HOME 国内

2023.10.16

「夢が叶って本当に良かった」 男子2位・赤﨑暁は終盤失速の課題克服 /MGC
「夢が叶って本当に良かった」 男子2位・赤﨑暁は終盤失速の課題克服 /MGC

MGCで2位となりパリ五輪代表に内定した赤﨑暁

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着)

来年のパリ五輪マラソン代表をかけたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われ、男子では赤﨑暁(九電工)が2時間9分06秒で2位に入り、代表内定2つ目のイスに滑り込んだ。

広告の下にコンテンツが続きます

「自分の陸上人生での最大目標がマラソンで日本代表になることだったので、今回、夢が叶って本当に良かったです」

4度目のマラソン挑戦でつかんだ最上級の結果に、社会人3年目の25歳は充実の表情を浮かべた。

序盤から川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が抜け出し、「途中、折り返しで表情を見た時、良い表情だったので、少し心配ではありました」と赤﨑は振り返るが、「多分、大丈夫。後半でしっかりと追いつくことができるだろう」と、第2集団で落ち着いて走っていた。

30km以降、チームメイトの堀尾謙介の背中にピタリとついて川内との差を詰めつつ、一方で、実績のある1人の有力選手の存在を意識していた。

広告の下にコンテンツが続きます

「自分の中では大迫さん(傑/Nike)が絶対に上位に来ると思っていました。そこはしっかりとマークして、大迫さんが仕掛けたら自分も対応していかないといけないという思いでした」

その言葉通り、最後まで冷静沈着な走りを続け、優勝した小山直城(Honda)には逃げられたものの、40km付近で大迫、川内という経験豊富なベテランを鮮やかに振り切った。

初マラソンとなった昨年2月の別府大分と12月の福岡国際で、いずれも2時間9分台をマークしたが、「35km以降のペースダウンが目立ったことと、ラスト2kmからペースを上げることができなかったことが課題だった」と明かす。その改善のために、「(レース前)3ヵ月の走行距離を300~400km増やすことと、ポイント練習でラスト1本やラスト1kmをペースを上げて切り替えることを重点的に練習してきました」と話す。

綾部健二監督は、赤﨑の練習ぶりに確かな手応えを感じていた。

広告の下にコンテンツが続きます

「練習は順調に計画通りに進められました。4年前のMGCでは九電工の大塚祥平が4位に入ったのですが、その時の大塚と同じ程度か、それ以上の練習が積めていたので、私も赤﨑は行けるんじゃないかと思って、今回の大会に臨みました」
今年7月に5000mで2週連続13分30秒切りを果たすなど、着実に磨かれたスピードも最終盤のスパートで生かされた。

「パリに向けてしっかりと準備をして、8位入賞を目指したいです」

自身の陸上人生における最大目標を達成したこの日、25歳の新星は来夏のオリンピックでの活躍を次なる目標に掲げた。

文/小野哲史

広告の下にコンテンツが続きます
◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着) 来年のパリ五輪マラソン代表をかけたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われ、男子では赤﨑暁(九電工)が2時間9分06秒で2位に入り、代表内定2つ目のイスに滑り込んだ。 「自分の陸上人生での最大目標がマラソンで日本代表になることだったので、今回、夢が叶って本当に良かったです」 4度目のマラソン挑戦でつかんだ最上級の結果に、社会人3年目の25歳は充実の表情を浮かべた。 序盤から川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が抜け出し、「途中、折り返しで表情を見た時、良い表情だったので、少し心配ではありました」と赤﨑は振り返るが、「多分、大丈夫。後半でしっかりと追いつくことができるだろう」と、第2集団で落ち着いて走っていた。 30km以降、チームメイトの堀尾謙介の背中にピタリとついて川内との差を詰めつつ、一方で、実績のある1人の有力選手の存在を意識していた。 「自分の中では大迫さん(傑/Nike)が絶対に上位に来ると思っていました。そこはしっかりとマークして、大迫さんが仕掛けたら自分も対応していかないといけないという思いでした」 その言葉通り、最後まで冷静沈着な走りを続け、優勝した小山直城(Honda)には逃げられたものの、40km付近で大迫、川内という経験豊富なベテランを鮮やかに振り切った。 初マラソンとなった昨年2月の別府大分と12月の福岡国際で、いずれも2時間9分台をマークしたが、「35km以降のペースダウンが目立ったことと、ラスト2kmからペースを上げることができなかったことが課題だった」と明かす。その改善のために、「(レース前)3ヵ月の走行距離を300~400km増やすことと、ポイント練習でラスト1本やラスト1kmをペースを上げて切り替えることを重点的に練習してきました」と話す。 綾部健二監督は、赤﨑の練習ぶりに確かな手応えを感じていた。 「練習は順調に計画通りに進められました。4年前のMGCでは九電工の大塚祥平が4位に入ったのですが、その時の大塚と同じ程度か、それ以上の練習が積めていたので、私も赤﨑は行けるんじゃないかと思って、今回の大会に臨みました」 今年7月に5000mで2週連続13分30秒切りを果たすなど、着実に磨かれたスピードも最終盤のスパートで生かされた。 「パリに向けてしっかりと準備をして、8位入賞を目指したいです」 自身の陸上人生における最大目標を達成したこの日、25歳の新星は来夏のオリンピックでの活躍を次なる目標に掲げた。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top