HOME 国内

2023.05.01

東京五輪、オレゴン世界選手権代表の萩谷楓が電撃引退! 「陸上競技から学んだこと、経験したことは自分の一生の宝」
東京五輪、オレゴン世界選手権代表の萩谷楓が電撃引退!  「陸上競技から学んだこと、経験したことは自分の一生の宝」

22年全日本実業団選手権に出場した萩谷楓

5月1日、エディオン女子陸上競技部は4月30日付で、東京五輪、オレゴン世界選手権5000m代表の萩谷楓が退部、退社したことを発表した。今後は競技を続けない意向を示している。

萩谷は長野県出身の22歳。長野東高では同学年の小林成美(現・三井住友海上)らとともに駅伝やトラックで活躍。3年時にはインターハイ1500m5位、国体では3000m7位と入賞を重ね、全国高校駅伝でもチームの準優勝に貢献した。

広告の下にコンテンツが続きます

エディオンに入社後、19年6月の日本選手権1500mで3位に入ったのを皮切りに、日本のトップクラスへと成長。全日本実業団対抗女子駅伝予選会では2年連続区間賞も獲得した。

20年には5000mに本格挑戦し、7月のホクレンディスタンスで15分05秒78の日本歴代7位(当時)をマークすると、翌年の日本選手権では4位となり、東京五輪代表に選出。五輪では予選を突破できなかったが、15分04秒95の自己記録で実力を発揮した。

同年9月の全日本実業団選手権で14分59秒36と日本人4人目の15分切りを達成。昨年のオレゴン世界選手権にも出場を果たしているが、昨年12月のエディオンディスタンスチャンレジを最後にレースから離れていた。

萩谷は1日に、自身のSNSで「4月末をもってエディオン陸上部を退部すると共に陸上競技から離れることを決断致しました」とコメント。「陸上競技から学んだこと、経験したことというのは自分の一生の宝です。次の道に進んでも自分らしく頑張ります」と今の心境を綴った。

広告の下にコンテンツが続きます

また、チームのホームページでは「競技者としてはまだまだこれからと言われる立場なのかもしれませんが、私自身としてはこのタイミングで次のステップに進みたいという想いで今回の決断に至りました。調子が良い時も悪い時も常に応援、サポートしてくださったファンの皆様、会社の方々、一緒に駆け抜けてくれた仲間のみんなには本当に感謝しています。」とメッセージを寄せている。

5月1日、エディオン女子陸上競技部は4月30日付で、東京五輪、オレゴン世界選手権5000m代表の萩谷楓が退部、退社したことを発表した。今後は競技を続けない意向を示している。 萩谷は長野県出身の22歳。長野東高では同学年の小林成美(現・三井住友海上)らとともに駅伝やトラックで活躍。3年時にはインターハイ1500m5位、国体では3000m7位と入賞を重ね、全国高校駅伝でもチームの準優勝に貢献した。 エディオンに入社後、19年6月の日本選手権1500mで3位に入ったのを皮切りに、日本のトップクラスへと成長。全日本実業団対抗女子駅伝予選会では2年連続区間賞も獲得した。 20年には5000mに本格挑戦し、7月のホクレンディスタンスで15分05秒78の日本歴代7位(当時)をマークすると、翌年の日本選手権では4位となり、東京五輪代表に選出。五輪では予選を突破できなかったが、15分04秒95の自己記録で実力を発揮した。 同年9月の全日本実業団選手権で14分59秒36と日本人4人目の15分切りを達成。昨年のオレゴン世界選手権にも出場を果たしているが、昨年12月のエディオンディスタンスチャンレジを最後にレースから離れていた。 萩谷は1日に、自身のSNSで「4月末をもってエディオン陸上部を退部すると共に陸上競技から離れることを決断致しました」とコメント。「陸上競技から学んだこと、経験したことというのは自分の一生の宝です。次の道に進んでも自分らしく頑張ります」と今の心境を綴った。 また、チームのホームページでは「競技者としてはまだまだこれからと言われる立場なのかもしれませんが、私自身としてはこのタイミングで次のステップに進みたいという想いで今回の決断に至りました。調子が良い時も悪い時も常に応援、サポートしてくださったファンの皆様、会社の方々、一緒に駆け抜けてくれた仲間のみんなには本当に感謝しています。」とメッセージを寄せている。

萩谷楓はSNSで引退を報告 チームホームページでも感謝のコメント

引退コメント全文

この度4月末をもってエディオン女子陸上競技部を退部させていただくことになりました。 入社してからの4年間、オリンピックや世界陸上など様々な貴重な経験をさせていただきました。 競技者としてはまだまだこれからと言われる立場なのかもしれませんが、私自身としてはこのタイミングで次のステップに進みたいという想いで今回の決断に至りました。 調子が良い時も悪い時も常に応援、サポートしてくださったファンの皆様、会社の方々、一緒に駆け抜けてくれた仲間のみんなには本当に感謝しています。 今後は陸上競技から離れた人生を送ろうと思っています。社会を知り、世の中を知り、人間としてひと回り大きく成長できるよう頑張ります。 これまで私の陸上人生に携わってくださった多くの皆様、 本当にありがとうございました。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top