HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子35km初入賞7位の園田世玲奈「この1年のしんどさを忘れるぐらいうれしい」前回9位の雪辱/世界陸上
女子35km初入賞7位の園田世玲奈「この1年のしんどさを忘れるぐらいうれしい」前回9位の雪辱/世界陸上

23年ブダペスト世界選手権女子35km競歩で7位となった園田世玲奈

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目

ブダペスト世界陸上6日目のモーニングセッションが行われ、女子35km競歩に出場した園田世玲奈(NTN)が2時間46分32秒で7位に食い込み、「この1年間すごくしんどいこともいっぱいあったんですけど、そのしんどさを忘れるぐらい、今日入賞できたことがとてもうれしいです」と誇らしげに語った。

世界大会初挑戦だった昨年のオレゴン世界選手権では、2時間45分09秒の当時日本最高をマークする健闘を見せたが、8位との差はわずかに7秒。「9位という順位がとても悔しくて、今大会でリベンジするという思いが強かった」と言う。

その姿勢はレースぶりにも表れ、序盤は積極的に先頭集団に食らいつた。「速いペースになることはわかっていたんですが、前半からどんどん積極的に行かないと、後半は暑さがあるので粘るレースができないと思ったんです」。その裏には、米国・ボルダーでの高地合宿や、「40kmや30kmを何回もやってきた」というこの1年の取り組みへの自信があった。

9km過ぎに5人の集団から離れてからも、「(順位を)上げるのは厳しくても、後ろを把握して維持するということを目標に」ペースを守る。一時は7位に下がったが、上位選手の途中棄権で6位に浮上した。

苦しい場面では、前日に腰椎捻挫のため欠場となった日本記録保持者・岡田久美子(富士通)の顔が浮かんだ。「出られない岡田さんが一番悔しいと思う。その分もがんばろう」。レース前には「がんばってね、と温かい言葉をいただきました」。

残り1kmを切って1人に抜かれたが、堂々の7位。「練習でやってきた粘りのあるレースができました」。園田は両手を広げ、笑顔でフィニッシュした。

滋賀・草津東高、中京大出身の26歳。トラックや20kmで主要タイトルを手にしたことはなかったが、35kmという距離で世界への道が開けた。

来年のパリ五輪ではこの種目が実施されないことが決まっているが、「20kmでもリレー(42.195kmを男女各1名で4つの区間を交互につなぐ)でも、スピードという部分は変わらないので、しっかり勝負していきたい」と言葉に力を込めた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目 ブダペスト世界陸上6日目のモーニングセッションが行われ、女子35km競歩に出場した園田世玲奈(NTN)が2時間46分32秒で7位に食い込み、「この1年間すごくしんどいこともいっぱいあったんですけど、そのしんどさを忘れるぐらい、今日入賞できたことがとてもうれしいです」と誇らしげに語った。 世界大会初挑戦だった昨年のオレゴン世界選手権では、2時間45分09秒の当時日本最高をマークする健闘を見せたが、8位との差はわずかに7秒。「9位という順位がとても悔しくて、今大会でリベンジするという思いが強かった」と言う。 その姿勢はレースぶりにも表れ、序盤は積極的に先頭集団に食らいつた。「速いペースになることはわかっていたんですが、前半からどんどん積極的に行かないと、後半は暑さがあるので粘るレースができないと思ったんです」。その裏には、米国・ボルダーでの高地合宿や、「40kmや30kmを何回もやってきた」というこの1年の取り組みへの自信があった。 9km過ぎに5人の集団から離れてからも、「(順位を)上げるのは厳しくても、後ろを把握して維持するということを目標に」ペースを守る。一時は7位に下がったが、上位選手の途中棄権で6位に浮上した。 苦しい場面では、前日に腰椎捻挫のため欠場となった日本記録保持者・岡田久美子(富士通)の顔が浮かんだ。「出られない岡田さんが一番悔しいと思う。その分もがんばろう」。レース前には「がんばってね、と温かい言葉をいただきました」。 残り1kmを切って1人に抜かれたが、堂々の7位。「練習でやってきた粘りのあるレースができました」。園田は両手を広げ、笑顔でフィニッシュした。 滋賀・草津東高、中京大出身の26歳。トラックや20kmで主要タイトルを手にしたことはなかったが、35kmという距離で世界への道が開けた。 来年のパリ五輪ではこの種目が実施されないことが決まっているが、「20kmでもリレー(42.195kmを男女各1名で4つの区間を交互につなぐ)でも、スピードという部分は変わらないので、しっかり勝負していきたい」と言葉に力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top