HOME 駅伝

2023.10.10

駒大2年生・山川拓馬がエース区間を快走!「田澤さんの記録まで行きたかった」/出雲駅伝
駒大2年生・山川拓馬がエース区間を快走!「田澤さんの記録まで行きたかった」/出雲駅伝

23年出雲駅伝3区で日本人トップの区間3位と好走した山川拓馬

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ)

学生三大駅伝の幕開けとなる出雲駅伝は、駒大が2時間7分51秒の大会新記録を打ち立て、2位の創価大には1分43秒の大差を付ける圧勝劇で連覇を果たした。

「3区の山川(拓馬、2年)が後ろとの差を広げた時点で、『これだったら(連覇は)行ける』と思いました」

1区・篠原倖太朗(3年)の区間賞に始まり、一度も先頭を明け渡すことのない完勝だったが、このレースで、藤田敦史監督が「勝てる」と最初に確信を持ったのが3区・山川の走りだった。

出雲の3区は、6区間中2番目に長く、各校のエース級が集う区間。昨年度の駒大は大エースの田澤廉(現・トヨタ自動車)が務めている。今回も、城西大のヴィクター・キムタイ(2年)、創価大のリーキー・カミナ(3年)の留学生をはじめ、國學院大の伊地知賢造(4年)、青学大の佐藤一世(4年)、早大の石塚陽士(3年)、中大の吉居駿恭(2年)と各校のエース級が名前を連ねた。

山川は昨年度の全日本大学駅伝の4区区間賞、箱根駅伝5区区間4位という実績があるとはいえ、強者ぞろいの駒大で出雲3区は大抜擢と言っていい。藤田監督は3区に篠原を起用するプランも考えていたが、篠原の状態が上りきっていなかったことから、山川を起用した。3区はアップダウンがあり、向かい風の予報が出ていたことも、タフな山川を3区に配した理由だった。

「去年は田澤さんが担った区間で、すごく重要な区間なのでプレッシャーがありました。でも、任されたからには良い走りをしなきゃいけないと思っていました」

そして、山川はその起用に見事に応えて見せた。

1区・篠原、2区・佐藤圭汰(2年)と連続区間賞で、山川がタスキを受けた時には、2位・青学大に39秒のアドバンテージがあった。
「1位で来るのは分かっていましたが、(2位以下を)離してくれて、だいぶ楽に走れました。いかに(4区の)伊藤(蒼唯、2年)を楽にさせてあげられるかを考えて走りました」

こう話すように、序盤の勢いを受けて、山川は積極的にレースを進め後続との差をどんどん広げていった。

最終的に留学生の城西大・キムタイに14秒、創価大・カミナに7秒及ばなかったものの、留学生2人に次いで区間3位と堂々とした走りを披露。区間4位の青学大・佐藤には32秒もの差をつけて、日本人トップで走った。また、2位との差を57秒とし、優勝をぐっと近づけた。

だが、この快走にも山川は満足することはない。

「設定では24分10秒と決めていたので、10秒も遅かった。できれば田澤さんの記録までいきたかったですが、留学生にも全然歯が立ちませんでした。そこに食い込んでいけるような選手にならないといけません。それに、ラストが利かなかったし、根本的なスピード持久力が足りていなかった。まだまだ力不足です」

山川の口からは、反省ばかりがついて出た。

「自分の目標は大学で終わるんじゃなくて、実業団で活躍すること。しっかりと力をつけて、もっと上を目指したい」

向上心の塊。すでに駅伝を中心に実績を重ねているが、山川は目線は高い。

駒大には、大八木弘明総監督のもとで、OBの田澤と練習を共にする鈴木芽吹(4年)、篠原、佐藤らの「Sグループ」がある。いずれは山川もこのグループに加わりたい意欲がある。その時には、駒大のエースとしてさらなる活躍を見せるつもりでいる。

文/和田悟志

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ) 学生三大駅伝の幕開けとなる出雲駅伝は、駒大が2時間7分51秒の大会新記録を打ち立て、2位の創価大には1分43秒の大差を付ける圧勝劇で連覇を果たした。 「3区の山川(拓馬、2年)が後ろとの差を広げた時点で、『これだったら(連覇は)行ける』と思いました」 1区・篠原倖太朗(3年)の区間賞に始まり、一度も先頭を明け渡すことのない完勝だったが、このレースで、藤田敦史監督が「勝てる」と最初に確信を持ったのが3区・山川の走りだった。 出雲の3区は、6区間中2番目に長く、各校のエース級が集う区間。昨年度の駒大は大エースの田澤廉(現・トヨタ自動車)が務めている。今回も、城西大のヴィクター・キムタイ(2年)、創価大のリーキー・カミナ(3年)の留学生をはじめ、國學院大の伊地知賢造(4年)、青学大の佐藤一世(4年)、早大の石塚陽士(3年)、中大の吉居駿恭(2年)と各校のエース級が名前を連ねた。 山川は昨年度の全日本大学駅伝の4区区間賞、箱根駅伝5区区間4位という実績があるとはいえ、強者ぞろいの駒大で出雲3区は大抜擢と言っていい。藤田監督は3区に篠原を起用するプランも考えていたが、篠原の状態が上りきっていなかったことから、山川を起用した。3区はアップダウンがあり、向かい風の予報が出ていたことも、タフな山川を3区に配した理由だった。 「去年は田澤さんが担った区間で、すごく重要な区間なのでプレッシャーがありました。でも、任されたからには良い走りをしなきゃいけないと思っていました」 そして、山川はその起用に見事に応えて見せた。 1区・篠原、2区・佐藤圭汰(2年)と連続区間賞で、山川がタスキを受けた時には、2位・青学大に39秒のアドバンテージがあった。 「1位で来るのは分かっていましたが、(2位以下を)離してくれて、だいぶ楽に走れました。いかに(4区の)伊藤(蒼唯、2年)を楽にさせてあげられるかを考えて走りました」 こう話すように、序盤の勢いを受けて、山川は積極的にレースを進め後続との差をどんどん広げていった。 最終的に留学生の城西大・キムタイに14秒、創価大・カミナに7秒及ばなかったものの、留学生2人に次いで区間3位と堂々とした走りを披露。区間4位の青学大・佐藤には32秒もの差をつけて、日本人トップで走った。また、2位との差を57秒とし、優勝をぐっと近づけた。 だが、この快走にも山川は満足することはない。 「設定では24分10秒と決めていたので、10秒も遅かった。できれば田澤さんの記録までいきたかったですが、留学生にも全然歯が立ちませんでした。そこに食い込んでいけるような選手にならないといけません。それに、ラストが利かなかったし、根本的なスピード持久力が足りていなかった。まだまだ力不足です」 山川の口からは、反省ばかりがついて出た。 「自分の目標は大学で終わるんじゃなくて、実業団で活躍すること。しっかりと力をつけて、もっと上を目指したい」 向上心の塊。すでに駅伝を中心に実績を重ねているが、山川は目線は高い。 駒大には、大八木弘明総監督のもとで、OBの田澤と練習を共にする鈴木芽吹(4年)、篠原、佐藤らの「Sグループ」がある。いずれは山川もこのグループに加わりたい意欲がある。その時には、駒大のエースとしてさらなる活躍を見せるつもりでいる。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top