HOME 駅伝

2023.10.22

岩谷産業が創部7年で培った駅伝力発揮!初の全国シード獲得へ「もう1度立て直す」/プリンセス駅伝
岩谷産業が創部7年で培った駅伝力発揮!初の全国シード獲得へ「もう1度立て直す」/プリンセス駅伝

23年プリンセス駅伝1位の岩谷産業

◇第9回全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/福岡県宗像市・宗像ユリックス前発着、6区間42.195km)

第9回プリンセス駅伝が10月22日に行われ、岩谷産業が2時間18分46秒で初のトップを占め、3年連続3回目のクイーンズ駅伝出場を決めた。

2017年創部から7年目、培った力、紆余曲折を経た想いをぶつける見事な継走を見せた。

1区の川村楓が三井住友海上・樺沢和佳奈とトップ争いを繰り広げ、いったんはリードを許したものの中継所間際で猛追。2位ながら同タイムで中継する。「区間賞までもうちょっとだったので個人としては悔しい」としつつも、流れを作る大きな仕事を果たした。

「上位で来るのはわかっていたので、その流れを後続につなぐことだけ考えて走った」という2区の前田梨乃は、三井住友海上に先行を許したもののその差を5秒にとどめた。

そして、2位でタスキを受け取った入社2年目の若井莉央が力走を見せた。4チームの集団となった先頭争いから、力強く飛び出したのが5kmを過ぎ。「マネージャーから、『出ろ、莉央は強いぞ!』と言われたので、私は強いんだ、と」。追いすがるユニクロ・平井美季を振り切り、27秒の貯金を作った。

外国人選手を起用できるインターナショナル区間の4区も久木柚奈が「自分の走りを信じて、リラックスして走れた」と、ルートインホテルズの猛追を2秒差でしのいでトップをキープする。この粘りが、5区・中野円花の快走を生み出したと言っていいだろう。

19年ドーハ世界選手権マラソン出場の実績を持つ32歳のベテランが、序盤でルートインホテルズを突き放すと、そのまま独走。10.4kmを34分16秒で駆け抜ける区間賞、この区間で2位に浮上した九電工に48秒もの大差をつけて勝負を決めた。

創部当初からのメンバーであるアンカーの青木奈波は、悠々とVロードを走り切った。「これまで大半は私が迷惑をかけてきた」と苦笑いで創部からの道のりを振り返りつつも、トップでフィニッシュテープを切り「本当にうれしい」と感無量の表情で振り返った。

選手たちの奮闘を見守った廣瀬永和監督も「5位ぐらいを目標にしていましたが、思った以上に走ってくれました。うれしいです」。

ワコール、グローバリー、シスメックスと、名将・藤田信之氏の右腕として指導力を発揮し、現チームのアドバイザーでもある野口みずき氏の2004年アテネ五輪マラソン金メダル、現在も残る日本記録樹立(2時間19分12秒、2005年)へと導いている。

2017年のチーム立ち上げから監督を務めてきたが、その道のりは決して平坦なものではなかった。

この大会初出場だった2018年、2区終盤で選手が突然倒れるアクシデントが起きた。這って進んでタスキをつなぎ切り、最終的に21位でのフィニッシュとなったが、その痛々しい姿に物議を醸す結果に。翌年はスタートラインに立つことができず、2020年も17位にとどまった。

だが、2021年に12位で初の全国出場切符を手にすると、昨年は7位で通過。そして今回はトップと、一気に階段を駆け上がった。

全日本では初挑戦の21年が20位、前回は15位。「クイーンズ駅伝に向けて、もう1度立て直して臨みたい」と廣瀬監督が語ると、青木も「クイーンズエイト(8位入賞)が狙えるなら、そこを目指してがんばりたいです」。

福岡でつかんだ手応えを、宮城・仙台で初のシード権獲得へとつなげるつもりだ。

◇第9回全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/福岡県宗像市・宗像ユリックス前発着、6区間42.195km) 第9回プリンセス駅伝が10月22日に行われ、岩谷産業が2時間18分46秒で初のトップを占め、3年連続3回目のクイーンズ駅伝出場を決めた。 2017年創部から7年目、培った力、紆余曲折を経た想いをぶつける見事な継走を見せた。 1区の川村楓が三井住友海上・樺沢和佳奈とトップ争いを繰り広げ、いったんはリードを許したものの中継所間際で猛追。2位ながら同タイムで中継する。「区間賞までもうちょっとだったので個人としては悔しい」としつつも、流れを作る大きな仕事を果たした。 「上位で来るのはわかっていたので、その流れを後続につなぐことだけ考えて走った」という2区の前田梨乃は、三井住友海上に先行を許したもののその差を5秒にとどめた。 そして、2位でタスキを受け取った入社2年目の若井莉央が力走を見せた。4チームの集団となった先頭争いから、力強く飛び出したのが5kmを過ぎ。「マネージャーから、『出ろ、莉央は強いぞ!』と言われたので、私は強いんだ、と」。追いすがるユニクロ・平井美季を振り切り、27秒の貯金を作った。 外国人選手を起用できるインターナショナル区間の4区も久木柚奈が「自分の走りを信じて、リラックスして走れた」と、ルートインホテルズの猛追を2秒差でしのいでトップをキープする。この粘りが、5区・中野円花の快走を生み出したと言っていいだろう。 19年ドーハ世界選手権マラソン出場の実績を持つ32歳のベテランが、序盤でルートインホテルズを突き放すと、そのまま独走。10.4kmを34分16秒で駆け抜ける区間賞、この区間で2位に浮上した九電工に48秒もの大差をつけて勝負を決めた。 創部当初からのメンバーであるアンカーの青木奈波は、悠々とVロードを走り切った。「これまで大半は私が迷惑をかけてきた」と苦笑いで創部からの道のりを振り返りつつも、トップでフィニッシュテープを切り「本当にうれしい」と感無量の表情で振り返った。 選手たちの奮闘を見守った廣瀬永和監督も「5位ぐらいを目標にしていましたが、思った以上に走ってくれました。うれしいです」。 ワコール、グローバリー、シスメックスと、名将・藤田信之氏の右腕として指導力を発揮し、現チームのアドバイザーでもある野口みずき氏の2004年アテネ五輪マラソン金メダル、現在も残る日本記録樹立(2時間19分12秒、2005年)へと導いている。 2017年のチーム立ち上げから監督を務めてきたが、その道のりは決して平坦なものではなかった。 この大会初出場だった2018年、2区終盤で選手が突然倒れるアクシデントが起きた。這って進んでタスキをつなぎ切り、最終的に21位でのフィニッシュとなったが、その痛々しい姿に物議を醸す結果に。翌年はスタートラインに立つことができず、2020年も17位にとどまった。 だが、2021年に12位で初の全国出場切符を手にすると、昨年は7位で通過。そして今回はトップと、一気に階段を駆け上がった。 全日本では初挑戦の21年が20位、前回は15位。「クイーンズ駅伝に向けて、もう1度立て直して臨みたい」と廣瀬監督が語ると、青木も「クイーンズエイト(8位入賞)が狙えるなら、そこを目指してがんばりたいです」。 福岡でつかんだ手応えを、宮城・仙台で初のシード権獲得へとつなげるつもりだ。

初の1位通過でクイーンズ駅伝へ!岩谷産業のオーダー&区間成績はこちら

■岩谷産業のオーダー&区間成績 1区 川村 楓 22分39秒(区間2位) 2区 前田梨乃 11分42秒(区間7位) 3区 若井莉央 35分43秒(区間4位) 4区 久木柚奈 12分17秒(区間13位) 5区 中野円花 34分16秒(区間賞) 6区 青木奈波 22分09秒(区間8位)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top