HOME 国内、大学

2023.10.09

女子マイルは福岡大が初V 男子4継は慶大が83年ぶり頂点つかむ/日本選手権リレー
女子マイルは福岡大が初V 男子4継は慶大が83年ぶり頂点つかむ/日本選手権リレー

女子4×400mRで初優勝を飾った福岡大のアンカー・森山静穂

◇第107回日本選手権リレー(10月7日~8日/東京・国立競技場)

10月8日、日本選手権リレーの2日目が行われ女子4×400mリレーは福岡大が3分38秒13で初めての優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

予選をトップタイムで通過していた福岡大は、1走の髙野七海がほぼトップでスタートすると、続く城戸優来は日本インカレ優勝の園田学園女子大や日体大に先行を許したものの、1位が見えるポジションをキープ。すると、3走で田島美春が後半に爆発。上位の2チームが競り合いで消耗するなか、ラスト100mからスピードを上げると、トップでエースの森山静穂にリレーした。

「前の3人が1位で持ってきてくれたので、落ち着いて走れました」と森山は前半を抑えてスタート。日体大の森山奈菜絵が急追してきたが、慌てることなく首位をキープし、バトンを持った左手を高々と上げてのフィニッシュとなった。

優勝を狙っていた日本インカレではトップと0.7秒差の2位。「インカレの悔しさを晴らしたかった」(森山)という大会で、見事に日本選手権のタイトルを獲得した。

男子4×400mリレーは筑波大が学生歴代2位となる3分03秒96で15年ぶりの栄冠。2位の法大(3分04秒54)、3位早大(3分04秒55)と上位3位までが大会記録を更新する好レースに。同4×100mリレーは慶大が実に83年ぶりとなる優勝を飾ったほか、女子4×100mリレーは甲南大が44秒82で連覇を果たしている。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年に続き、同時開催となったリレーフェスティバルでは、U16の4×100mリレーで男女ともに千葉が優勝。このほかにも市民ランナーが参加するさまざまなリレー種目が行われ、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)やオレゴン世界選手権20km競歩金メダリストの山西利和(愛知製鋼)なども登場し、会場を盛り上げた。

◇第107回日本選手権リレー(10月7日~8日/東京・国立競技場) 10月8日、日本選手権リレーの2日目が行われ女子4×400mリレーは福岡大が3分38秒13で初めての優勝を果たした。 予選をトップタイムで通過していた福岡大は、1走の髙野七海がほぼトップでスタートすると、続く城戸優来は日本インカレ優勝の園田学園女子大や日体大に先行を許したものの、1位が見えるポジションをキープ。すると、3走で田島美春が後半に爆発。上位の2チームが競り合いで消耗するなか、ラスト100mからスピードを上げると、トップでエースの森山静穂にリレーした。 「前の3人が1位で持ってきてくれたので、落ち着いて走れました」と森山は前半を抑えてスタート。日体大の森山奈菜絵が急追してきたが、慌てることなく首位をキープし、バトンを持った左手を高々と上げてのフィニッシュとなった。 優勝を狙っていた日本インカレではトップと0.7秒差の2位。「インカレの悔しさを晴らしたかった」(森山)という大会で、見事に日本選手権のタイトルを獲得した。 男子4×400mリレーは筑波大が学生歴代2位となる3分03秒96で15年ぶりの栄冠。2位の法大(3分04秒54)、3位早大(3分04秒55)と上位3位までが大会記録を更新する好レースに。同4×100mリレーは慶大が実に83年ぶりとなる優勝を飾ったほか、女子4×100mリレーは甲南大が44秒82で連覇を果たしている。 昨年に続き、同時開催となったリレーフェスティバルでは、U16の4×100mリレーで男女ともに千葉が優勝。このほかにも市民ランナーが参加するさまざまなリレー種目が行われ、男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)やオレゴン世界選手権20km競歩金メダリストの山西利和(愛知製鋼)なども登場し、会場を盛り上げた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top