HOME 駅伝

2023.10.10

“もうひとつの出雲駅伝” 駒大・赤星雄斗がトップ「ここで勝ち切らないとアピールにはならない」/出雲市陸協記録会
“もうひとつの出雲駅伝” 駒大・赤星雄斗がトップ「ここで勝ち切らないとアピールにはならない」/出雲市陸協記録会

23年出雲市陸協記録会5000mで1着だった赤星雄斗

駒大が圧勝を飾った10月9日の出雲駅伝の直後、各大学のメンバー外だった選手たちが出場する出雲市陸協記録会、通称「もうひとつの出雲駅伝」が島根県浜山陸上競技場で開催された。

ここでも強さを見せたのは駒大の選手だった。

この記録会は5000mが全2組行われ、2組目には青学大の若林宏樹(3年)、早大の菖蒲敦司(4年)といった5000m13分台を持つ有力校の選手が多数出場した。

序盤は若林が集団を牽引し、入りの1000mは2分50秒、2000m通過は5分39秒と比較的ゆっくりしたペースで展開した。2000mからは國學院大の1年生、田中愛睦が先頭に立つ積極性を見せた。

満を持して残り3周で先頭に立ったのが、駒大の4年生・赤星雄斗だった。法大の宮岡幸大(3年)も食らいつき、2人は激しい先頭争いを繰り広げた。残り1周の鐘を前に宮岡が前に出たが、残り300mで赤星が先頭を奪い返した。そして、赤星がそのまま逃げ切って14分01秒23で1着でフィニッシュ。見事に出雲駅伝の“7区”を務め上げた。

「全日本と箱根に向けて、ここで勝ち切らないとアピールにはならないと思っていました。最後に出るだけのかたちになってしまいましたが、勝ちにこだわってやってきました」と、赤星にとっては狙い通りの結果だった。

出雲駅伝は5区にエントリーされていたものの、当日変更で出走が叶わず、2区を走った佐藤圭汰(2年)の付き添いを務めた。

藤田敦史監督は「サポートした後でも、こうやって勝ち切れるのは立派ですよ。さすが最上級生だなと思います。最後のキレがあまりないのですが、その中でも今日は最後に勝てるレースができた。収穫は非常に大きいんじゃないですか」と赤星の好走を称える。全日本のメンバー入りへ、赤星のアピールはうまくいったと見ていい。

昨年も、駒大の4年生・円健介が同記録会で5000m日本人トップの2着で走り、その後、全日本、箱根と活躍を見せた。「円さんも去年良い形で走って、全日本、箱根とつながっていった。それを意識した」と、赤星も先輩の円のような活躍を誓う。

今年の箱根駅伝の優勝メンバーでもある赤星は、関東インカレ(2部)のハーフマラソンを制するなど、どちらかと言えば長い距離を得意とする選手だ。出雲を走れなかったのは「自分の実力不足」と認めるが、赤星得意の長い距離となる全日本と箱根ではチームの力になるつもりだ。

また、4着には、約2週間前の一関ハーフで好走した庭瀬俊輝(3年)、5着には安原海晴(1年)が入った。庭瀬、安原の走りには「あともうちょっと……」と藤田監督は及第点を与えることはなかったが、「もうひとつの出雲駅伝」でも駒大勢の存在感は際立っていた。

なお、2着の宮岡は14分03秒16の自己ベストをマーク。3着には中大の大澤健人(4年)が入った。

文/和田悟志

駒大が圧勝を飾った10月9日の出雲駅伝の直後、各大学のメンバー外だった選手たちが出場する出雲市陸協記録会、通称「もうひとつの出雲駅伝」が島根県浜山陸上競技場で開催された。 ここでも強さを見せたのは駒大の選手だった。 この記録会は5000mが全2組行われ、2組目には青学大の若林宏樹(3年)、早大の菖蒲敦司(4年)といった5000m13分台を持つ有力校の選手が多数出場した。 序盤は若林が集団を牽引し、入りの1000mは2分50秒、2000m通過は5分39秒と比較的ゆっくりしたペースで展開した。2000mからは國學院大の1年生、田中愛睦が先頭に立つ積極性を見せた。 満を持して残り3周で先頭に立ったのが、駒大の4年生・赤星雄斗だった。法大の宮岡幸大(3年)も食らいつき、2人は激しい先頭争いを繰り広げた。残り1周の鐘を前に宮岡が前に出たが、残り300mで赤星が先頭を奪い返した。そして、赤星がそのまま逃げ切って14分01秒23で1着でフィニッシュ。見事に出雲駅伝の“7区”を務め上げた。 「全日本と箱根に向けて、ここで勝ち切らないとアピールにはならないと思っていました。最後に出るだけのかたちになってしまいましたが、勝ちにこだわってやってきました」と、赤星にとっては狙い通りの結果だった。 出雲駅伝は5区にエントリーされていたものの、当日変更で出走が叶わず、2区を走った佐藤圭汰(2年)の付き添いを務めた。 藤田敦史監督は「サポートした後でも、こうやって勝ち切れるのは立派ですよ。さすが最上級生だなと思います。最後のキレがあまりないのですが、その中でも今日は最後に勝てるレースができた。収穫は非常に大きいんじゃないですか」と赤星の好走を称える。全日本のメンバー入りへ、赤星のアピールはうまくいったと見ていい。 昨年も、駒大の4年生・円健介が同記録会で5000m日本人トップの2着で走り、その後、全日本、箱根と活躍を見せた。「円さんも去年良い形で走って、全日本、箱根とつながっていった。それを意識した」と、赤星も先輩の円のような活躍を誓う。 今年の箱根駅伝の優勝メンバーでもある赤星は、関東インカレ(2部)のハーフマラソンを制するなど、どちらかと言えば長い距離を得意とする選手だ。出雲を走れなかったのは「自分の実力不足」と認めるが、赤星得意の長い距離となる全日本と箱根ではチームの力になるつもりだ。 また、4着には、約2週間前の一関ハーフで好走した庭瀬俊輝(3年)、5着には安原海晴(1年)が入った。庭瀬、安原の走りには「あともうちょっと……」と藤田監督は及第点を与えることはなかったが、「もうひとつの出雲駅伝」でも駒大勢の存在感は際立っていた。 なお、2着の宮岡は14分03秒16の自己ベストをマーク。3着には中大の大澤健人(4年)が入った。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top