HOME 駅伝

2023.10.10

創価大・吉田響が5区区間賞!1年10ヵ月ぶり駅伝「ワクワク」東海大から覚悟の編入「箱根駅伝で山の神になりたい」/出雲駅伝
創価大・吉田響が5区区間賞!1年10ヵ月ぶり駅伝「ワクワク」東海大から覚悟の編入「箱根駅伝で山の神になりたい」/出雲駅伝

2023年出雲駅伝5区区間賞の吉田響(創価大)

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ)

第35回出雲駅伝が10月9日に行われ、駒大が2時間7分51秒の大会新で連覇を果たした。2位に入ったのが創価大で、過去最高順位となる。チームに大きく貢献したのが5区区間賞の吉田響(3年)だった。

吉田は「抑えたつもりでしたが舞い上がってしまって、序盤は飛ばしてしまいました」。それもあり、「ラストは向かい風で苦しくて(ペースが)落ちてしまったのですが、序盤で貯金を作れたこともあり、こらえて走ることができました」と、17分45秒で前の区間の山森龍暁(4年)と連続区間賞で前を追いかけるとともに、後続を抑えて総合2位に大きく貢献した。

自身の特徴に挙げる「我慢強さ」を生かすため、5区は志願。夏合宿でも「ケガをせずに総走行距離1000km以上を達成できた」ことが自信になっている。吉田は久しぶりの主要大会に「ワクワクして臨みました。すごく楽しかったです」と笑顔を見せた。

覚悟の決断だった。東海大翔洋高から東海大へ進学。附属校としては当然の流れだった。1年目の箱根駅伝で5区区間2位という鮮烈なデビューを果たした吉田。『山の神』候補として大きな注目を集めたが、1年後の箱根の山にその姿はなかった。昨年10月の箱根駅伝予選会以降はレースから遠ざかっていた。

東海大では「練習でも学びがありましたし、箱根駅伝の楽しさも学ぶことができました」。しかし、健康面と精神面を理由に今年2月に退部。「辞めたいという思いが8、9割占めていました」。しかし、同じ静岡の御殿場出身で、創価大前監督の瀬上雄然氏に声をかけられたこともあり、少しずつ心が揺れる。

「附属高校出身で期待を裏切った部分もありました。葛藤も悩みもありました」。しかし、「一皮むけて成長したい、環境を変えてチャレンジしたいという気持ちが大きくなった」という吉田。そして、「最大の目標でもある、箱根駅伝の5区で区間新記録を作って『山の神』になりたい」と覚悟を決めた。

4月から創価大に編入。「心身ともにリラックスして競技に取り組めています」とその表情も明るい。もちろん、東海大時代の感謝も忘れず、「東海大時代からも含めて、たくさんの方に応援していただいて競技ができています」。今回の区間賞で、「感謝は結果でしか返せないので安心しました」と安堵の表情を浮かべる。

「目標だった3位以内を達成できて安心しましたが、駒大さんとは差がある。箱根駅伝で総合優勝するためには自分たちの力では足りないと課題が見えました。全日本大学駅伝で総合3位以内、箱根で総合優勝を目指して、個人では区間賞、区間新を目指していきたいです」

1年10ヵ月ぶりの駅伝で存在感を放った吉田。走ることの喜び、感謝を胸に、来年1月2日までノンストップで一気に駆け上がっていく。

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ) 第35回出雲駅伝が10月9日に行われ、駒大が2時間7分51秒の大会新で連覇を果たした。2位に入ったのが創価大で、過去最高順位となる。チームに大きく貢献したのが5区区間賞の吉田響(3年)だった。 吉田は「抑えたつもりでしたが舞い上がってしまって、序盤は飛ばしてしまいました」。それもあり、「ラストは向かい風で苦しくて(ペースが)落ちてしまったのですが、序盤で貯金を作れたこともあり、こらえて走ることができました」と、17分45秒で前の区間の山森龍暁(4年)と連続区間賞で前を追いかけるとともに、後続を抑えて総合2位に大きく貢献した。 自身の特徴に挙げる「我慢強さ」を生かすため、5区は志願。夏合宿でも「ケガをせずに総走行距離1000km以上を達成できた」ことが自信になっている。吉田は久しぶりの主要大会に「ワクワクして臨みました。すごく楽しかったです」と笑顔を見せた。 覚悟の決断だった。東海大翔洋高から東海大へ進学。附属校としては当然の流れだった。1年目の箱根駅伝で5区区間2位という鮮烈なデビューを果たした吉田。『山の神』候補として大きな注目を集めたが、1年後の箱根の山にその姿はなかった。昨年10月の箱根駅伝予選会以降はレースから遠ざかっていた。 東海大では「練習でも学びがありましたし、箱根駅伝の楽しさも学ぶことができました」。しかし、健康面と精神面を理由に今年2月に退部。「辞めたいという思いが8、9割占めていました」。しかし、同じ静岡の御殿場出身で、創価大前監督の瀬上雄然氏に声をかけられたこともあり、少しずつ心が揺れる。 「附属高校出身で期待を裏切った部分もありました。葛藤も悩みもありました」。しかし、「一皮むけて成長したい、環境を変えてチャレンジしたいという気持ちが大きくなった」という吉田。そして、「最大の目標でもある、箱根駅伝の5区で区間新記録を作って『山の神』になりたい」と覚悟を決めた。 4月から創価大に編入。「心身ともにリラックスして競技に取り組めています」とその表情も明るい。もちろん、東海大時代の感謝も忘れず、「東海大時代からも含めて、たくさんの方に応援していただいて競技ができています」。今回の区間賞で、「感謝は結果でしか返せないので安心しました」と安堵の表情を浮かべる。 「目標だった3位以内を達成できて安心しましたが、駒大さんとは差がある。箱根駅伝で総合優勝するためには自分たちの力では足りないと課題が見えました。全日本大学駅伝で総合3位以内、箱根で総合優勝を目指して、個人では区間賞、区間新を目指していきたいです」 1年10ヵ月ぶりの駅伝で存在感を放った吉田。走ることの喜び、感謝を胸に、来年1月2日までノンストップで一気に駆け上がっていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top