HOME 国内、世界陸上、日本代表
やり投アジア女王・斉藤「悔しいの一言」連続出場の上田「1年で戻った自分を認めたい」ともに予選敗退/世界陸上
やり投アジア女王・斉藤「悔しいの一言」連続出場の上田「1年で戻った自分を認めたい」ともに予選敗退/世界陸上

女子やり投の斉藤真理菜(左)、と上田百寧はともに60mに乗せられず決勝に進めなかった

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、女子やり投に出場した斉藤真理菜(スズキ)と上田百寧(ゼンリン)はともに決勝には進めなかった。

6月の日本選手権、7月のアジア選手権をいずれも制し、3大会ぶりに世界選手権のピットに立った斉藤だが、「決勝に行くと決めてやってきた」予選で悔し涙を流す結果となった。

1投目がファウル、2投目が56m24と苦しい展開に。3投目に58m95をスローして同組7位につけたが、全体の15番目。予選突破の12番目にあと71cm届かなかった。

「直前にスパイクのピンを変えないといけなくなった」とアクシデントがあり、感覚に狂いが生じた。「適応能力がなかっただけ」としつつも、その影響は大きかっただろう。

「ただただ悔しいの一言で終わりました」と涙を浮かべる斉藤だが、秋には再びアジアとの勝負が控える。その先にあるパリ五輪も見据え、「アジア大会では絶対に勝ちます」と言葉に力を込めた。

上田は、前回はブロック脚の左膝前十字靱帯を抱えた状態での世界初挑戦。今回は「去年とは違う状態で出ることができました」と、ケガを乗り越えての2大会連続出場だった。

ただ、「ケガをしてからブロックがうまくできていない」と、まだトップフォームには戻せていない中で、「3回で投げないといけないプレッシャーがありました」。1投目は54m67、2投目と3投目は56m19。「もう少し思い切って投げたかったです」とうつむく。

それでも、前回大会を終えてすぐ手術をし、復帰へ地道なトレーニングを重ねてきた。「1年でここに戻ってこられた自分を認めてあげたいし、周りの支えもありました」。だからこそ、「記録で応えたかった」と涙がこぼれる。

北口榛花(JAL)を筆頭にハイレベルの国内の争いの中で、この結果で安穏としているわけにはいかない。「まずは日本で代表枠を勝ち取れるように、標準記録を切って、日本選手権で勝って、また(世界大会に)出たいです」。上田は悔し涙をぬぐい、前を向いた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、女子やり投に出場した斉藤真理菜(スズキ)と上田百寧(ゼンリン)はともに決勝には進めなかった。 6月の日本選手権、7月のアジア選手権をいずれも制し、3大会ぶりに世界選手権のピットに立った斉藤だが、「決勝に行くと決めてやってきた」予選で悔し涙を流す結果となった。 1投目がファウル、2投目が56m24と苦しい展開に。3投目に58m95をスローして同組7位につけたが、全体の15番目。予選突破の12番目にあと71cm届かなかった。 「直前にスパイクのピンを変えないといけなくなった」とアクシデントがあり、感覚に狂いが生じた。「適応能力がなかっただけ」としつつも、その影響は大きかっただろう。 「ただただ悔しいの一言で終わりました」と涙を浮かべる斉藤だが、秋には再びアジアとの勝負が控える。その先にあるパリ五輪も見据え、「アジア大会では絶対に勝ちます」と言葉に力を込めた。 上田は、前回はブロック脚の左膝前十字靱帯を抱えた状態での世界初挑戦。今回は「去年とは違う状態で出ることができました」と、ケガを乗り越えての2大会連続出場だった。 ただ、「ケガをしてからブロックがうまくできていない」と、まだトップフォームには戻せていない中で、「3回で投げないといけないプレッシャーがありました」。1投目は54m67、2投目と3投目は56m19。「もう少し思い切って投げたかったです」とうつむく。 それでも、前回大会を終えてすぐ手術をし、復帰へ地道なトレーニングを重ねてきた。「1年でここに戻ってこられた自分を認めてあげたいし、周りの支えもありました」。だからこそ、「記録で応えたかった」と涙がこぼれる。 北口榛花(JAL)を筆頭にハイレベルの国内の争いの中で、この結果で安穏としているわけにはいかない。「まずは日本で代表枠を勝ち取れるように、標準記録を切って、日本選手権で勝って、また(世界大会に)出たいです」。上田は悔し涙をぬぐい、前を向いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top