HOME 国内

2023.10.15

24歳のホープが頂点、鈴木優花「ずっと目標にしてきた」五輪切符つかむ!得意の上りで一気に逆転/MGC
24歳のホープが頂点、鈴木優花「ずっと目標にしてきた」五輪切符つかむ!得意の上りで一気に逆転/MGC

右手を上げてフィニッシュした鈴木優花

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着)

来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、鈴木優花(第一生命グループ)が2時間24分09秒の自己新で優勝を飾り、初の五輪代表に名乗りを上げた。

「ずっと目標にしてきた舞台。やっとスタートラインに立てると思うとこみ上げるものあります」。社会時に2年目の24歳は、感無量の表情で喜びを語った。

前回優勝の前田穂南(天満屋)が序盤を引っ張り、中盤からは東京五輪8位入賞の一山麻緒(資生堂)が主導権を握る。実力者たちがレースを牽引する中で、鈴木は自分の走りに徹した。

「ペースの上げ下げはあるけど、とにかく自分のリズムで行けばいけると思っていました」

集団の中でリラックスし、「自分のリズムで、自信を持って走ることができました」。前を行く一山、細田あい(エディオン)との差を、10秒前後のところでキープして勝負所に備える。

下がってきた細田を36kmで吸収したあと、2位争いから抜け出すと、一山にじりじりと詰め寄った。そして38.4kmで追いつくと、38.9kmで突き放す。35kmから40kmの5kmを17分22秒でカバー。残り2.195kmも7分28秒でまとめ、一山に34秒差をつける完勝だった。

秋田・大曲高では2年時にインターハイ3000mで14位。その名が知られるようになったのは大東大に進んでから。全日本大学駅伝で1年時から3年連続区間賞に輝き、2年時にはユニバーシアード(現・ワールドニュニバーシティゲームズ)で金メダル。大学卒業前の22年3月に初挑戦した名古屋ウィメンズマラソンでは2時間25分02秒の学生新をマークと、ロードで強さを見せてきた。上りも、富士山女子駅伝の7区の急坂を1年時に区間新で駆け上がった経験がある。

1991年東京世界陸上女子マラソン銀メダルの山下佐知子監督の指導を受け、さらに力をつけた鈴木。「2位以内に入れば五輪に決まると思っていたけど、世界と戦うためには国内で1位にならないといけないと思っていました」と強気な姿勢で栄冠をつかみ取った。

シニア初の世界大会に向けて、「これから本格的に練習を積んで、世界と戦って入賞を目指したい」ときっぱり。さらに「その次の世界選手権、その先にも」とさらなる未来を見つめていた。

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着) 来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、鈴木優花(第一生命グループ)が2時間24分09秒の自己新で優勝を飾り、初の五輪代表に名乗りを上げた。 「ずっと目標にしてきた舞台。やっとスタートラインに立てると思うとこみ上げるものあります」。社会時に2年目の24歳は、感無量の表情で喜びを語った。 前回優勝の前田穂南(天満屋)が序盤を引っ張り、中盤からは東京五輪8位入賞の一山麻緒(資生堂)が主導権を握る。実力者たちがレースを牽引する中で、鈴木は自分の走りに徹した。 「ペースの上げ下げはあるけど、とにかく自分のリズムで行けばいけると思っていました」 集団の中でリラックスし、「自分のリズムで、自信を持って走ることができました」。前を行く一山、細田あい(エディオン)との差を、10秒前後のところでキープして勝負所に備える。 下がってきた細田を36kmで吸収したあと、2位争いから抜け出すと、一山にじりじりと詰め寄った。そして38.4kmで追いつくと、38.9kmで突き放す。35kmから40kmの5kmを17分22秒でカバー。残り2.195kmも7分28秒でまとめ、一山に34秒差をつける完勝だった。 秋田・大曲高では2年時にインターハイ3000mで14位。その名が知られるようになったのは大東大に進んでから。全日本大学駅伝で1年時から3年連続区間賞に輝き、2年時にはユニバーシアード(現・ワールドニュニバーシティゲームズ)で金メダル。大学卒業前の22年3月に初挑戦した名古屋ウィメンズマラソンでは2時間25分02秒の学生新をマークと、ロードで強さを見せてきた。上りも、富士山女子駅伝の7区の急坂を1年時に区間新で駆け上がった経験がある。 1991年東京世界陸上女子マラソン銀メダルの山下佐知子監督の指導を受け、さらに力をつけた鈴木。「2位以内に入れば五輪に決まると思っていたけど、世界と戦うためには国内で1位にならないといけないと思っていました」と強気な姿勢で栄冠をつかみ取った。 シニア初の世界大会に向けて、「これから本格的に練習を積んで、世界と戦って入賞を目指したい」ときっぱり。さらに「その次の世界選手権、その先にも」とさらなる未来を見つめていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top