HOME 駅伝

2023.09.30

大東大が独走で7年ぶり4回目の優勝! 玉川大、中大、順大が全日本出場権獲得/関東大学女子駅伝
大東大が独走で7年ぶり4回目の優勝! 玉川大、中大、順大が全日本出場権獲得/関東大学女子駅伝

大東大の蔦野萌々香

9月30日、第41回全日本大学女子駅伝の関東地区予選を兼ねた第29回関東大学女子駅伝が千葉県印西市の6区間34.4kmのコースで行われ、大東大が1時間52分25秒で7年ぶり4回目の優勝を果たした。

大会にはオープン参加を含め、前回より2チーム多い22チームが参加。大東大は1区で吉井優唯(1年)がトップと5秒差の3位でスタートを切ると、2区の藤原唯奈(3年)の区間賞でトップに浮上した。3区では留学生のサラ・ワンジル(1年)が区間2位で後続とのタイム差を1分以上に広げると、4区の蔦野萌々香(1年)、5区の野田真理耶(1年)、6区の四元桃奈(4年)がいずれも区間賞を獲得。昨年から距離設定が変更となった新しいコースではあるものの、前回の日体大が樹立した大会記録を2分38秒も塗り替えて、悲願の全日本制覇に向けて弾みとした。

前回途中棄権となった城西大が1時間54分42秒で2位。3区の髙橋葵(2年)が5位でタスキを受けると区間4位ながら3人をかわして2位に浮上。以降もその順位をキープした。連覇を狙った日体大が1時間55分28秒で3位。全日本大会のシード権を持たない4位玉川大、5位中大、6位順大が全国への出場権を手にしている。また、全日本のシード権を保持する拓大は6区で途中棄権となった。

なお、今大会で出場権を得られなかった大学でも、全国を対象とした5000m6名の持ちタイムによる書類選考で上位5校に入れば全日本大学女子駅伝に出場権が与えられる。

第41回全日本大学女子駅伝対校選手権大会は10月29日、仙台市陸上競技場を発着とする6区間38kmで争われる。

9月30日、第41回全日本大学女子駅伝の関東地区予選を兼ねた第29回関東大学女子駅伝が千葉県印西市の6区間34.4kmのコースで行われ、大東大が1時間52分25秒で7年ぶり4回目の優勝を果たした。 大会にはオープン参加を含め、前回より2チーム多い22チームが参加。大東大は1区で吉井優唯(1年)がトップと5秒差の3位でスタートを切ると、2区の藤原唯奈(3年)の区間賞でトップに浮上した。3区では留学生のサラ・ワンジル(1年)が区間2位で後続とのタイム差を1分以上に広げると、4区の蔦野萌々香(1年)、5区の野田真理耶(1年)、6区の四元桃奈(4年)がいずれも区間賞を獲得。昨年から距離設定が変更となった新しいコースではあるものの、前回の日体大が樹立した大会記録を2分38秒も塗り替えて、悲願の全日本制覇に向けて弾みとした。 前回途中棄権となった城西大が1時間54分42秒で2位。3区の髙橋葵(2年)が5位でタスキを受けると区間4位ながら3人をかわして2位に浮上。以降もその順位をキープした。連覇を狙った日体大が1時間55分28秒で3位。全日本大会のシード権を持たない4位玉川大、5位中大、6位順大が全国への出場権を手にしている。また、全日本のシード権を保持する拓大は6区で途中棄権となった。 なお、今大会で出場権を得られなかった大学でも、全国を対象とした5000m6名の持ちタイムによる書類選考で上位5校に入れば全日本大学女子駅伝に出場権が与えられる。 第41回全日本大学女子駅伝対校選手権大会は10月29日、仙台市陸上競技場を発着とする6区間38kmで争われる。

【総合成績】第29回関東大学女子駅伝

1位 大東大   1時間52分25秒 2位 城西大   1時間54分42秒 3位 日体大   1時間55分28秒 4位 玉川大   1時間55分45秒 5位 中大    1時間55分53秒 6位 順大    1時間55分59秒 ―以上、全日本大会出場? 7位 東農大   1時間57分43秒 8位 東洋大   1時間57分58秒 9位 城西国際大 1時間58分53秒 10位 立教大   1時間59分03秒 11位 帝京科学大 1時間59分43秒 12位 筑波大   1時間59分48秒 13位 駿河台大  2時間03分22秒 14位 東女体大  2時間04分56秒 15位 松蔭大   2時間06分22秒 16位 東海大   2時間06分38秒 17位 国士大   2時間11分19秒 18位 群馬大   2時間22分21秒    拓大    途中棄権    東大大学院 途中棄権    亜細亜大  途中棄権 オープン    東洋大B  2時間02分48秒 【区間賞】 1区(4.3km)嶋田桃子(日体大3) 13分39秒 2区(3.0km)藤原唯奈(大東大3) 9分30秒 3区(8.6km)小川陽香(立教大1) 28分14秒 4区(5.6km)蔦野萌々香(大東大1) 18分16秒 5区(7.3km)野田真理耶(大東大1)24分13秒 6区(5.6km)四元桃奈(大東大3) 18分28秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top