HOME 特集

2023.07.13

【竹澤健介の視点】過酷な暑さの中で光った田澤廉の強さ 世界の入賞へは暑熱と“勝負”への対策を
【竹澤健介の視点】過酷な暑さの中で光った田澤廉の強さ 世界の入賞へは暑熱と“勝負”への対策を

暑さに苦しめられながらも、アジア選手権で金メダルを獲得した田澤廉

タイ・バンコクで開催された第25回アジア選手権の男子10000m。中盤から独走した田澤廉(トヨタ自動車)が29分18分44秒で日本勢42年ぶりの金メダルに輝き、今江勇人(GMOインターネットグループ)が29分34秒28で4位に入った。2008年北京五輪5000m、10000m代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)に、そのレースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

率直に、環境に苦しめられたレースだったなというのが第一印象です。

田澤選手はブダペスト世界陸上のターゲットナンバー入りをすごく意識して、今江選手とともに2分50秒ペースで行こうとしていました。しかし、思うようにペースを作れず、自分で前に出てからもシャドラック・キムタイ選手(カザフスタン)についてこられた。精神的に重圧がかかる展開だった上に、あの高湿度の条件。相当にきつかったのではないでしょうか。

独走になってからも、なかなかペースを保てませんでしたが、その中で本当に我慢したと思います。

私も2007年の大阪世界選手権で同じような環境のレースを経験していますが、暑さだけならまだ耐えられるのですが、湿度が高いと非常に難しいレースになります。

広告の下にコンテンツが続きます

身体は通常、汗をかき、その汗が皮膚上で蒸発することで熱が奪われ、体温が下がります。しかし、湿度が高いと汗をかいても乾くことなく溜まっていき、熱が身体の内側にどんどんこもっていくことになります。

そうなるとレース中に対応するのはなかなか難しく、脱水症状や熱中症に陥ってしまう可能性があります。田澤選手も中盤から差し込み(腹痛)があったり、終盤はふらつく場面もありました。暑熱対策に関しては課題を残すレースになったかもしれません。

とはいえ、それでも1人で押し切り、金メダルをつかみ取ったことは田澤選手の強さ。もし、誰か競り合う選手がいれば、28分台には乗せられたのではないでしょうか。日本人選手ではなかなかいない長身で、エネルギー効率の非常に高いフォームは魅力。一定のペースで押していく時の強さは、非常に素晴らしいと思います。

今回、こういった経験を積んだことを生かして、これまでの日本人選手にはない世界へと突き進んでほしいですね。

広告の下にコンテンツが続きます

ブダペスト世界陸上については、ワールドランキングを上げられず、出場枠のターゲットナンバー(27)入りは難しくなりました。アジア選手権優勝者として可能性を残してはいますが、現状ではワールドランキングでターゲットナンバー入りしているアジア人選手が1人います。「同エリア内から当該優勝者より高いワールドランキングを有する競技者のエントリーがない場合に限る」という参加資格獲得条件によって、上位選手のキャンセルがない限り、田澤選手は参加資格を得られません。

もし得られた場合は、昨年のオレゴン世界選手権の経験を生かし、自分の強みを発揮できるレースを見せてほしいと思います。ただ、世界のレースで入賞を狙うためには、戦略も必要でしょう。

これはパリ五輪に向けても課題になること。上位集団の揺さぶりに合わせてしまうと、田澤選手の良さが消えてしまいます。ペース変化に合わせられる対策を練りながらも、自分の良さを消さない。“二兎”を追うことは非常に難しいですが、それを追い求めていってほしいなと考えています。

また日本全体としても、世界のボトムアップを真摯に受け止め、国内でしのぎを削って高め合う必要があるでしょう。世界の情勢をしっかりと把握した上でのターゲットナンバー対策をしつつ、自分のパフォーマンスを上げることも目指す。両軸での強化が求められていくと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

今江選手については、初めての日本代表にもかかわらず、非常にクレバーな走りを見せていました。自分の限界をしっかりと見極め、中盤はインドの選手についていくことで回復を図り、最後までしっかりと身体を動かせていた。あの環境の中で、素晴らしいレースをしたのではないでしょうか。

タイ・バンコクで開催された第25回アジア選手権の男子10000m。中盤から独走した田澤廉(トヨタ自動車)が29分18分44秒で日本勢42年ぶりの金メダルに輝き、今江勇人(GMOインターネットグループ)が29分34秒28で4位に入った。2008年北京五輪5000m、10000m代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)に、そのレースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 率直に、環境に苦しめられたレースだったなというのが第一印象です。 田澤選手はブダペスト世界陸上のターゲットナンバー入りをすごく意識して、今江選手とともに2分50秒ペースで行こうとしていました。しかし、思うようにペースを作れず、自分で前に出てからもシャドラック・キムタイ選手(カザフスタン)についてこられた。精神的に重圧がかかる展開だった上に、あの高湿度の条件。相当にきつかったのではないでしょうか。 独走になってからも、なかなかペースを保てませんでしたが、その中で本当に我慢したと思います。 私も2007年の大阪世界選手権で同じような環境のレースを経験していますが、暑さだけならまだ耐えられるのですが、湿度が高いと非常に難しいレースになります。 身体は通常、汗をかき、その汗が皮膚上で蒸発することで熱が奪われ、体温が下がります。しかし、湿度が高いと汗をかいても乾くことなく溜まっていき、熱が身体の内側にどんどんこもっていくことになります。 そうなるとレース中に対応するのはなかなか難しく、脱水症状や熱中症に陥ってしまう可能性があります。田澤選手も中盤から差し込み(腹痛)があったり、終盤はふらつく場面もありました。暑熱対策に関しては課題を残すレースになったかもしれません。 とはいえ、それでも1人で押し切り、金メダルをつかみ取ったことは田澤選手の強さ。もし、誰か競り合う選手がいれば、28分台には乗せられたのではないでしょうか。日本人選手ではなかなかいない長身で、エネルギー効率の非常に高いフォームは魅力。一定のペースで押していく時の強さは、非常に素晴らしいと思います。 今回、こういった経験を積んだことを生かして、これまでの日本人選手にはない世界へと突き進んでほしいですね。 ブダペスト世界陸上については、ワールドランキングを上げられず、出場枠のターゲットナンバー(27)入りは難しくなりました。アジア選手権優勝者として可能性を残してはいますが、現状ではワールドランキングでターゲットナンバー入りしているアジア人選手が1人います。「同エリア内から当該優勝者より高いワールドランキングを有する競技者のエントリーがない場合に限る」という参加資格獲得条件によって、上位選手のキャンセルがない限り、田澤選手は参加資格を得られません。 もし得られた場合は、昨年のオレゴン世界選手権の経験を生かし、自分の強みを発揮できるレースを見せてほしいと思います。ただ、世界のレースで入賞を狙うためには、戦略も必要でしょう。 これはパリ五輪に向けても課題になること。上位集団の揺さぶりに合わせてしまうと、田澤選手の良さが消えてしまいます。ペース変化に合わせられる対策を練りながらも、自分の良さを消さない。“二兎”を追うことは非常に難しいですが、それを追い求めていってほしいなと考えています。 また日本全体としても、世界のボトムアップを真摯に受け止め、国内でしのぎを削って高め合う必要があるでしょう。世界の情勢をしっかりと把握した上でのターゲットナンバー対策をしつつ、自分のパフォーマンスを上げることも目指す。両軸での強化が求められていくと思います。 今江選手については、初めての日本代表にもかかわらず、非常にクレバーな走りを見せていました。自分の限界をしっかりと見極め、中盤はインドの選手についていくことで回復を図り、最後までしっかりと身体を動かせていた。あの環境の中で、素晴らしいレースをしたのではないでしょうか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top