HOME 国内、世界陸上、日本代表
やり投・北口榛花 表彰式終え会見「金メダルに戻ってこられた」大きな反響「陸上界の外に伝われば」/世界陸上
やり投・北口榛花 表彰式終え会見「金メダルに戻ってこられた」大きな反響「陸上界の外に伝われば」/世界陸上

ブダペスト世界選手権メダルセレモニーで笑顔を見せる北口榛花

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペスト世界陸上の大会7日目に行われた女子やり投で金メダルを獲得した北口榛花(JAL)が翌26日に表彰式で金メダルが手渡された。その後、競技場内で記者会見を開いた。

「今、映像を見てもやったことが信じられない。すごくうれしいです」と笑顔を見せる北口。表彰式では国旗掲揚と国歌が流れ、「涙がこみ上げてくる瞬間でした」。高3時に18歳未満の世界大会となる世界ユース選手権で金メダルを手にしているが、「その時は『君が代』を聞いた記憶がないので、こうして聞けて、自分で流せて良かった」と語る。

ジュニア・ユース世代で活躍した選手は、その後苦しむ例も少なくないなか、「U18で金メダルを取ってから、シニアで金メダルを取るのは難しいと言われ続けてきました。ジュニアやユニバーシアードでは金メダルを取れなかったですが、金メダルに戻って来られて幸せです」と笑顔を浮かべる。

この快挙に大きな反響もあり、SNSなど「いつもなら全部頑張って見るけど、スクロールしてもまだまだ読み切れていません。日本のいる方々も深夜まで起きて見てくださってすごくうれしかったですし、それが陸上界だけではなく、外にも伝わればいいなと思います」。以前から「やり投をもっとメジャーにしたい」と語っていたが、この結果で間違いなく種目への注目度も高まった。

単身チェコに渡り、世界と戦っている北口。「トップを目指すには苦しいこともたくさんしないといけないし、やるべきことがたくさんある」。それが「トップアスリートの現実」であり「思い詰めることもある」。それでも、北口はいつも笑顔だ。

「スポーツは心から楽しむもの。やる人、見る人が楽しむというのがスポーツ。それを知ってもらえる機会になればいいなと思います。私はやり投が楽しくて競技をしている。そういった部分が伝わればいい」

今回の結果でパリ五輪も内定。さらに、2025年に控える東京世界選手権のワイルドカード(前回優勝者への出場権)も獲得した。ワイルドカードを持つ国は、それを除いて3枠が代表となれるため、最大で4人が出場できることになる。これは北口がずっと目標にしていたことの一つ。「今回、やっと4枠にできてすごくうれしい。それを目標に日本の女子やり投全体が頑張ればいいなと思います」。

今後に向けて「ダイヤモンドリーグ(ファイナルの)オレゴンで良い勝負ができるように準備したい。パリ五輪に向けてはまだ考えられませんが、まずはケガをせず終えて、休養を取ってからトレーニングを積めればいいなと思います」と語る。

会見には海外メディアも出席。英語で答えるなど注目度も増している。表彰式や会見を含めてタイトなスケジュールに、さすがに疲れた表情も見せた北口。その胸にはしっかりと一番輝くメダルが大事そうにかけられていた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペスト世界陸上の大会7日目に行われた女子やり投で金メダルを獲得した北口榛花(JAL)が翌26日に表彰式で金メダルが手渡された。その後、競技場内で記者会見を開いた。 「今、映像を見てもやったことが信じられない。すごくうれしいです」と笑顔を見せる北口。表彰式では国旗掲揚と国歌が流れ、「涙がこみ上げてくる瞬間でした」。高3時に18歳未満の世界大会となる世界ユース選手権で金メダルを手にしているが、「その時は『君が代』を聞いた記憶がないので、こうして聞けて、自分で流せて良かった」と語る。 ジュニア・ユース世代で活躍した選手は、その後苦しむ例も少なくないなか、「U18で金メダルを取ってから、シニアで金メダルを取るのは難しいと言われ続けてきました。ジュニアやユニバーシアードでは金メダルを取れなかったですが、金メダルに戻って来られて幸せです」と笑顔を浮かべる。 この快挙に大きな反響もあり、SNSなど「いつもなら全部頑張って見るけど、スクロールしてもまだまだ読み切れていません。日本のいる方々も深夜まで起きて見てくださってすごくうれしかったですし、それが陸上界だけではなく、外にも伝わればいいなと思います」。以前から「やり投をもっとメジャーにしたい」と語っていたが、この結果で間違いなく種目への注目度も高まった。 単身チェコに渡り、世界と戦っている北口。「トップを目指すには苦しいこともたくさんしないといけないし、やるべきことがたくさんある」。それが「トップアスリートの現実」であり「思い詰めることもある」。それでも、北口はいつも笑顔だ。 「スポーツは心から楽しむもの。やる人、見る人が楽しむというのがスポーツ。それを知ってもらえる機会になればいいなと思います。私はやり投が楽しくて競技をしている。そういった部分が伝わればいい」 今回の結果でパリ五輪も内定。さらに、2025年に控える東京世界選手権のワイルドカード(前回優勝者への出場権)も獲得した。ワイルドカードを持つ国は、それを除いて3枠が代表となれるため、最大で4人が出場できることになる。これは北口がずっと目標にしていたことの一つ。「今回、やっと4枠にできてすごくうれしい。それを目標に日本の女子やり投全体が頑張ればいいなと思います」。 今後に向けて「ダイヤモンドリーグ(ファイナルの)オレゴンで良い勝負ができるように準備したい。パリ五輪に向けてはまだ考えられませんが、まずはケガをせず終えて、休養を取ってからトレーニングを積めればいいなと思います」と語る。 会見には海外メディアも出席。英語で答えるなど注目度も増している。表彰式や会見を含めてタイトなスケジュールに、さすがに疲れた表情も見せた北口。その胸にはしっかりと一番輝くメダルが大事そうにかけられていた。

【動画】ブダペストにひるがえる「日の丸」 女子やり投の表彰式

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top