HOME 国内

2023.10.17

男女総合は福岡が3大会ぶり優勝!「選手、スタッフがひとつのファミリーになれた」/鹿児島国体
男女総合は福岡が3大会ぶり優勝!「選手、スタッフがひとつのファミリーになれた」/鹿児島国体

23年鹿児島国体で男女総合優勝を果たした福岡

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)

「燃ゆる感動かごしま国体」の陸上競技が10月13日から17日の5日間で行われ、男女総合の部は福岡県が124点(男子53.5点、女子52.5点)で優勝した。福岡県の優勝は2019年の茨城国体以来、3大会ぶり。

今大会から監督を担う強化部長の小野原英樹監督は「結果だけにこだわらず、自分たちの力を出し切る雰囲気をつくり合うことができていました。選手、スタッフがひとつのファミリーになれていたので、それが結果として優勝につながりました」と話し、桜島をバックに弾けた笑顔で選手たちと賞状を掲げた。

福岡県チームは、一人ひとりが自分のベストパフォーマンスを発揮することに徹していた。口火を切ったのは、初日の少年Bの円盤投。男子は石丸大智(純真高1)が優勝し、女子では東かれん(八女学院高1)が3位と14点を稼いだ。2日目は5種目で表彰台に上がり、今夏の世界選手権女子20km競歩代表の梅野倖子(順大)が成年女子5000m競歩で、インターハイスプリント2冠の黒木海翔(東福岡高3)が少年A100mでそれぞれ優勝し、勢いを加速させた。

3日目以降も世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)が成年女子やり投で2位、今泉堅貴(筑波大)が成年男子300mで4位タイと健闘。また宿舎では、世界を経験してきた上田や今泉、出口晴翔(順大)らのシニアの選手たちが、中高生たちに向けて毎日1人ずつ話をして一致団結に一役買っていたという。

総合力の象徴でもあるリレー3種目はすべてで決勝に進み、男女4×100mリレーはそれぞれ4位。最終種目の男女混合4×400mリレーでは、庄籠大翔(東福岡高3)、青木穂花(青学大)、ウィリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女高1)、今泉とつないで大会新Vを飾り、総合優勝に花を添えた。

今泉は「出場選手の多くが入賞という結果となりましたが、次に出る選手がプレッシャーを感じるのではなく、自信を持って試合に向かっていたのが福岡の強さだと思いました」と振り返り、「国体はすごく好きな大会なので、今季頑張ったご褒美として出場させてもらいました。リレーと総合で優勝することができて、今季一番楽しい試合でした」と、緊張感の解けた柔らかな表情で優勝を喜んだ。

文/田端慶子

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場) 「燃ゆる感動かごしま国体」の陸上競技が10月13日から17日の5日間で行われ、男女総合の部は福岡県が124点(男子53.5点、女子52.5点)で優勝した。福岡県の優勝は2019年の茨城国体以来、3大会ぶり。 今大会から監督を担う強化部長の小野原英樹監督は「結果だけにこだわらず、自分たちの力を出し切る雰囲気をつくり合うことができていました。選手、スタッフがひとつのファミリーになれていたので、それが結果として優勝につながりました」と話し、桜島をバックに弾けた笑顔で選手たちと賞状を掲げた。 福岡県チームは、一人ひとりが自分のベストパフォーマンスを発揮することに徹していた。口火を切ったのは、初日の少年Bの円盤投。男子は石丸大智(純真高1)が優勝し、女子では東かれん(八女学院高1)が3位と14点を稼いだ。2日目は5種目で表彰台に上がり、今夏の世界選手権女子20km競歩代表の梅野倖子(順大)が成年女子5000m競歩で、インターハイスプリント2冠の黒木海翔(東福岡高3)が少年A100mでそれぞれ優勝し、勢いを加速させた。 3日目以降も世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)が成年女子やり投で2位、今泉堅貴(筑波大)が成年男子300mで4位タイと健闘。また宿舎では、世界を経験してきた上田や今泉、出口晴翔(順大)らのシニアの選手たちが、中高生たちに向けて毎日1人ずつ話をして一致団結に一役買っていたという。 総合力の象徴でもあるリレー3種目はすべてで決勝に進み、男女4×100mリレーはそれぞれ4位。最終種目の男女混合4×400mリレーでは、庄籠大翔(東福岡高3)、青木穂花(青学大)、ウィリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女高1)、今泉とつないで大会新Vを飾り、総合優勝に花を添えた。 今泉は「出場選手の多くが入賞という結果となりましたが、次に出る選手がプレッシャーを感じるのではなく、自信を持って試合に向かっていたのが福岡の強さだと思いました」と振り返り、「国体はすごく好きな大会なので、今季頑張ったご褒美として出場させてもらいました。リレーと総合で優勝することができて、今季一番楽しい試合でした」と、緊張感の解けた柔らかな表情で優勝を喜んだ。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top