HOME 高校

2023.10.22

女子100mHの木梨光菜がU18日本新!「実感が沸きません」林美希の記録を0.06秒上回る13秒26/U18・16大会
女子100mHの木梨光菜がU18日本新!「実感が沸きません」林美希の記録を0.06秒上回る13秒26/U18・16大会

U18大会女子100mハードル(U18規格)で13秒26のU18日本新を樹立した木梨光菜

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の2日目。合わせて22種目の決勝が行われ、気温こそ20度前後とやや低かったが、秋晴れのもと4種目で大会記録が誕生するなど盛況だった。

なかでも活躍が際立ったのがU18女子100mハードル(U18規格)。一般規格のインターハイ、大会直前の鹿児島国体でともに4位に食い込んでいた木梨光菜(倉敷中央高2岡山)だ。昨年、林美希(中京大中京高3愛知)がマークした13秒32のU18日本記録を0.06秒更新する13秒26(+1.2)で快勝し、初の全国タイトルを獲得。この記録は現時点での今季世界U18リスト9位の好タイムだった。

今季シニアで6人の12秒台が誕生するなど活況を呈する女子ハードル界に、また1人有望株が誕生した瞬間だった。

「決勝はタイムよりしっかり最後まで走り切ることを考えて臨みました。(13秒)2台が出ればいいなとは思っていましたが、フィニッシュ後にタイマーを見て、びっくりしました。まさか自分が記録ホルダーになるとは思っていなかったので実感が沸きません」と、驚きとともにうれしさを爆発させた。

100mでも11秒95のベストを持つなどスピードが持ち味の木梨。しかし、これまではその特徴を存分に生かすことができず、「1台目の入りで上に浮いてしまっていた」と振り返る。

インターハイ後に、課題のスタートから1台目の入りを思い切り行けるよう意識して取り組んできた。「今回はいつもより1段低いユースハードルだったので、しっかり上でなく前に突っ込んで行けたのがよかった」と勝因を口にする。

今シーズンもU20日本選手権、インターハイ、そして国体と高校生には負け知らずだった林の持つU18記録を更新しての優勝に、「自信にはなりますが、それでも国体では林さんに歯が立ちませんでしたし、同じ2年生の2人にも負けてしまいました。その2人が出ていればもっと良い記録を出していたと思います」と、奢る気持ちは微塵もない。

「この冬もしっかり走り込み走力をアップさせ、国体で負けた松田さん(晏奈/長崎日大高2)、谷中さん(天架/大分雄城台高2)にインターハイではリベンジし、優勝することが目標です。記録的には高校記録(一般用/13秒34)を更新したい」と目を輝かせた。

この日は、木梨の他にも岡山勢の女子が活躍。U18・800mでドルーリー朱瑛里(津山高1)、U16・1000mでも全中1500mを制している黒田六花(京山中3)が、U16走幅跳でも佐藤地央(金光学園中3)がそれぞれ頂点に立った。

文/花木雫

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の2日目。合わせて22種目の決勝が行われ、気温こそ20度前後とやや低かったが、秋晴れのもと4種目で大会記録が誕生するなど盛況だった。 なかでも活躍が際立ったのがU18女子100mハードル(U18規格)。一般規格のインターハイ、大会直前の鹿児島国体でともに4位に食い込んでいた木梨光菜(倉敷中央高2岡山)だ。昨年、林美希(中京大中京高3愛知)がマークした13秒32のU18日本記録を0.06秒更新する13秒26(+1.2)で快勝し、初の全国タイトルを獲得。この記録は現時点での今季世界U18リスト9位の好タイムだった。 今季シニアで6人の12秒台が誕生するなど活況を呈する女子ハードル界に、また1人有望株が誕生した瞬間だった。 「決勝はタイムよりしっかり最後まで走り切ることを考えて臨みました。(13秒)2台が出ればいいなとは思っていましたが、フィニッシュ後にタイマーを見て、びっくりしました。まさか自分が記録ホルダーになるとは思っていなかったので実感が沸きません」と、驚きとともにうれしさを爆発させた。 100mでも11秒95のベストを持つなどスピードが持ち味の木梨。しかし、これまではその特徴を存分に生かすことができず、「1台目の入りで上に浮いてしまっていた」と振り返る。 インターハイ後に、課題のスタートから1台目の入りを思い切り行けるよう意識して取り組んできた。「今回はいつもより1段低いユースハードルだったので、しっかり上でなく前に突っ込んで行けたのがよかった」と勝因を口にする。 今シーズンもU20日本選手権、インターハイ、そして国体と高校生には負け知らずだった林の持つU18記録を更新しての優勝に、「自信にはなりますが、それでも国体では林さんに歯が立ちませんでしたし、同じ2年生の2人にも負けてしまいました。その2人が出ていればもっと良い記録を出していたと思います」と、奢る気持ちは微塵もない。 「この冬もしっかり走り込み走力をアップさせ、国体で負けた松田さん(晏奈/長崎日大高2)、谷中さん(天架/大分雄城台高2)にインターハイではリベンジし、優勝することが目標です。記録的には高校記録(一般用/13秒34)を更新したい」と目を輝かせた。 この日は、木梨の他にも岡山勢の女子が活躍。U18・800mでドルーリー朱瑛里(津山高1)、U16・1000mでも全中1500mを制している黒田六花(京山中3)が、U16走幅跳でも佐藤地央(金光学園中3)がそれぞれ頂点に立った。 文/花木雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top