高3時はプレッシャーやケガに泣いたがU20日本選手権100mのタイトルをゲット。卒業前ラストレースだった日本室内60mでは土井杏南(埼玉栄高、現・JAL)が持っていたU20日本室内記録を0.01秒塗り替える7秒39で優勝するなど、同学年の兒玉芽生(大分雄城台高、現・ミズノ)とともに世代を牽引した。 大阪成蹊大に進学し、瀧谷賢司監督の指導を受けると、高校時代の実績からくる重圧に悩まされながらも2年時に日本選手権200m3位、日本インカレ100m3位・200m優勝と復活を遂げる。4年時には世界リレーで3走を務めて4位となり東京五輪の出場権獲得に貢献すると、日本選手権で100m4位・200m3位となり、東京五輪代表に選出。夢だったオリンピックの舞台に立ち、盟友・兒玉とバトンをつないで43秒44をマークした。秋には日本インカレ200mを2年ぶりに制している。 大阪成蹊大の職員として競技を続けてきたが、試合になるとなかなか本来の走りができず腰の痛みもあって苦しい日々を過ごした。今年の日本選手権は100m、200mともに決勝に進めず。10月21、22日に地元で開かれた岡山カーニバルをラストレースと決め、100m5位、200m2位だった。 齋藤は「たくさん考えて現役引退を決めました。やりきりました。短いですが、幸せな競技人生でした。感謝の気持ちを走りで伝えられたらと思っていたので、地元をラストレースに選んで良かったです」とコメントを寄せた。 「目立つのが苦手」が口癖だった少女は、日の丸を背負って地元五輪に出場し、過去の自分に何度跳ね返されても立ち向かい走り続けてきた。100m、200mともに高2の偉大な記録はついに破ることはできなかったが、その記録以上に、あきらめずに走り続けた姿は女子スプリンターたちに決して小さくない影響を与えてきた。 倉敷中央高のスローガンの通り、『夢 叶う』を体現した齋藤愛美。何度も駆け抜け、インターハイでその名を刻んだ岡山県総合グラウンド(シティライトスタジアム)で、大好きな仲間や先生たち、家族に見守られながらスパイクを脱いだ。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

Onがランナー向けのポップアップスペース「On Energy Hub」を日本橋兜町に3日間の期間限定でオープン!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」および、オン・ジャパンは、3月1日から3月3日までの期間限定で、日本橋兜町にポップアップスペース「On Energy Hub(オン エナジー ハブ)」をオープンする。 この「On […]

NEWS ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top