HOME 国内

2023.06.01

日本選手権いよいよ開幕!1日目5000mに遠藤日向、大迫傑ら登場 やり投ディーン元気ら80m超え対決
日本選手権いよいよ開幕!1日目5000mに遠藤日向、大迫傑ら登場 やり投ディーン元気ら80m超え対決

23年セイコーGGP男子3000mに優勝を飾った遠藤日向

第107回日本選手権がいよいよ6月1日に開幕する。今夏のブダペスト世界選手権、そしてアジア選手権・アジア大会の代表選考会を兼ねた重要な一戦。どんなパフォーマンスが繰り広げられるか。

参加標準記録突破者もしくは今大会で参加標準を突破して3位以内に入れば世界選手権代表に内定する。

広告の下にコンテンツが続きます

初日の決勝種目は以下の計6種目(日本記録/世界選手権参加標準記録)
男子
5000m 13.08.40(大迫 傑、15年)/13.07.00
三段跳 17.15(山下訓史、86年)/17.20
やり投 87.60(溝口和洋、89年)/85.20
女子
3000m障害 9.33.93(早狩実紀、08年)/9.23.00
走高跳 1.96(今井美希、01年)/1.97
円盤投 59.03(郡 菜々佳、19年)/64.20

男子やり投はオレゴン世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)が好調。セイコーゴールデングランプリ(GGP)でも82m03を投げている。参加標準記録や日本記録の更新も視野に入れているが、ワールドランキングでの世界選手権出場資格は濃厚。しっかり上位争いしてくるだろう。

木南記念で83m54を放った﨑山雄太(愛媛陸協)、学生3人目の80mスロワーとなった巖優作(筑波大)、そしてオレゴン世界選手権代表の小椋健司(エイジェック)、復活を期す新井涼平(スズキ)らで、ハイレベルな争いとなりそうだ。

5000mは2連覇中の遠藤日向(住友電工)がアキレス腱痛から復調。セイコーGGP3000mでも優勝している。大迫傑(Nike)はこの種目で2016年以来の出場。好調なのが10000mの東京五輪・オレゴン世界選手権代表である伊藤達彦(Honda)だ。ベテラン勢の佐藤悠基(SGホールディングス)、上野裕一郎(セントポールクラブ)から、佐藤圭汰(駒大)、吉岡大翔(順大)といった若手のホープまでタレントぞろい。

広告の下にコンテンツが続きます

女子円盤投は日本記録保持者の郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)と、齋藤真希(東海大院)に好記録の予感。日本記録や60mを見据えた試合になるか。

併催するU20の円盤投決勝が10時40分からスタート。日本選手権は12時40分に女子円盤投が実施され、トラックは13時30分に女子1500m予選が行われ、田中希実(New Balance)が登場する。男子5000m決勝が19時半にスタートする。

日本選手権は6月1日から4日まで、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。大会の様子はライブ配信やNHKで中継される。

【動画】日本選手権のライブ配信やテレビ中継情報をチェック!

・メインチャンネル

広告の下にコンテンツが続きます

・フィールドチャンネル

●テレビ情報
1日目 NHK BS1 18時00分~
2日目 NHK BS1 18時30分~、総合19時30分~
3日目 総合 16時30分~
4日目 総合 16時30分~

第107回日本選手権がいよいよ6月1日に開幕する。今夏のブダペスト世界選手権、そしてアジア選手権・アジア大会の代表選考会を兼ねた重要な一戦。どんなパフォーマンスが繰り広げられるか。 参加標準記録突破者もしくは今大会で参加標準を突破して3位以内に入れば世界選手権代表に内定する。 初日の決勝種目は以下の計6種目(日本記録/世界選手権参加標準記録) 男子 5000m 13.08.40(大迫 傑、15年)/13.07.00 三段跳 17.15(山下訓史、86年)/17.20 やり投 87.60(溝口和洋、89年)/85.20 女子 3000m障害 9.33.93(早狩実紀、08年)/9.23.00 走高跳 1.96(今井美希、01年)/1.97 円盤投 59.03(郡 菜々佳、19年)/64.20 男子やり投はオレゴン世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)が好調。セイコーゴールデングランプリ(GGP)でも82m03を投げている。参加標準記録や日本記録の更新も視野に入れているが、ワールドランキングでの世界選手権出場資格は濃厚。しっかり上位争いしてくるだろう。 木南記念で83m54を放った﨑山雄太(愛媛陸協)、学生3人目の80mスロワーとなった巖優作(筑波大)、そしてオレゴン世界選手権代表の小椋健司(エイジェック)、復活を期す新井涼平(スズキ)らで、ハイレベルな争いとなりそうだ。 5000mは2連覇中の遠藤日向(住友電工)がアキレス腱痛から復調。セイコーGGP3000mでも優勝している。大迫傑(Nike)はこの種目で2016年以来の出場。好調なのが10000mの東京五輪・オレゴン世界選手権代表である伊藤達彦(Honda)だ。ベテラン勢の佐藤悠基(SGホールディングス)、上野裕一郎(セントポールクラブ)から、佐藤圭汰(駒大)、吉岡大翔(順大)といった若手のホープまでタレントぞろい。 女子円盤投は日本記録保持者の郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)と、齋藤真希(東海大院)に好記録の予感。日本記録や60mを見据えた試合になるか。 併催するU20の円盤投決勝が10時40分からスタート。日本選手権は12時40分に女子円盤投が実施され、トラックは13時30分に女子1500m予選が行われ、田中希実(New Balance)が登場する。男子5000m決勝が19時半にスタートする。 日本選手権は6月1日から4日まで、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。大会の様子はライブ配信やNHKで中継される。

【動画】日本選手権のライブ配信やテレビ中継情報をチェック!

・メインチャンネル ・フィールドチャンネル ●テレビ情報 1日目 NHK BS1 18時00分~ 2日目 NHK BS1 18時30分~、総合19時30分~ 3日目 総合 16時30分~ 4日目 総合 16時30分~

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top