HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.15

「当たり前のことを、当たり前にする」復活を遂げた名門・日大の改革/箱根駅伝予選会
「当たり前のことを、当たり前にする」復活を遂げた名門・日大の改革/箱根駅伝予選会

23年箱根駅伝予選会を5位通過した日大

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

本戦の総合優勝では歴代3位の11回を誇る名門・日大が、総合5位で4年ぶりの予選会突破を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

現状を打破するには、大きな変化が求められていた。

4年連続で箱根路を逃したことで、箱根本戦経験者はゼロに。今年5月に就任した新雅弘駅伝監督が改革をもたらした。

「まずは生活面から見直しました。高校時代は5分前集合ができていたはずなのに、なぜ大学に入ったらできないのか、と。そういうところから始めていきました」

練習内容も大きな変化をつけたわけではないが、しっかりと距離を踏むこと、毎日練習する身体を作ること、その準備を自分ですること。寮に住み、選手たちと寝食を共にしながら、根気よく大事な事を伝え続けた。

広告の下にコンテンツが続きます

「当たり前のことを、当たり前にする」。それがいかに大事かを伝え続けた。

すると、ひとり、ふたりと変わり始め、それがチーム全員に伝播するまでそう時間はかからなかった。

「しっかりと新監督が根気よく選手たちとコミュニケーションを取ってくれていたことが、いちばん大きかったと思います」

新監督とともに選手を指導する、武者由幸コーチは言う。昨年までは箱根の本戦を知る選手がいたが、今の選手たちは誰も箱根駅伝を走る喜びを知らない。それが逆に「『箱根を走りたい』という強い気持ちを生み出せる要因になったのだと思います」と武者コーチは言う。

広告の下にコンテンツが続きます

全員が走り終え、神妙な面持ちで結果発表を待つ。そしてコールされたのは、「5位」。

「もうビックリですよ。半年で、良くこれだけ変わってくれました。突貫工事でしたから、選手たちは本当に大変だったと思います。でも、選手はコツコツと真面目に毎日頑張ってくれた。そういう姿を見ていた神様がくれたご褒美ですね」(新監督)

主将を務めた下尾悠真(4年)も冷静な様子ではあったが、声の奥に喜びが潜んでいるのが良く分かった。

「4年間、頑張ってきたことが報われて本当に良かったと思います。全員で走り切る練習をずっとしてきたので、集団では走れることがこれで証明できたと思います」

広告の下にコンテンツが続きます

箱根本戦に向けた戦略を新監督に伺うと、「何にもないですよ」と笑い飛ばされた。「私たちはまだまだこれから。始まったばかりですから。でも半年でこれだけ変わってくれました。箱根に向けても、今まで通りにコツコツやるだけです」。

駅伝に帰ってきた「N」の文字。だが、まだ帰ってきただけだ。これを継続、勝負、勝利へとつなげるためには、まだまだ長い道のりが待っている。

文/田坂友暁

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 本戦の総合優勝では歴代3位の11回を誇る名門・日大が、総合5位で4年ぶりの予選会突破を決めた。 現状を打破するには、大きな変化が求められていた。 4年連続で箱根路を逃したことで、箱根本戦経験者はゼロに。今年5月に就任した新雅弘駅伝監督が改革をもたらした。 「まずは生活面から見直しました。高校時代は5分前集合ができていたはずなのに、なぜ大学に入ったらできないのか、と。そういうところから始めていきました」 練習内容も大きな変化をつけたわけではないが、しっかりと距離を踏むこと、毎日練習する身体を作ること、その準備を自分ですること。寮に住み、選手たちと寝食を共にしながら、根気よく大事な事を伝え続けた。 「当たり前のことを、当たり前にする」。それがいかに大事かを伝え続けた。 すると、ひとり、ふたりと変わり始め、それがチーム全員に伝播するまでそう時間はかからなかった。 「しっかりと新監督が根気よく選手たちとコミュニケーションを取ってくれていたことが、いちばん大きかったと思います」 新監督とともに選手を指導する、武者由幸コーチは言う。昨年までは箱根の本戦を知る選手がいたが、今の選手たちは誰も箱根駅伝を走る喜びを知らない。それが逆に「『箱根を走りたい』という強い気持ちを生み出せる要因になったのだと思います」と武者コーチは言う。 全員が走り終え、神妙な面持ちで結果発表を待つ。そしてコールされたのは、「5位」。 「もうビックリですよ。半年で、良くこれだけ変わってくれました。突貫工事でしたから、選手たちは本当に大変だったと思います。でも、選手はコツコツと真面目に毎日頑張ってくれた。そういう姿を見ていた神様がくれたご褒美ですね」(新監督) 主将を務めた下尾悠真(4年)も冷静な様子ではあったが、声の奥に喜びが潜んでいるのが良く分かった。 「4年間、頑張ってきたことが報われて本当に良かったと思います。全員で走り切る練習をずっとしてきたので、集団では走れることがこれで証明できたと思います」 箱根本戦に向けた戦略を新監督に伺うと、「何にもないですよ」と笑い飛ばされた。「私たちはまだまだこれから。始まったばかりですから。でも半年でこれだけ変わってくれました。箱根に向けても、今まで通りにコツコツやるだけです」。 駅伝に帰ってきた「N」の文字。だが、まだ帰ってきただけだ。これを継続、勝負、勝利へとつなげるためには、まだまだ長い道のりが待っている。 文/田坂友暁

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top