HOME 海外

2023.10.13

WAアスリート・オブ・ザ・イヤーの候補選手発表! 北口榛花はじめ、ライルズ、デュプランティス、キピエゴンら男女各11人が候補に
WAアスリート・オブ・ザ・イヤーの候補選手発表! 北口榛花はじめ、ライルズ、デュプランティス、キピエゴンら男女各11人が候補に

2023年WAアスリート・オブ・ザ・イヤーの候補となったキピエゴン、ライルズ、北口榛花、デュプランティス

世界陸連(WA)がワールド・アスレティクス・アワード2023の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」のノミネート選手を発表した。

男女それぞれ11名ずつか選出され、ブダペスト世界選手権で男子100m、200mで優勝したN.ライルズ(米国)を筆頭に、女子長距離2種目で世界記録を樹立したF.キピエゴン(ケニア)のほか、世界選手権金メダリスト、マラソンで世界記録を打ち立てたK.キプトゥム(ケニア、2時間00分35秒)とT.アセファ(エチオピア、2時間11分53秒)らが候補に挙がった。日本からは北口榛花(JAL)もノミネートしている。

現在SNSでファン投票が行われており、Twitter(X)のリポストや、Facebook、Instagram、YouTubeでのLIKE機能で投票が可能。10月28日に投票は締め切られる。

ファン投票や世界陸連評議会からの投票の結果を元に、候補の中から男女各5名のファイナリストが選ばれ、11月13、14日に発表。最優秀選手は12月11日に発表される。昨年の「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は400mハードルのS.マクローリン・レヴロン(米国)が選ばれた。

世界陸連(WA)がワールド・アスレティクス・アワード2023の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」のノミネート選手を発表した。 男女それぞれ11名ずつか選出され、ブダペスト世界選手権で男子100m、200mで優勝したN.ライルズ(米国)を筆頭に、女子長距離2種目で世界記録を樹立したF.キピエゴン(ケニア)のほか、世界選手権金メダリスト、マラソンで世界記録を打ち立てたK.キプトゥム(ケニア、2時間00分35秒)とT.アセファ(エチオピア、2時間11分53秒)らが候補に挙がった。日本からは北口榛花(JAL)もノミネートしている。 現在SNSでファン投票が行われており、Twitter(X)のリポストや、Facebook、Instagram、YouTubeでのLIKE機能で投票が可能。10月28日に投票は締め切られる。 ファン投票や世界陸連評議会からの投票の結果を元に、候補の中から男女各5名のファイナリストが選ばれ、11月13、14日に発表。最優秀選手は12月11日に発表される。昨年の「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は400mハードルのS.マクローリン・レヴロン(米国)が選ばれた。

WA「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」ノミネート選手

■男子 ・N.チョプラ(インド)やり投 世界選手権、アジア大会優勝 ・R.クルーザー(米国)砲丸投 世界選手権優勝 世界記録 ・A.デュプランティス(スウェーデン)棒高跳 世界選手権、DL優勝 世界記録 ・S.エル・バッカリ(モロッコ)3000m障害 世界選手権優勝 今季無敗 ・J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 1500m/1マイル/5000m 世界選手権5000m優勝、1500m銀メダル 1500m、1マイル、3000mで欧州記録 ・K.キプトゥム(ケニア)マラソン ロンドンマラソン、シカゴマラソン優勝 世界記録 ・P.ルパージュ(カナダ)十種競技 世界選手権優勝 ・N.ライルズ(米国)100m/200m 100m、200mで世界選手権優勝 200m今季6戦無敗 ・A.マルティン(スペイン)競歩 20km競歩、35km競歩世界選手権優勝 ・M.テントグルー(ギリシャ)走幅跳 世界選手権、欧州室内選手権優勝 ・K.ワルホルム(ノルウェー)400m/400mハードル 400mハードル世界選手権優勝 400mで欧州室内記録 ■女子 ・T.アセファ(エチオピア)マラソン ベルリン・マラソン優勝 マラソン世界記録 ・F.ボル(オランダ) 400m/400mハードル 世界選手権400mハードル優勝 400m室内世界記録 ・S.ジャクソン(ジャマイカ)100m/200m 世界選手権200m優勝、100m銀メダル ダイヤモンドリーグ(DL)100m、200m優勝 ・F.キピエゴン(ケニア)1500m/1マイル/5000m 世界選手権1500m、5000m優勝 1500m、1マイル、5000m世界記録(5000mは当時) ・北口榛花(JAL)やり投 世界選手権、DL優勝 ・Y.マフチフ(ウクライナ)走高跳 世界選手権、DL優勝 ・M.ペレス(スペイン)競歩 世界選手権20km競歩、35km競歩優勝 35km競歩世界記録 ・G.ツェガイ(エチオピア)5000m/10000m 世界選手権10000m優勝 5000mDL優勝、世界記録 ・S.リチャードソン(米国)100m/200m 世界選手権100m優勝、200m銅メダル ・Y.ロハス(ベネズエラ)三段跳 世界選手権、DL優勝 ・W.ヤヴィ(バーレン)3000m障害 世界選手権、DL優勝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top