HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.02

10年ぶり本戦復帰狙う東農大、初出場目指す麗澤大は“強力3本柱”を登録!/箱根駅伝予選会
10年ぶり本戦復帰狙う東農大、初出場目指す麗澤大は“強力3本柱”を登録!/箱根駅伝予選会

全日本大学駅伝関東選考会でU20歴代2位の28分03秒51をマークした前田和摩

関東学連は2日、第100回箱根駅伝の予選会(10月14日)に出場する大学と登録選手を発表した。

10年ぶりの本戦復帰を東農大は、1年時から主軸を担ってきた高槻芳照と並木寧音(ともに4年)、スーパールーキーの前田和摩をエントリー。10000mベストは前田が28分03秒51、高槻が28分11秒99、並木が28分16秒30と、強力3本柱を軸に悲願の予選会突破を狙う。

2018年、19年と2年続けて次点となり、昨年も14位と最も初出場に近い位置にいる麗澤大も主力を順当に登録。関東学生連合チームの一員として本戦出走経験のある工藤大和と鈴木康也(3年)、留学生のデイビッド・シュンゲヤ・ネイヤイ(2年)らを軸に本戦出場を目指す。

他にも復活を目指す常連校では神奈川大、中央学大、日大、拓大も順当にエントリー。今大会は本戦出場枠が従来から3校増加の「13」となったため、多くの大学にチャンスが生まれる。

各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位13チームが本戦出場権を得る。なお、2015年大会からオープン参加している関東学生連合チームは100回大会では編成されないことが決まっている。

テレビ中継は10月14日の午前9時25分から11時25分まで全国の日本テレビ系列で放送。TVerではスペシャルライブ配信も行われるという。

関東学連は2日、第100回箱根駅伝の予選会(10月14日)に出場する大学と登録選手を発表した。 10年ぶりの本戦復帰を東農大は、1年時から主軸を担ってきた高槻芳照と並木寧音(ともに4年)、スーパールーキーの前田和摩をエントリー。10000mベストは前田が28分03秒51、高槻が28分11秒99、並木が28分16秒30と、強力3本柱を軸に悲願の予選会突破を狙う。 2018年、19年と2年続けて次点となり、昨年も14位と最も初出場に近い位置にいる麗澤大も主力を順当に登録。関東学生連合チームの一員として本戦出走経験のある工藤大和と鈴木康也(3年)、留学生のデイビッド・シュンゲヤ・ネイヤイ(2年)らを軸に本戦出場を目指す。 他にも復活を目指す常連校では神奈川大、中央学大、日大、拓大も順当にエントリー。今大会は本戦出場枠が従来から3校増加の「13」となったため、多くの大学にチャンスが生まれる。 各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位13チームが本戦出場権を得る。なお、2015年大会からオープン参加している関東学生連合チームは100回大会では編成されないことが決まっている。 テレビ中継は10月14日の午前9時25分から11時25分まで全国の日本テレビ系列で放送。TVerではスペシャルライブ配信も行われるという。

第100回箱根駅伝予選会全57大学をチェック!

東京国際大 明大 帝京大 山梨学大 東海大 大東大 日体大 立教大 国士大 専大 ---以上は前回の本戦出場--- 神奈川大 中央学大 日大 麗澤大 筑波大 日本薬大 東農大 拓大 駿河台大 芝浦工大 上武大 明治学大 育英大 亜細亜大 関東学院大 慶大 桜美林大 東京経大 平成国際大 流経大 立正大 武蔵野学大 湘南工大 東大大学院 東大 清和大 東京理科大 高崎経大 成蹊大 一橋大 埼玉大 京産大 立命大 皇學館大 愛知工大 環太平洋大 日本文理大 大経大 札幌学大 中京大 信州大 東京工大大学院 放送大関西 国武大 群馬大 防衛大 千葉大

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top