HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子35km初入賞7位の園田世玲奈「この1年のしんどさを忘れるぐらいうれしい」前回9位の雪辱/世界陸上
女子35km初入賞7位の園田世玲奈「この1年のしんどさを忘れるぐらいうれしい」前回9位の雪辱/世界陸上

23年ブダペスト世界選手権女子35km競歩で7位となった園田世玲奈

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目

ブダペスト世界陸上6日目のモーニングセッションが行われ、女子35km競歩に出場した園田世玲奈(NTN)が2時間46分32秒で7位に食い込み、「この1年間すごくしんどいこともいっぱいあったんですけど、そのしんどさを忘れるぐらい、今日入賞できたことがとてもうれしいです」と誇らしげに語った。

広告の下にコンテンツが続きます

世界大会初挑戦だった昨年のオレゴン世界選手権では、2時間45分09秒の当時日本最高をマークする健闘を見せたが、8位との差はわずかに7秒。「9位という順位がとても悔しくて、今大会でリベンジするという思いが強かった」と言う。

その姿勢はレースぶりにも表れ、序盤は積極的に先頭集団に食らいつた。「速いペースになることはわかっていたんですが、前半からどんどん積極的に行かないと、後半は暑さがあるので粘るレースができないと思ったんです」。その裏には、米国・ボルダーでの高地合宿や、「40kmや30kmを何回もやってきた」というこの1年の取り組みへの自信があった。

9km過ぎに5人の集団から離れてからも、「(順位を)上げるのは厳しくても、後ろを把握して維持するということを目標に」ペースを守る。一時は7位に下がったが、上位選手の途中棄権で6位に浮上した。

苦しい場面では、前日に腰椎捻挫のため欠場となった日本記録保持者・岡田久美子(富士通)の顔が浮かんだ。「出られない岡田さんが一番悔しいと思う。その分もがんばろう」。レース前には「がんばってね、と温かい言葉をいただきました」。

広告の下にコンテンツが続きます

残り1kmを切って1人に抜かれたが、堂々の7位。「練習でやってきた粘りのあるレースができました」。園田は両手を広げ、笑顔でフィニッシュした。

滋賀・草津東高、中京大出身の26歳。トラックや20kmで主要タイトルを手にしたことはなかったが、35kmという距離で世界への道が開けた。

来年のパリ五輪ではこの種目が実施されないことが決まっているが、「20kmでもリレー(42.195kmを男女各1名で4つの区間を交互につなぐ)でも、スピードという部分は変わらないので、しっかり勝負していきたい」と言葉に力を込めた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目 ブダペスト世界陸上6日目のモーニングセッションが行われ、女子35km競歩に出場した園田世玲奈(NTN)が2時間46分32秒で7位に食い込み、「この1年間すごくしんどいこともいっぱいあったんですけど、そのしんどさを忘れるぐらい、今日入賞できたことがとてもうれしいです」と誇らしげに語った。 世界大会初挑戦だった昨年のオレゴン世界選手権では、2時間45分09秒の当時日本最高をマークする健闘を見せたが、8位との差はわずかに7秒。「9位という順位がとても悔しくて、今大会でリベンジするという思いが強かった」と言う。 その姿勢はレースぶりにも表れ、序盤は積極的に先頭集団に食らいつた。「速いペースになることはわかっていたんですが、前半からどんどん積極的に行かないと、後半は暑さがあるので粘るレースができないと思ったんです」。その裏には、米国・ボルダーでの高地合宿や、「40kmや30kmを何回もやってきた」というこの1年の取り組みへの自信があった。 9km過ぎに5人の集団から離れてからも、「(順位を)上げるのは厳しくても、後ろを把握して維持するということを目標に」ペースを守る。一時は7位に下がったが、上位選手の途中棄権で6位に浮上した。 苦しい場面では、前日に腰椎捻挫のため欠場となった日本記録保持者・岡田久美子(富士通)の顔が浮かんだ。「出られない岡田さんが一番悔しいと思う。その分もがんばろう」。レース前には「がんばってね、と温かい言葉をいただきました」。 残り1kmを切って1人に抜かれたが、堂々の7位。「練習でやってきた粘りのあるレースができました」。園田は両手を広げ、笑顔でフィニッシュした。 滋賀・草津東高、中京大出身の26歳。トラックや20kmで主要タイトルを手にしたことはなかったが、35kmという距離で世界への道が開けた。 来年のパリ五輪ではこの種目が実施されないことが決まっているが、「20kmでもリレー(42.195kmを男女各1名で4つの区間を交互につなぐ)でも、スピードという部分は変わらないので、しっかり勝負していきたい」と言葉に力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2023.12.01

女子やり投の北口榛花が2023年最も輝きを放ったCrystalAthleteに決定!選手、ファン、メディア投票で決定の「GetsurikuAwards」

月陸Onlineが2022年に創設した「Getsuriku Awards」。選手やファン、メディアからの投票によって、そのシーズンで『最も輝きを放った選手=Crystal Athlete』として表彰する。 広告の下にコン […]

NEWS 島原学生駅伝のオーダー発表! 全日本出場の鹿児島大は九州インカレ1万mVの茅野智裕を3区に起用 女子は福岡大・宮原なな佳が最長4区に登録

2023.12.01

島原学生駅伝のオーダー発表! 全日本出場の鹿児島大は九州インカレ1万mVの茅野智裕を3区に起用 女子は福岡大・宮原なな佳が最長4区に登録

12月1日、九州学連は2日に行われる島原学生駅伝(男子/第41回九州学生駅伝、女子/第23回九州学生女子駅伝)の区間オーダーを発表した。 男子は7区間57.75kmのコースで実施。今年11月の全日本大学駅伝に39大会ぶり […]

NEWS 資生堂の木之下沙椰が競技引退「応援本当にありがとうございました」 神村学園高では全国高校駅伝優勝に貢献

2023.12.01

資生堂の木之下沙椰が競技引退「応援本当にありがとうございました」 神村学園高では全国高校駅伝優勝に貢献

12月1日、資生堂は木之下沙椰が11月30日をもって現役引退したことを発表した。 木之下は鹿児島県出身。小学生からクラブチームで陸上を始め、伊集院北中で本格的に長距離に挑戦。中学時代は3年次の九州大会800m出場の実績を […]

NEWS 鹿児島・大崎での室内競技会がパリ五輪イヤーの24年も開催!来年2月25日、国内唯一の室内100m公認レース

2023.12.01

鹿児島・大崎での室内競技会がパリ五輪イヤーの24年も開催!来年2月25日、国内唯一の室内100m公認レース

大崎町陸上競技の聖地創り実行委員会事務局は12月1日、毎年開催しているJapan Athlete Games in Osakiの2024年大会要項を発表した。 この大会は2020年開催予定だった鹿児島国体がコロナ禍で中止 […]

NEWS 【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

2023.12.01

【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2023年12月号 (11月14日発売)

2023年12月号 (11月14日発売)

全日本大学駅伝
MGC
北口榛花、田中希実インタビュー

page top