HOME 国内

2023.09.30

サニブラウン自ら企画のイベント「サニブラウン スピードトライアル」開催!「子供たちに夢や選択の機会を」
サニブラウン自ら企画のイベント「サニブラウン スピードトライアル」開催!「子供たちに夢や選択の機会を」

自ら企画のイベントを実施したサニブラウン(右)。左は高校の部を制した菅野凌平選手(いわき光洋3福島)

世界選手権男子100m2大会連続入賞のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が9月30日、自身が「日本の陸上を盛り上げ、世界と戦える水準に引き上げたい」と企画したイベント『サニブラウンスピードトライアル』を東京・夢の島競技場で開催した。

小学生は50m、中学生と高校生は100mの記録会(非公認)を実施。各カテゴリーの優勝者は「TEAM Hakim」のメンバーとして、1年間の特別サポートを受けられるとあって、都内近郊だけでなく宮城や福島、兵庫や広島といった遠方からも含めて約100人が参加。サニブラウンの「とにかく楽しんで、精一杯がんばってください」というエールとともに、イベントがスタートした。

小学生から順に記録会が行われ、各組ごとに1着の選手の名前とタイムが読み上げられると、会場からは拍手が起こる。サニブラウンはスタンドに設けられた放送席から子供たちの走りを見守り、小学生、中学生、高校生のレースごとに、自身の思い出話を披露しながらアドバイスを挟み込む。

小学校の時は「僕はただがむしゃらに走っていただけ。みんなフォームがいいですね。伸び伸び走っているので、その気持ちを大事にがんばってほしいです」。

中学生のレースでは、「身体が大きくなるので、難しい時期。僕も1、2年の時は成長痛があって試合に出るのも難しかった」そうだが、「陸上に真剣に取り組み始めたのが中学生になってから。陸上人生が始まったタイミングです」と明かす。

高校生の時は「身体がだんだん大きくなって、みんな走りがしっかりしていますね」。そして、「いろいろた大会に出ることができ、速い選手にどんどん出会って、見る世界が変わっていきました」と振り返った。

小学生の部は今村美咲さんが7秒07、中学生の部は齊藤大雅選手(フォルテ)が11秒03、高校生の部は菅野凌平選手(いわき光洋3福島)が10秒75でそれぞれ優勝。今村さんは9月の全国小学生交流大会100m4位、齊藤選手は8月の愛媛全中100m出場、菅野選手は8月の北海道インターハイ100m3位の実績を持っている。

表彰式ではサニブラウン選手がブダペスト世界陸上で着用したものと同じファイアー・グローカラーのプーマ製スパイクが贈られた。

レース後は、トークイベントと参加者からのQ&Aが行われ、「来年はパリ五輪、その次には東京で世界陸上があるので、そこに向けてがんばりたい」と力強く話す。

また、子供たちに向けては、高校卒業後にフロリダ大へ留学するなど海外に挑戦した自身の経験を踏まえ、「怖がらずに、いろいろなことをいっぱい試してほしい。失敗から学ぶことも大きいので、いろいろなことに挑戦して、どんどん成長してほしいです」とアドバイスを送った。

Q&Aコーナーでは、「留学の時にやっていたほうがいいことは?」という質問に「英語は文法よりも、単語をいっぱい覚えることが一番大切です」。「スランプの時にはどう取り組みますか?」という質問には「先のことを考えると気持ちが落ちるので、1日1日、今、自分何ができるかを考えて取り組みます」と答えていた。

定員の約5倍の応募があったそうで、「急ごしらえの大会でしたが、ものすごい応募をいただきました」と感謝するサニブラウン。「子供たちと触れ合えたり、若い世代の人たちがどんな感じで練習をして、どんな気持ちで試合に臨んでいるのか、実際に見ることはなかなかできないので、良い機会になりました」と笑顔で振り返った。

世界選手権男子100m2大会連続入賞のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が9月30日、自身が「日本の陸上を盛り上げ、世界と戦える水準に引き上げたい」と企画したイベント『サニブラウンスピードトライアル』を東京・夢の島競技場で開催した。 小学生は50m、中学生と高校生は100mの記録会(非公認)を実施。各カテゴリーの優勝者は「TEAM Hakim」のメンバーとして、1年間の特別サポートを受けられるとあって、都内近郊だけでなく宮城や福島、兵庫や広島といった遠方からも含めて約100人が参加。サニブラウンの「とにかく楽しんで、精一杯がんばってください」というエールとともに、イベントがスタートした。 小学生から順に記録会が行われ、各組ごとに1着の選手の名前とタイムが読み上げられると、会場からは拍手が起こる。サニブラウンはスタンドに設けられた放送席から子供たちの走りを見守り、小学生、中学生、高校生のレースごとに、自身の思い出話を披露しながらアドバイスを挟み込む。 小学校の時は「僕はただがむしゃらに走っていただけ。みんなフォームがいいですね。伸び伸び走っているので、その気持ちを大事にがんばってほしいです」。 中学生のレースでは、「身体が大きくなるので、難しい時期。僕も1、2年の時は成長痛があって試合に出るのも難しかった」そうだが、「陸上に真剣に取り組み始めたのが中学生になってから。陸上人生が始まったタイミングです」と明かす。 高校生の時は「身体がだんだん大きくなって、みんな走りがしっかりしていますね」。そして、「いろいろた大会に出ることができ、速い選手にどんどん出会って、見る世界が変わっていきました」と振り返った。 小学生の部は今村美咲さんが7秒07、中学生の部は齊藤大雅選手(フォルテ)が11秒03、高校生の部は菅野凌平選手(いわき光洋3福島)が10秒75でそれぞれ優勝。今村さんは9月の全国小学生交流大会100m4位、齊藤選手は8月の愛媛全中100m出場、菅野選手は8月の北海道インターハイ100m3位の実績を持っている。 表彰式ではサニブラウン選手がブダペスト世界陸上で着用したものと同じファイアー・グローカラーのプーマ製スパイクが贈られた。 レース後は、トークイベントと参加者からのQ&Aが行われ、「来年はパリ五輪、その次には東京で世界陸上があるので、そこに向けてがんばりたい」と力強く話す。 また、子供たちに向けては、高校卒業後にフロリダ大へ留学するなど海外に挑戦した自身の経験を踏まえ、「怖がらずに、いろいろなことをいっぱい試してほしい。失敗から学ぶことも大きいので、いろいろなことに挑戦して、どんどん成長してほしいです」とアドバイスを送った。 Q&Aコーナーでは、「留学の時にやっていたほうがいいことは?」という質問に「英語は文法よりも、単語をいっぱい覚えることが一番大切です」。「スランプの時にはどう取り組みますか?」という質問には「先のことを考えると気持ちが落ちるので、1日1日、今、自分何ができるかを考えて取り組みます」と答えていた。 定員の約5倍の応募があったそうで、「急ごしらえの大会でしたが、ものすごい応募をいただきました」と感謝するサニブラウン。「子供たちと触れ合えたり、若い世代の人たちがどんな感じで練習をして、どんな気持ちで試合に臨んでいるのか、実際に見ることはなかなかできないので、良い機会になりました」と笑顔で振り返った。

「DAWN GAMES」で子供たちに夢や選択の機会を

[caption id="attachment_115475" align="alignnone" width="800"] 自らの構想を語ったサニブラウン[/caption] イベント終了後、集まったメディアに対してサニブラウンが今の想いを語った。 「サッカーやラグビー、バスケットボールなど他の競技が大きな大会を通して、発展、人気が上がっているように映ります。その中で、陸上はどんな立ち位置なのか。他の競技に比べると、人気の部分もそうだしなんか寂しいという結論に至りました。(2021年の)東京五輪から、(25年の)東京世界陸上まで世界大会が毎年行われているレアなケースなのに、その割には……。もっともっと盛り上がってほしい」 コロナ禍や、無観客だった東京五輪を経て、「観客の皆さんの応援があってこそのスポーツだと、身に染みて感じました」。さらには、フロリダ大スポーツマネジメント科の授業の中で「競技人生が終わった時に、何をやりたいのかを考えておいたほうがいい」と言われたことも、頭に残っていた。 「アスリートとして何ができるのか、子供たちのために何ができるのか、スポーツ界に対して何ができるのか」 その中から生まれたのが今回のイベントであり、さらに来年に向けて構想を描く「DAWN GAMES」だ。 「DAWN(ドーン)には『夜明け、始まり』という意味があります。この大会を始まりに、子供たちやさまざまな人に夢や希望、選択のチャンスを与えられれば。また、日本と言えば『日出ずる国』と呼ばれるので」と、大会名の由来を説明する。 関東、関西など全国を数地区に分けて予選を行い、東京で決勝を実施。その優勝者や成績優秀者に、「海外に行くチャンスを贈れれば」というのが、DAWN GAMESでの目玉となる。「トップ中のトップを肌で感じて、競技に対する意欲やいろいろなところを見るために、この大会を生かしていきたい」とサニブラウンは言葉に力を込める。 そして、「イベントや大会だけで終わらせるのはもったいない。そこから先、どんどん『育成』につなげたい。子供たちやいろいろな人が、自分の立っている位置に来られるような道標を示していければと思っています」と、さらなる未来への想いも口にした。 撮影/有川秀明

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top