HOME 中学

2023.10.22

黒田六花がU16女子1000mを制覇!「昨年より成長できています」兄は青学大の黒田朝日、IH2位の黒田然/U18・16大会
黒田六花がU16女子1000mを制覇!「昨年より成長できています」兄は青学大の黒田朝日、IH2位の黒田然/U18・16大会

U16女子1000mを制した黒田六花

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の2日日が行われ、U16女子1000mでは全中1500m覇者の黒田六花(京山中3岡山)が2分48秒49で優勝。昨年のドルーリー朱瑛里(鶴山中/現・津山高1岡山)に続き、岡山県勢が制した。

広告の下にコンテンツが続きます

「レースプランはなかった」というものの、序盤から先頭に立つ積極的な走りを披露。終盤はやや後続に追いつかれたものの、最後まで一度も前を走らせなかった。

今季は8月の全中1500mを4分26秒21の自己新で優勝を飾ったものの、その後に駅伝練習をはさんだことで「スピード練習が不足していたので不安だった」という。

タイムについては前回大会で同じ岡山県勢のドルーリー朱瑛里(鶴山中/現・津山高1岡山)が樹立した大会記録(2分45秒84)に届かず、「できれば大会新を出したかった」と本音をこぼすものの、「勝てて安心しました」と笑顔を見せた。

そのドルーリーは今年インターハイ1500mで高1最高記録となる4分15秒50をマークして日本人トップの3位と好走。今大会もU18の800mに出場し、2分07秒77で優勝を飾っている。「昨年まではドルーリーさんの後ろを常に走っていました。いつまでもあこがれていては勝てないので、いつか追いつけるように頑張ります」と、高校では尊敬する先輩との再戦を心待ちにしている様子だった。

広告の下にコンテンツが続きます

黒田は3000m障害でインターハイ優勝の実績を持つ黒田将由さんを父に、それぞれ同種目で活躍する黒田朝日(青学大)、黒田然(玉野光南高3)を兄に持つ4人きょうだいの3番目。兄たちが活躍する3000m障害は、女子ではインターハイなどの主要大会で採用されていないものの、「まだ日本ではマイナーな種目なので、いずれやってみたい気持ちはあります」と、興味を示している。

兄たちが成し遂げていない全国タイトルを2つ手にし、さらなる高みへ羽ばたいていく。

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の2日日が行われ、U16女子1000mでは全中1500m覇者の黒田六花(京山中3岡山)が2分48秒49で優勝。昨年のドルーリー朱瑛里(鶴山中/現・津山高1岡山)に続き、岡山県勢が制した。 「レースプランはなかった」というものの、序盤から先頭に立つ積極的な走りを披露。終盤はやや後続に追いつかれたものの、最後まで一度も前を走らせなかった。 今季は8月の全中1500mを4分26秒21の自己新で優勝を飾ったものの、その後に駅伝練習をはさんだことで「スピード練習が不足していたので不安だった」という。 タイムについては前回大会で同じ岡山県勢のドルーリー朱瑛里(鶴山中/現・津山高1岡山)が樹立した大会記録(2分45秒84)に届かず、「できれば大会新を出したかった」と本音をこぼすものの、「勝てて安心しました」と笑顔を見せた。 そのドルーリーは今年インターハイ1500mで高1最高記録となる4分15秒50をマークして日本人トップの3位と好走。今大会もU18の800mに出場し、2分07秒77で優勝を飾っている。「昨年まではドルーリーさんの後ろを常に走っていました。いつまでもあこがれていては勝てないので、いつか追いつけるように頑張ります」と、高校では尊敬する先輩との再戦を心待ちにしている様子だった。 黒田は3000m障害でインターハイ優勝の実績を持つ黒田将由さんを父に、それぞれ同種目で活躍する黒田朝日(青学大)、黒田然(玉野光南高3)を兄に持つ4人きょうだいの3番目。兄たちが活躍する3000m障害は、女子ではインターハイなどの主要大会で採用されていないものの、「まだ日本ではマイナーな種目なので、いずれやってみたい気持ちはあります」と、興味を示している。 兄たちが成し遂げていない全国タイトルを2つ手にし、さらなる高みへ羽ばたいていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top