HOME 国内、世界陸上、日本代表
「パリ五輪に向けてラスト勝負をしたい」廣中璃梨佳5000mでも快走狙うも最後に力尽く/世界陸上
「パリ五輪に向けてラスト勝負をしたい」廣中璃梨佳5000mでも快走狙うも最後に力尽く/世界陸上

最後まで決勝進出圏内でレースを進めるも最後は引き離されてのフィニッシュとなった廣中璃梨佳

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界陸上5日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000m予選1組に出場した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分11秒16の12着でフィニッシュした。

8着までの決勝進出ラインには届かなかったものの、ラスト1周まで予選突破圏内を走行するなど、最後まで可能生のある走りを見せた廣中。大会初日の10000mではスローペースのなかでレースを進め、残り400mからのスパートで7位入賞を果たしていたが、「10000mで自分のリズムで走れなかったことでいつもと違う疲労、筋肉痛があった」と明かす。

今大会は次ラウンドへの進出方法が着順のみとなったため、全体的にスローとなる傾向があったものの、1000mは3分09秒、2000mは6分10秒、3000mは9分18秒と細かなアップダウンが続き、廣中の余力も徐々に奪われる。

4000mまでにポジションを上げたものの、さらにギアを入れ替えるライバルに対抗できる脚は残っていなかった。

「スローになるかと思っていたのですが徐々にハイペースになった。8着を取りたかったのですが、ラスト100mは地に足がついているかわからない状態でした。悔しいです」

今季は決して順調ではなかった。むしろ、悪いとも言えるシーズン前半だった。左アキレス腱を痛め、ゴールデンゲームズinのべおかは、3位以内で代表内定だったものの4位。日本選手権5000mも21位と涙を流した。

それでも、7月頃から状態は上向くと10000mの入賞につなげている。10000mでは思い通りのレースを描けたが、さらにスピード化が進んでいるこの種目に対応するまでには至らなかった。

「パリ五輪に向けてラスト勝負をしたい。次につなげたいし、継続していく」今大会で得た収穫と課題を胸に、日本女子長距離のエースは来年のパリへと向かう。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界陸上5日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000m予選1組に出場した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分11秒16の12着でフィニッシュした。 8着までの決勝進出ラインには届かなかったものの、ラスト1周まで予選突破圏内を走行するなど、最後まで可能生のある走りを見せた廣中。大会初日の10000mではスローペースのなかでレースを進め、残り400mからのスパートで7位入賞を果たしていたが、「10000mで自分のリズムで走れなかったことでいつもと違う疲労、筋肉痛があった」と明かす。 今大会は次ラウンドへの進出方法が着順のみとなったため、全体的にスローとなる傾向があったものの、1000mは3分09秒、2000mは6分10秒、3000mは9分18秒と細かなアップダウンが続き、廣中の余力も徐々に奪われる。 4000mまでにポジションを上げたものの、さらにギアを入れ替えるライバルに対抗できる脚は残っていなかった。 「スローになるかと思っていたのですが徐々にハイペースになった。8着を取りたかったのですが、ラスト100mは地に足がついているかわからない状態でした。悔しいです」 今季は決して順調ではなかった。むしろ、悪いとも言えるシーズン前半だった。左アキレス腱を痛め、ゴールデンゲームズinのべおかは、3位以内で代表内定だったものの4位。日本選手権5000mも21位と涙を流した。 それでも、7月頃から状態は上向くと10000mの入賞につなげている。10000mでは思い通りのレースを描けたが、さらにスピード化が進んでいるこの種目に対応するまでには至らなかった。 「パリ五輪に向けてラスト勝負をしたい。次につなげたいし、継続していく」今大会で得た収穫と課題を胸に、日本女子長距離のエースは来年のパリへと向かう。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top