HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子走幅跳トリオは予選突破ならず 城山「結果を残してなんぼ」吉田「現実を突きつけられた」/世界陸上
男子走幅跳トリオは予選突破ならず 城山「結果を残してなんぼ」吉田「現実を突きつけられた」/世界陸上

男子走幅跳に出場したものの、実力を発揮できなかった城山正太郎(左)と吉田弘道

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、男子走幅跳予選B組に出場した城山正太郎(ゼンリン)と吉田弘道(神崎郡陸協)は力を発揮し切れず。A組の橋岡優輝(富士通)を含め、日本トリオはいずれも予選敗退となった。

広告の下にコンテンツが続きます

1回目のファウルを皮切りに、「3本目まで全部ダメでした」と振り返る城山。2回目が7m22(-0.3)で、3回目の7m46(-0.8)が最高となり、同組15位にとどまった。「踏み切りがいつもの動きではなかった。キレは悪くなかったけど、助走のリズムが少しずつズレていました」。

8m40の日本記録を樹立した2019年ドーハ世界選手権では、シニア世界大会初出場ながら決勝進出を果たして11位。2年後の東京五輪にも出場した(予選敗退)。昨年はオレゴン世界選手権代表入りを逃したものの、巻き返しを図った今季は日本選手権で初優勝を飾るなど復調をアピールしていた。

それでも、肝心の世界の舞台で振るわず「出場できたのはうれしかったですが、結果を残してなんぼ。悔しいです」と唇を噛む。来年のパリ五輪で再び世界と戦うためにも、秋のアジア大会は貴重な経験の場となる。「アジア大会でしっかりと結果を残したい」と決意を口にした。

吉田はこれがシニアの世界大会初挑戦。「すべてが初めてで新鮮でした。あの舞台に立てたことが幸せだった」と喜びを噛みしめつつ、「現実を突きつけられました」。

広告の下にコンテンツが続きます

1回目は大きく踏み出してファウル。2回目は7m60(+1.2)にまとめたが、3回目も再びファウルとなり、同組13位どまりだった。試技内容も含め、「戦うのは早いと言われた気分です」と振り返る。

5月のセイコーゴールデングランプリで世界選手権参加標準記録を突破する、日本歴代3位の8m26をジャンプ。日本選手権で3位以内に入れば代表内定だったが、10位どまりだった。落選も覚悟したが、吉田以外に標準突破者が現れず、世界初挑戦のチャンスを得た。

だからこそ、「喪失感ではなく、もっといい経験にできるようにパリ五輪、東京世界選手権へとつなげていきたいです」と吉田。その覚悟を、結果で示していく。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、男子走幅跳予選B組に出場した城山正太郎(ゼンリン)と吉田弘道(神崎郡陸協)は力を発揮し切れず。A組の橋岡優輝(富士通)を含め、日本トリオはいずれも予選敗退となった。 1回目のファウルを皮切りに、「3本目まで全部ダメでした」と振り返る城山。2回目が7m22(-0.3)で、3回目の7m46(-0.8)が最高となり、同組15位にとどまった。「踏み切りがいつもの動きではなかった。キレは悪くなかったけど、助走のリズムが少しずつズレていました」。 8m40の日本記録を樹立した2019年ドーハ世界選手権では、シニア世界大会初出場ながら決勝進出を果たして11位。2年後の東京五輪にも出場した(予選敗退)。昨年はオレゴン世界選手権代表入りを逃したものの、巻き返しを図った今季は日本選手権で初優勝を飾るなど復調をアピールしていた。 それでも、肝心の世界の舞台で振るわず「出場できたのはうれしかったですが、結果を残してなんぼ。悔しいです」と唇を噛む。来年のパリ五輪で再び世界と戦うためにも、秋のアジア大会は貴重な経験の場となる。「アジア大会でしっかりと結果を残したい」と決意を口にした。 吉田はこれがシニアの世界大会初挑戦。「すべてが初めてで新鮮でした。あの舞台に立てたことが幸せだった」と喜びを噛みしめつつ、「現実を突きつけられました」。 1回目は大きく踏み出してファウル。2回目は7m60(+1.2)にまとめたが、3回目も再びファウルとなり、同組13位どまりだった。試技内容も含め、「戦うのは早いと言われた気分です」と振り返る。 5月のセイコーゴールデングランプリで世界選手権参加標準記録を突破する、日本歴代3位の8m26をジャンプ。日本選手権で3位以内に入れば代表内定だったが、10位どまりだった。落選も覚悟したが、吉田以外に標準突破者が現れず、世界初挑戦のチャンスを得た。 だからこそ、「喪失感ではなく、もっといい経験にできるようにパリ五輪、東京世界選手権へとつなげていきたいです」と吉田。その覚悟を、結果で示していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top