HOME 国内、世界陸上、日本代表
5度目の世界陸上で悲願のファイナルへ、男子200m・飯塚翔太「思い切り戦うことだけ考えて行ってきます!」
5度目の世界陸上で悲願のファイナルへ、男子200m・飯塚翔太「思い切り戦うことだけ考えて行ってきます!」

男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)(22年オレゴン世界陸上)

8月8日、世界陸連(WA)より出場資格者の追加を受けての選考で新たにブダペスト世界選手権の日本代表に選出された男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)が、所属先を通じて「 初めて出場した大学4年生からちょうど10年が経ち今年もチャレンジすることができ嬉しいです」と喜びのコメントをした。

中大3年だった2012年のロンドン五輪でシニアの世界大会初代表入りをした飯塚は、世界陸上は翌年のモスクワ大会で初出場。以来、15年の北京大会を除いて今回が4大会連続5度目の世界陸上代表入りとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

リレーのみだった19年ドーハ以外、世界陸上では200mに出場した3大会すべてで準決勝に進出してきた。ただ、ファイナルの舞台には五輪を含めて一度も届いておらず、「あの決勝で走れたらどんなに楽しいんだろうかと、いつも思います」。

今季は昨年から悩まされている右膝の痛みとの兼ね合いから、コーナーのトレーニングを抑えているという状況もあるうえ、6月の日本選手権では内転筋のケイレンで5位にとどまった。だが、7月に入って臨んだ欧州遠征では、ベルギーのレースで100mは10秒28(+0.4)、200mは20秒43(+0.5)を出すなど調子を上げている。

悲願のファイナルへ、円熟味を増す32歳は「思い切り戦うことだけ考えて行ってきます!」と力強いコメントで意気込みを示した。16年リオ五輪4×100mリレー銀メダルメンバーとして、両リレーのリーダー的役割も期待される。

8月8日、世界陸連(WA)より出場資格者の追加を受けての選考で新たにブダペスト世界選手権の日本代表に選出された男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)が、所属先を通じて「 初めて出場した大学4年生からちょうど10年が経ち今年もチャレンジすることができ嬉しいです」と喜びのコメントをした。 中大3年だった2012年のロンドン五輪でシニアの世界大会初代表入りをした飯塚は、世界陸上は翌年のモスクワ大会で初出場。以来、15年の北京大会を除いて今回が4大会連続5度目の世界陸上代表入りとなる。 リレーのみだった19年ドーハ以外、世界陸上では200mに出場した3大会すべてで準決勝に進出してきた。ただ、ファイナルの舞台には五輪を含めて一度も届いておらず、「あの決勝で走れたらどんなに楽しいんだろうかと、いつも思います」。 今季は昨年から悩まされている右膝の痛みとの兼ね合いから、コーナーのトレーニングを抑えているという状況もあるうえ、6月の日本選手権では内転筋のケイレンで5位にとどまった。だが、7月に入って臨んだ欧州遠征では、ベルギーのレースで100mは10秒28(+0.4)、200mは20秒43(+0.5)を出すなど調子を上げている。 悲願のファイナルへ、円熟味を増す32歳は「思い切り戦うことだけ考えて行ってきます!」と力強いコメントで意気込みを示した。16年リオ五輪4×100mリレー銀メダルメンバーとして、両リレーのリーダー的役割も期待される。

飯塚翔太のコメント全文「思い切り戦うことだけ考えて行ってきます!」

「世界陸上2023ブダペストの出場が決まりました。 初めて出場した大学4年生からちょうど10年が経ち今年もチャレンジすることができ嬉しいです。今回で5回目の出場になりますが200mにおいては全て準決勝で敗退しています。その度にあの決勝で走れたらどんなに楽しいんだろうかと、いつも思います。短距離メンバーの顔ぶれも変わり始めていますが一緒に戦えることをありがたく思います。目標は色々とありますが、雰囲気を楽しみながら、思い切り戦うことだけ考えて行ってきます!」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top