HOME 特集

2023.09.12

【日本インカレ見どころ/女子トラック】400mH日本代表・山本亜美が連覇狙う!1500m道下VS樫原、ハイレベルな100mH、競歩の日本代表勢など注目多数
【日本インカレ見どころ/女子トラック】400mH日本代表・山本亜美が連覇狙う!1500m道下VS樫原、ハイレベルな100mH、競歩の日本代表勢など注目多数

日本インカレ女子トラックで期待の樫原沙紀、田中きよの、山本亜美

9月14日から4日間、天皇賜盃第92回日本学生陸上競技対校選手権(日本インカレ)が埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われる。母校の誇りと、負けられない個人のプライドを懸けた学生たちの日本一決定戦。ここでは女子トラック種目の注目選手をピックアップしていく。

今夏の世界選手権やワールドユニバーシティゲームズ(ユニバ)に出場した“日本代表”も出場。見逃し厳禁となりそうだ。

最も注目なのは女子400mハードルの山本亜美(立命大)。今年の日本選手権を学生歴代3位となる56秒06で3連覇した。その勢いに乗ってアジア選手権銅メダル、ユニバ5位。さらに、ブダペスト世界選手権にも出場し、前半から積極的なレースを仕掛けた。この後のアジア大会でも代表に決まっている。対する青木穂花(青学大)、川村優佳ら早大勢も有力だ。

100mは関東勢が三浦由奈(筑波大)、田路遥香(中大)、関西勢は三浦愛華(園田学園女大)、岡根和奏(甲南大)、藏重みう(同)、九州勢は福岡大の城戸優来と田島美春が中心。11秒4台突入なるか。城戸、田島は200mでもランキングトップタイの23秒76。200mは前回2位の井戸アビゲイル風果(甲南大)も優勝候補に挙がる。

400mは前回覇者の森山静穂(福岡大)が調子を上げてきた。春はやや苦しんだが、6月の西日本インカレでは53秒98。8月の九州選手権では200mで23秒84をマークしている。さらに日本選手権3位の安達茉鈴(園田学園女大)も好調で、100mで11秒67の自己新を出すなどスピードが上がった。昨年のインターハイ女王で、日本選手権2位の児島柚月(立命大)は1年生優勝が懸かる。

800mは渡辺愛(園田学園女大)が優勝候補。ホクレン・ディスタンスチャレンジでは2分03秒75(学生歴代8位)をマークした。長谷川麻央(京都教育大)や、復活を期すヒリアー紗璃苗(青学大)、山口真実(九州共立大)らも注目だ。

1500mは学生記録保持者の道下美槻(立教大)と日本学生個人Vでユニバ代表の樫原沙紀(筑波大)のライバルが激突。5000mでは今季好調の山崎りさ(日体大)、米澤奈々香(名城大)、小川陽香(立教大)が大東大の留学生サラ・ワンジルに挑む。ワンジルは10000mにもエントリー。こちらはユニバ代表の村松灯(立命大)、北川星瑠(大阪芸大)、永長里緒(大阪学大)、谷本七星(名城大)が有力だ。

シニアに引っ張られるようにハイレベルなのが100mハードル。日本学生個人では本田怜(順大)と伊藤彩香(福岡大)が好記録を連発した。優勝した伊藤は13秒25、本田は13秒22をマークした。前回覇者で13秒20がベストの田中きよの(駿河台大)も戦線復帰。11年ぶり学生新(13秒15)のアナウンスが流れるかもしれない。

3000m障害は前回覇者の齋藤みう(日体大)、ランキングトップの10分10秒61を持つ川瀬真由(大東大)らが中心。10000m競歩はブダペスト世界選手権代表の柳井綾音(立命大)、アジア選手権代表の内藤未唯(神奈川大)らが覇権を争う。

4×100mリレーは福岡大が4連覇を狙う。日本選手権リレーVの甲南大らと学生記録更新もあり得そうだ。4×400mリレーは前回、山本亜美を擁した立命大が2連覇している。

女子総合優勝は日体大が2連覇中。今年も奪還を目指す筑波大との争いとなるか。学生ナンバー1を懸けた熱きは、9月14日に幕を開ける。

【みどころ】
男子トラック編
東洋大が誇る日本代表・栁田大輝、中島佑気ジョセフ!鵜澤飛羽100mに参戦、村竹ラシッド、黒川和樹らハードル陣は超ハイレベル

男子フィールド編
世界陸上代表・柄澤智哉が登場 鳥海勇斗、宮尾真仁に好記録の予感 80mスロワー・巖ら投てきも多士済々

女子フィールド編
円盤投・齋藤真希、ハンマー投・村上来花の日本代表勢に注目 三段跳・学生記録持つ船田、走幅跳は混戦模様

大会関連記事はこちら
最新ランキングはこちら

■天皇賜盃第92回日本学生陸上競技対校選手権(日本インカレ)
9月14日(金)~17日(日)/埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
<外部リンク>
大会HP
記録速報
大会の模様は「あすリートチャンネル」でライブ配信

9月14日から4日間、天皇賜盃第92回日本学生陸上競技対校選手権(日本インカレ)が埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われる。母校の誇りと、負けられない個人のプライドを懸けた学生たちの日本一決定戦。ここでは女子トラック種目の注目選手をピックアップしていく。 今夏の世界選手権やワールドユニバーシティゲームズ(ユニバ)に出場した“日本代表”も出場。見逃し厳禁となりそうだ。 最も注目なのは女子400mハードルの山本亜美(立命大)。今年の日本選手権を学生歴代3位となる56秒06で3連覇した。その勢いに乗ってアジア選手権銅メダル、ユニバ5位。さらに、ブダペスト世界選手権にも出場し、前半から積極的なレースを仕掛けた。この後のアジア大会でも代表に決まっている。対する青木穂花(青学大)、川村優佳ら早大勢も有力だ。 100mは関東勢が三浦由奈(筑波大)、田路遥香(中大)、関西勢は三浦愛華(園田学園女大)、岡根和奏(甲南大)、藏重みう(同)、九州勢は福岡大の城戸優来と田島美春が中心。11秒4台突入なるか。城戸、田島は200mでもランキングトップタイの23秒76。200mは前回2位の井戸アビゲイル風果(甲南大)も優勝候補に挙がる。 400mは前回覇者の森山静穂(福岡大)が調子を上げてきた。春はやや苦しんだが、6月の西日本インカレでは53秒98。8月の九州選手権では200mで23秒84をマークしている。さらに日本選手権3位の安達茉鈴(園田学園女大)も好調で、100mで11秒67の自己新を出すなどスピードが上がった。昨年のインターハイ女王で、日本選手権2位の児島柚月(立命大)は1年生優勝が懸かる。 800mは渡辺愛(園田学園女大)が優勝候補。ホクレン・ディスタンスチャレンジでは2分03秒75(学生歴代8位)をマークした。長谷川麻央(京都教育大)や、復活を期すヒリアー紗璃苗(青学大)、山口真実(九州共立大)らも注目だ。 1500mは学生記録保持者の道下美槻(立教大)と日本学生個人Vでユニバ代表の樫原沙紀(筑波大)のライバルが激突。5000mでは今季好調の山崎りさ(日体大)、米澤奈々香(名城大)、小川陽香(立教大)が大東大の留学生サラ・ワンジルに挑む。ワンジルは10000mにもエントリー。こちらはユニバ代表の村松灯(立命大)、北川星瑠(大阪芸大)、永長里緒(大阪学大)、谷本七星(名城大)が有力だ。 シニアに引っ張られるようにハイレベルなのが100mハードル。日本学生個人では本田怜(順大)と伊藤彩香(福岡大)が好記録を連発した。優勝した伊藤は13秒25、本田は13秒22をマークした。前回覇者で13秒20がベストの田中きよの(駿河台大)も戦線復帰。11年ぶり学生新(13秒15)のアナウンスが流れるかもしれない。 3000m障害は前回覇者の齋藤みう(日体大)、ランキングトップの10分10秒61を持つ川瀬真由(大東大)らが中心。10000m競歩はブダペスト世界選手権代表の柳井綾音(立命大)、アジア選手権代表の内藤未唯(神奈川大)らが覇権を争う。 4×100mリレーは福岡大が4連覇を狙う。日本選手権リレーVの甲南大らと学生記録更新もあり得そうだ。4×400mリレーは前回、山本亜美を擁した立命大が2連覇している。 女子総合優勝は日体大が2連覇中。今年も奪還を目指す筑波大との争いとなるか。学生ナンバー1を懸けた熱きは、9月14日に幕を開ける。 【みどころ】 男子トラック編
東洋大が誇る日本代表・栁田大輝、中島佑気ジョセフ!鵜澤飛羽100mに参戦、村竹ラシッド、黒川和樹らハードル陣は超ハイレベル
男子フィールド編
世界陸上代表・柄澤智哉が登場 鳥海勇斗、宮尾真仁に好記録の予感 80mスロワー・巖ら投てきも多士済々
女子フィールド編
円盤投・齋藤真希、ハンマー投・村上来花の日本代表勢に注目 三段跳・学生記録持つ船田、走幅跳は混戦模様
大会関連記事はこちら 最新ランキングはこちら ■天皇賜盃第92回日本学生陸上競技対校選手権(日本インカレ) 9月14日(金)~17日(日)/埼玉県・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 <外部リンク> 大会HP 記録速報 大会の模様は「あすリートチャンネル」でライブ配信

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top