HOME 中学

2023.07.18

3連休で中学生が好記録!女子100m佐藤那有11秒88、三好美羽11秒90w 男子100m&1500mで歴代3位が誕生
3連休で中学生が好記録!女子100m佐藤那有11秒88、三好美羽11秒90w 男子100m&1500mで歴代3位が誕生

2023年2月の日本室内大阪大会U16女子60mを制した三好美羽

7月15日から17日までの3連休は各地で大会が行われ、中学生が好記録を連発した。

7月15日の鹿児島県選手権男子ジュニアB100m予選では、安田夢雄生(HRC/中3)が中学歴代3位タイの10秒61(+2.0)をマークした。これまでの安田の自己ベストは4月下旬にマークした10秒86。決勝は一転して3.8mの向かい風となったが、11秒06で優勝している。中学記録は2014年に宮本大輔(周陽・山口/現・YMFG)が出した10秒56。

広告の下にコンテンツが続きます

同日の2023第2回関西学連長距離強化記録会では、男子1500mで田中悠大(岩出二3和歌山)が中学歴代3位の3分50秒10で走破。学生や高校生を抑え、8組1着でフィニッシュした。2年前に川口峻太朗(京山・岡山/現・洛南高2京都)が樹立した中学記録(3分49秒02)に1秒08と迫っている。

16日の愛知県選手権女子100mでは佐藤那有(田原中部3)が11秒88(+1.0)の今季中学最高タイムをマーク。2021年に中学歴代9位タイの11秒86をマークしている姉・俐有(現・至学館高2)の記録に0.02秒と迫った。

その前日には、広島県中学通信中2女子100m予選1組で三好美羽(神辺西)が11秒90(+3.0)をマーク。追い風参考ながら初の11秒台に突入したが、決勝は棄権した。三好は昨年10月のU16大会覇者。6月には中2歴代8位タイの12秒06(+1.1)で走っている。

16日の静岡県中学通信では男子200m決勝で吉田明仁(中郷西3)が今季中学リスト2位の21秒94(-0.5)で優勝。吉田は7月8日に400mで今季中学リスト1位の49秒36を走っており、週をまたいで2種目で好記録を残した。

広告の下にコンテンツが続きます

同日の神戸市中学総体男子800mでは梅田大陸(大原3)1分56秒36の大会新で優勝。梅田は5月21日に1分56秒06の今季中学最高をマークしており、これで今季4度目の1分56秒台となった。

17日の神奈川県中学通信初日では複数種目で全国上位の好記録が誕生した。

男子3年100m決勝(+1.8)では優勝した磯野航平(東名)が10秒80、2位の大滝航(中島)が10秒82と好勝負を展開。大滝は予選で10秒78(+1.8)を出している。

男子2年100mでは大津康太(有馬)が11秒00(+1.4)で大会新V。大津は7月2日に10秒97(+1.7)と、2年男子では今季最速タイムを残している。

広告の下にコンテンツが続きます

女子2年100mでは吉永ひまり(御幸)が12秒16(+1.3)で優勝。予選では12秒09(+1.6)の大会新を樹立した。吉永は昨年中1歴代3位の12秒10をマークし、全中では1年生ながら4位に入っている。

女子共通走高跳では昨年の全中覇者・鴨田るな(相模原旭3)が1m72で貫禄勝ち。鴨田は7月2日に中学歴代7位タイの1m75に成功している。

今週末にも各地で全中指定大会が開催されるため、好記録が誕生しそうだ。

7月15日から17日までの3連休は各地で大会が行われ、中学生が好記録を連発した。 7月15日の鹿児島県選手権男子ジュニアB100m予選では、安田夢雄生(HRC/中3)が中学歴代3位タイの10秒61(+2.0)をマークした。これまでの安田の自己ベストは4月下旬にマークした10秒86。決勝は一転して3.8mの向かい風となったが、11秒06で優勝している。中学記録は2014年に宮本大輔(周陽・山口/現・YMFG)が出した10秒56。 同日の2023第2回関西学連長距離強化記録会では、男子1500mで田中悠大(岩出二3和歌山)が中学歴代3位の3分50秒10で走破。学生や高校生を抑え、8組1着でフィニッシュした。2年前に川口峻太朗(京山・岡山/現・洛南高2京都)が樹立した中学記録(3分49秒02)に1秒08と迫っている。 16日の愛知県選手権女子100mでは佐藤那有(田原中部3)が11秒88(+1.0)の今季中学最高タイムをマーク。2021年に中学歴代9位タイの11秒86をマークしている姉・俐有(現・至学館高2)の記録に0.02秒と迫った。 その前日には、広島県中学通信中2女子100m予選1組で三好美羽(神辺西)が11秒90(+3.0)をマーク。追い風参考ながら初の11秒台に突入したが、決勝は棄権した。三好は昨年10月のU16大会覇者。6月には中2歴代8位タイの12秒06(+1.1)で走っている。 16日の静岡県中学通信では男子200m決勝で吉田明仁(中郷西3)が今季中学リスト2位の21秒94(-0.5)で優勝。吉田は7月8日に400mで今季中学リスト1位の49秒36を走っており、週をまたいで2種目で好記録を残した。 同日の神戸市中学総体男子800mでは梅田大陸(大原3)1分56秒36の大会新で優勝。梅田は5月21日に1分56秒06の今季中学最高をマークしており、これで今季4度目の1分56秒台となった。 17日の神奈川県中学通信初日では複数種目で全国上位の好記録が誕生した。 男子3年100m決勝(+1.8)では優勝した磯野航平(東名)が10秒80、2位の大滝航(中島)が10秒82と好勝負を展開。大滝は予選で10秒78(+1.8)を出している。 男子2年100mでは大津康太(有馬)が11秒00(+1.4)で大会新V。大津は7月2日に10秒97(+1.7)と、2年男子では今季最速タイムを残している。 女子2年100mでは吉永ひまり(御幸)が12秒16(+1.3)で優勝。予選では12秒09(+1.6)の大会新を樹立した。吉永は昨年中1歴代3位の12秒10をマークし、全中では1年生ながら4位に入っている。 女子共通走高跳では昨年の全中覇者・鴨田るな(相模原旭3)が1m72で貫禄勝ち。鴨田は7月2日に中学歴代7位タイの1m75に成功している。 今週末にも各地で全中指定大会が開催されるため、好記録が誕生しそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top