HOME 国内

2023.10.17

男女総合は福岡が3大会ぶり優勝!「選手、スタッフがひとつのファミリーになれた」/鹿児島国体
男女総合は福岡が3大会ぶり優勝!「選手、スタッフがひとつのファミリーになれた」/鹿児島国体

23年鹿児島国体で男女総合優勝を果たした福岡

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)

「燃ゆる感動かごしま国体」の陸上競技が10月13日から17日の5日間で行われ、男女総合の部は福岡県が124点(男子53.5点、女子52.5点)で優勝した。福岡県の優勝は2019年の茨城国体以来、3大会ぶり。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会から監督を担う強化部長の小野原英樹監督は「結果だけにこだわらず、自分たちの力を出し切る雰囲気をつくり合うことができていました。選手、スタッフがひとつのファミリーになれていたので、それが結果として優勝につながりました」と話し、桜島をバックに弾けた笑顔で選手たちと賞状を掲げた。

福岡県チームは、一人ひとりが自分のベストパフォーマンスを発揮することに徹していた。口火を切ったのは、初日の少年Bの円盤投。男子は石丸大智(純真高1)が優勝し、女子では東かれん(八女学院高1)が3位と14点を稼いだ。2日目は5種目で表彰台に上がり、今夏の世界選手権女子20km競歩代表の梅野倖子(順大)が成年女子5000m競歩で、インターハイスプリント2冠の黒木海翔(東福岡高3)が少年A100mでそれぞれ優勝し、勢いを加速させた。

3日目以降も世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)が成年女子やり投で2位、今泉堅貴(筑波大)が成年男子300mで4位タイと健闘。また宿舎では、世界を経験してきた上田や今泉、出口晴翔(順大)らのシニアの選手たちが、中高生たちに向けて毎日1人ずつ話をして一致団結に一役買っていたという。

総合力の象徴でもあるリレー3種目はすべてで決勝に進み、男女4×100mリレーはそれぞれ4位。最終種目の男女混合4×400mリレーでは、庄籠大翔(東福岡高3)、青木穂花(青学大)、ウィリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女高1)、今泉とつないで大会新Vを飾り、総合優勝に花を添えた。

広告の下にコンテンツが続きます

今泉は「出場選手の多くが入賞という結果となりましたが、次に出る選手がプレッシャーを感じるのではなく、自信を持って試合に向かっていたのが福岡の強さだと思いました」と振り返り、「国体はすごく好きな大会なので、今季頑張ったご褒美として出場させてもらいました。リレーと総合で優勝することができて、今季一番楽しい試合でした」と、緊張感の解けた柔らかな表情で優勝を喜んだ。

文/田端慶子

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場) 「燃ゆる感動かごしま国体」の陸上競技が10月13日から17日の5日間で行われ、男女総合の部は福岡県が124点(男子53.5点、女子52.5点)で優勝した。福岡県の優勝は2019年の茨城国体以来、3大会ぶり。 今大会から監督を担う強化部長の小野原英樹監督は「結果だけにこだわらず、自分たちの力を出し切る雰囲気をつくり合うことができていました。選手、スタッフがひとつのファミリーになれていたので、それが結果として優勝につながりました」と話し、桜島をバックに弾けた笑顔で選手たちと賞状を掲げた。 福岡県チームは、一人ひとりが自分のベストパフォーマンスを発揮することに徹していた。口火を切ったのは、初日の少年Bの円盤投。男子は石丸大智(純真高1)が優勝し、女子では東かれん(八女学院高1)が3位と14点を稼いだ。2日目は5種目で表彰台に上がり、今夏の世界選手権女子20km競歩代表の梅野倖子(順大)が成年女子5000m競歩で、インターハイスプリント2冠の黒木海翔(東福岡高3)が少年A100mでそれぞれ優勝し、勢いを加速させた。 3日目以降も世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)が成年女子やり投で2位、今泉堅貴(筑波大)が成年男子300mで4位タイと健闘。また宿舎では、世界を経験してきた上田や今泉、出口晴翔(順大)らのシニアの選手たちが、中高生たちに向けて毎日1人ずつ話をして一致団結に一役買っていたという。 総合力の象徴でもあるリレー3種目はすべてで決勝に進み、男女4×100mリレーはそれぞれ4位。最終種目の男女混合4×400mリレーでは、庄籠大翔(東福岡高3)、青木穂花(青学大)、ウィリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女高1)、今泉とつないで大会新Vを飾り、総合優勝に花を添えた。 今泉は「出場選手の多くが入賞という結果となりましたが、次に出る選手がプレッシャーを感じるのではなく、自信を持って試合に向かっていたのが福岡の強さだと思いました」と振り返り、「国体はすごく好きな大会なので、今季頑張ったご褒美として出場させてもらいました。リレーと総合で優勝することができて、今季一番楽しい試合でした」と、緊張感の解けた柔らかな表情で優勝を喜んだ。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top