HOME 国内、日本代表

2023.07.14

3000m障害・青木涼真 ラスト勝負制す!日本勢36年ぶり金メダル「世界陸上決勝を狙う上でプラス」/アジア選手権
3000m障害・青木涼真 ラスト勝負制す!日本勢36年ぶり金メダル「世界陸上決勝を狙う上でプラス」/アジア選手権

アジア選手権男子3000m障害で金メダルに輝いた青木涼真

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目

アジア選手権の3日目午後セッションが行われ、男子3000m障害では青木涼真(Honda)が8分34秒91で金メダルに輝いた。3位にも8分39秒17で砂田晟弥(プレス工業)が続き、日本勢が2つのメダルを獲得。ともにワールドランキングでのブダペスト世界陸上代表入りに前進した。

スタートして砂田がすかさず前へ。その後ろに青木がつく。日本勢が集団をコントロールして、1000mを2分46秒で通過。1300mからは青木が前に出て、レースを支配する。

ヤセル・サレム・バグハラブ(クウェート)と一騎打ちになった終盤も、青木は冷静だった。残り2周に入る前にバクハラブが前に出たが、後方で勝負の時を待つ。その間に、いったんは離された砂田も浮上し、ラスト1周へ。

バックストレートで青木が前に出ると、障害を越えるごとにバグハラブとの差を広げていく。盤石のレースぶりを見せ、アジアの頂点に立った。日本勢の同種目の金メダルは1987年シンガポール大会の音喜多正志以来、17大会ぶりだ。

青木は「まずはホッとしています。周りの力をうまく利用しながら、この暑いコンディションの中で勝ち切れたのは、世界陸上の決勝を狙う上でプラスになった」と振り返った。

6月の日本選手権では障害手前で転倒するアクシデントに見舞われ、7位にとどまった。そのため、今回は世界陸上代表入りへ重要な大会となり、「いろいろとプレッシャーがかかるレースだった」と心境を明かす。

ただ、その中でも「ここで失敗しないことを考えるよりも、ここでどう戦ったら世界陸上の決勝が見えるのかを意識する。そうすれば、代表権までのポイントを取れると思っていた」と言う。

ワールドランキングで出場圏内に入りそうな日本選手権上位選手が砂田のみになりそうで、一昨年の東京五輪、昨年のオレゴン世界陸上に続く世界大会がしっかりと見えてきた。

冬季は近年参加している米国のプロチーム「バウワーマン・トラッククラブ」でトレーニングを積み、室内レースに積極的に出場するなどスピードに磨きをかけた。屋外シーズンに入っても、4月末の織田記念を8分35秒60で制すなど、日本選手権以外はしっかりと力を示してきた。

三浦龍司(順大)に対しても、「彼だがどれだけ強くなっても、彼に勝ちたいという目標を持っています」。その力を証明するために、3度目の世界の舞台に向けて、青木は「まずは着実に決勝進出を。来年のパリ五輪、再来年の東京世界陸上もあるので、そこへの進化の過程を応援してくださる人に見せられば」と飛躍を誓った。

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目 アジア選手権の3日目午後セッションが行われ、男子3000m障害では青木涼真(Honda)が8分34秒91で金メダルに輝いた。3位にも8分39秒17で砂田晟弥(プレス工業)が続き、日本勢が2つのメダルを獲得。ともにワールドランキングでのブダペスト世界陸上代表入りに前進した。 スタートして砂田がすかさず前へ。その後ろに青木がつく。日本勢が集団をコントロールして、1000mを2分46秒で通過。1300mからは青木が前に出て、レースを支配する。 ヤセル・サレム・バグハラブ(クウェート)と一騎打ちになった終盤も、青木は冷静だった。残り2周に入る前にバクハラブが前に出たが、後方で勝負の時を待つ。その間に、いったんは離された砂田も浮上し、ラスト1周へ。 バックストレートで青木が前に出ると、障害を越えるごとにバグハラブとの差を広げていく。盤石のレースぶりを見せ、アジアの頂点に立った。日本勢の同種目の金メダルは1987年シンガポール大会の音喜多正志以来、17大会ぶりだ。 青木は「まずはホッとしています。周りの力をうまく利用しながら、この暑いコンディションの中で勝ち切れたのは、世界陸上の決勝を狙う上でプラスになった」と振り返った。 6月の日本選手権では障害手前で転倒するアクシデントに見舞われ、7位にとどまった。そのため、今回は世界陸上代表入りへ重要な大会となり、「いろいろとプレッシャーがかかるレースだった」と心境を明かす。 ただ、その中でも「ここで失敗しないことを考えるよりも、ここでどう戦ったら世界陸上の決勝が見えるのかを意識する。そうすれば、代表権までのポイントを取れると思っていた」と言う。 ワールドランキングで出場圏内に入りそうな日本選手権上位選手が砂田のみになりそうで、一昨年の東京五輪、昨年のオレゴン世界陸上に続く世界大会がしっかりと見えてきた。 冬季は近年参加している米国のプロチーム「バウワーマン・トラッククラブ」でトレーニングを積み、室内レースに積極的に出場するなどスピードに磨きをかけた。屋外シーズンに入っても、4月末の織田記念を8分35秒60で制すなど、日本選手権以外はしっかりと力を示してきた。 三浦龍司(順大)に対しても、「彼だがどれだけ強くなっても、彼に勝ちたいという目標を持っています」。その力を証明するために、3度目の世界の舞台に向けて、青木は「まずは着実に決勝進出を。来年のパリ五輪、再来年の東京世界陸上もあるので、そこへの進化の過程を応援してくださる人に見せられば」と飛躍を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top