HOME 国内

2023.10.15

急成長・赤﨑暁が2位で「陸上人生最大の目標」初の五輪へ!拓大出身の25歳が躍進/MGC
急成長・赤﨑暁が2位で「陸上人生最大の目標」初の五輪へ!拓大出身の25歳が躍進/MGC

MGC男子で2位に入りパリ五輪代表に内定した赤﨑暁

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着)

来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、25歳の赤﨑暁(九電工)が2時間9分06秒で2位に入り、初の五輪代表内定を決めた。九電工のマラソン五輪代表は1968年メキシコ大会の佐々木精一郎以来56年ぶり。

喜びを全身で表しながらフィニッシュした赤﨑。「陸上人生の最大の目標が日本代表になること。まさか五輪代表になれるとは思ってなかったので、気持ちが爆発しました」と笑顔で話した。

30kmを過ぎて、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)との差を、チームメイトの堀尾謙介とともにグングンと詰めていく。その中でも「ずっと集団の中で無駄な力を使わない」ことを意識していたという。見据えるのは、「ラストスパートで勝負と思っていました」。

35.2㎞で川内をとらえると、優勝争いの前方で力強い走りを見せる。上りに入る37.9kmで小山直城(Honda)が主導権を握ると、そこには対応できなかったが、大迫傑(Nike)、川内という百戦錬磨のベテランを相手に、見事に競り勝った。

熊本・開新高、拓大出身。大学時代に力をつけ、箱根駅伝に4年連続で出場した。マラソンは社会人2年目の2022年2月、別府大分で初挑戦して2時間9分17秒をマーク。同年12月の福岡国際では2時間9分01秒の自己新をマークした。その過去2度のマラソンは「あまり練習がうまくいっていなかった」中での結果だった。

だが、今回は「今まで以上に一番練習できた。自信を持って臨むことができました」。7月のホクレン・ディスタンスチャレンジでは5000mで2週連続13分30秒切りをし、北見大会では男子3000m障害で活躍する三浦龍司(順大)に競り勝つなどスピードに磨きをかけた。やってきたことがすべて力となり、「結果につながりました」と胸を張った。

自身初の世界の舞台へ、「今日、目標を達成できたの、パリに向けてしっかりと準備をして、8位入賞を目指したい」。急成長を遂げたホープは、力強く語った。

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着) 来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、25歳の赤﨑暁(九電工)が2時間9分06秒で2位に入り、初の五輪代表内定を決めた。九電工のマラソン五輪代表は1968年メキシコ大会の佐々木精一郎以来56年ぶり。 喜びを全身で表しながらフィニッシュした赤﨑。「陸上人生の最大の目標が日本代表になること。まさか五輪代表になれるとは思ってなかったので、気持ちが爆発しました」と笑顔で話した。 30kmを過ぎて、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)との差を、チームメイトの堀尾謙介とともにグングンと詰めていく。その中でも「ずっと集団の中で無駄な力を使わない」ことを意識していたという。見据えるのは、「ラストスパートで勝負と思っていました」。 35.2㎞で川内をとらえると、優勝争いの前方で力強い走りを見せる。上りに入る37.9kmで小山直城(Honda)が主導権を握ると、そこには対応できなかったが、大迫傑(Nike)、川内という百戦錬磨のベテランを相手に、見事に競り勝った。 熊本・開新高、拓大出身。大学時代に力をつけ、箱根駅伝に4年連続で出場した。マラソンは社会人2年目の2022年2月、別府大分で初挑戦して2時間9分17秒をマーク。同年12月の福岡国際では2時間9分01秒の自己新をマークした。その過去2度のマラソンは「あまり練習がうまくいっていなかった」中での結果だった。 だが、今回は「今まで以上に一番練習できた。自信を持って臨むことができました」。7月のホクレン・ディスタンスチャレンジでは5000mで2週連続13分30秒切りをし、北見大会では男子3000m障害で活躍する三浦龍司(順大)に競り勝つなどスピードに磨きをかけた。やってきたことがすべて力となり、「結果につながりました」と胸を張った。 自身初の世界の舞台へ、「今日、目標を達成できたの、パリに向けてしっかりと準備をして、8位入賞を目指したい」。急成長を遂げたホープは、力強く語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top